common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

牛タンのカロリーは?栄養豊富でダイエット向き食材ってホント?カロリーカットできる牛タンの食べ方もご紹介

2018.11.10

仙台名物としても知られる牛タンですが、首都圏では宮城県に本店をおく利久が進出していることもあり、手軽に食べられるようになってきています。焼肉のメニューとしても人気の牛タンですが、実はダイエットにもうれしい効果がたくさんあるそうですよ。牛タンのカロリーとおすすめの食べ方、ダイエット効果の秘密に迫ります。

気になる牛タンのカロリーは?

まずは牛タンのカロリーを牛肉のほかの部位と比較してみましょう。

牛タンのカロリー

牛タン100gあたりのカロリーは270kcalです。牛タンは肉質の多い部位なので思ったよりカロリーが高いと感じた方もいるかもしれませんが、牛タンは意外に脂質が多いのです。タンパク質豊富な牛タンですが、カロリーだけをみると決してヘルシーとは言えないので、ダイエット中の方は注意が必要です。しかし牛タンは栄養が豊富でダイエットや美容にはうれしい効果がたくさんあるので、ダイエット中に焼肉を食べるなら牛タンはよい選択肢の一つといえるでしょう。

牛タンは希少部位

牛タンの「タン」は舌を意味する英語の「tougue」からきています。牛の舌は長いですが全てが食用として利用できるわけではないので、1頭あたりからとれる牛タンの量はわずか1~2kgに過ぎません。牛タンは非常に希少な部位なのです。

牛肉のほかの部位と比べると牛タンのカロリーは低い

焼肉のメニューとして人気なロースは100gあたり430kcal、カルビは100gあたり500kcalです。赤身系の肉は全般的に高カロリーですが、牛タンはその中では比較的カロリーは低い方であるといえます。焼肉のときにはまず牛タンを先に頼んでそのあとにロースやカルビを食べた方が脂肪の吸収は抑えられるので、食べる順番もぜひ覚えておきたいところです。

牛タンにはダイエットに効果的な栄養成分が豊富!

カロリーだけで見ると少し高めな印象のある牛タンですが、牛タンにはダイエットに効果的な栄養素が豊富に含まれています。牛タンがもつダイエット効果、そして健康や美容にもうれしい成分について解説します。

ダイエット効果が期待できるビタミンB群

牛タンはビタミンがたくさん含まれていますが、中でも豊富なのがビタミンB群です。ビタミンB1は糖質をエネルギーに変換するときに必要な栄養素、ビタミンB2は脂肪の燃焼をサポートする栄養素です。これらのビタミンがないと、摂取した糖質や脂質は脂肪として体内に蓄積してしまいます。ビタミンB1、B2はダイエットの強い味方となる栄養素なのです。

脂肪を燃焼するナイアシン

牛タンにはナイアシンという成分も多く含まれています。ナイアシンはビタミンB2と同様に脂肪を燃焼する効果があるので、ダイエットにはうれしい栄養素です。

血流を改善する鉄分

牛タンは鉄分も豊富で、その量はサーロインの約2倍ともいわれます。鉄分は血流を改善し代謝を高める働きがあります。代謝が活発になることでたまっていた老廃物が除去されむくみの改善などにもつながるので、鉄分にはダイエットにはうれしい効果がたくさんあるのです。

疲労回復に効くタウリン

タウリンは栄養ドリンクにも配合されているので、耳にしたことがある方もいるのではないでしょうか。タウリンは疲労回復効果のある成分で、元気をチャージしてくれます。ほかにも血圧をコントロールする働きがあり、動脈硬化や糖尿病の予防にもなるため非常に健康効果の高い栄養素です。

美容効果の高いパントテン酸

牛タンに多く含まれるパントテン酸は、ビタミンCの働きをサポートする栄養素です。美肌や美髪のもととなるコラーゲンはビタミンCが必要なので、パントテン酸によってビタミンCのもつ美容効果を最大限に引き出すことができるのです。

カロリーカット!ダイエットに効果的な牛タンの食べ方

ダイエット効果がある牛タンですが、食べ方にも工夫するとさらにその効果を引き出すことができます。牛タン定食を思い出していただければわかりやすいですが、麦飯、とろろといったセットには全て意味があるのです。

牛タン定食の主食は麦飯で

牛タン定食や牛タン弁当では麦飯がセットになっています。麦飯はビタミン・ミネラルが豊富で、食物繊維も多く含んでいます。食物繊維は体内の老廃物を除去して代謝が活性化するので、ダイエットにはぜひ取り入れたいところ。麦飯は白米よりもカロリーが低いので、麦飯の割合を増やすほどカロリーもカットできるのです。

カロリーを抑えるなら牛タンは塩で食べる

焼肉で牛タンを食べるときには、タレや塩か悩む方も多いでしょう。ダイエットの観点からいえば、ベストなのは塩です。一般的な焼肉のタレのカロリーは大さじ1杯で32kcalです。少しでもカロリーを抑えたいのであれば、塩でおいしく食べるのがおすすめ。

レモンといっしょに摂ることで相乗効果

牛タンにはビタミンCの働きを助けるパントテン酸が豊富なので、レモンのビタミンCを一緒に摂取することで相乗効果が期待できます。ダイエット中の方は、焼肉はぜひ塩レモンでお召し上がりください。

 

 

カロリーだけ見ると決して低くはない牛タンですが、ほかの赤身肉と比較するとカロリーは抑えられていること、ダイエットにうれしい栄養素を豊富に含んでいることなどから、ダイエット中の方でも楽しめる肉メニューだといえます。焼肉や定食ではダイエット効果の高い付け合わせにも意識して、おいしく牛タンをいただきましょう。

text:common編集部

Posted by admin