common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

シュウマイのカロリーはどのくらい?餃子とシュウマイはどっちがダイエットに向いているかも調べてみた!

2018.11.6

ご飯のおかずやお弁当にと色々使えるシュウマイ。ご飯がすすむおかずの一つとして人気ですがダイエット中に食べても問題ないかどうか、カロリーが気になりますよね?今回はシュウマイのカロリーや、餃子とシュウマイはどっちがダイエットに向いているか?など調べてました。

■シュウマイのカロリー

豚挽き肉の旨味がギュッと詰まったシュウマイ。コロコロとしたあの形にあんなにも旨味が詰まっているのでカロリーも何となく高そうと言えば高そうですが、どうでしょうか?

  • シュウマイのカロリーは1個(約15g)あたり30kcal前後
  • シュウマイ100g(6〜7個)のカロリーは約216kcal前後

 

となっています。大粒のシュウマイで1個35〜45kcal、100gあたりで242kcal前後となっているようです。

■餃子とシュウマイならどっちがダイエットに向いている?

同じ中華料理でサイズ的にも同じくらいの餃子とシュウマイ。シュウマイのカロリーが平均30kcalでしたが比較するために餃子のカロリーも見ていきましょう。

  • 焼き餃子のカロリーは1個(約17g)あたり33kcal前後
  • 焼き餃子100gあたりのカロリーは194kcal前後

こう見ると餃子とシュウマイは同じくらいのカロリーである事がわかりました。しかし、どちらがダイエットに向いているかと言うと、それは餃子よりシュウマイと言えるでしょう。続いてはシュウマイがダイエットに向いている理由をまとめてみました。

■シュウマイがダイエットに向いている理由

油を使わない調理だから

餃子もシュウマイも使う材料はほぼ同じにも関わらずシュウマイの方がダイエットに向いているのはその調理法にあります。餃子は焼くときに油を使うため必然的に脂質が高くなるのに対し、シュウマイは蒸して熱を加えるため素材が持っている脂質のみ。これがダイエットに向いている理由と言えます。

糖質が低いから

餃子と比べても実は糖質が低いシュウマイ。糖質はダイエットをする上で無視できないものなので、カロリーが同じくらいであれば尚の事糖質の低い方を食べた方が太りにくいと言えます。因に、糖質量は焼き餃子1個あたり6gに対し、シュウマイの1個あたりの糖質は2.7gです。100gで見ても餃子は27.5gに対しシュウマイは19gとなっています。

カルニチンはダイエットの味方だから

シュウマイに含まれる豚肉にはカルニチンと言われる栄養が豊富に含まれています。これは体の脂肪を燃焼してくれる働きがありダイエットする上で大きな味方となってくれる成分です。豚肉も食べ過ぎるとカロリーオーバーしてしまいますが、適量であればダイエットに効果的と言えるでしょう。

食べる量が見えやすいから

シュウマイは1個あたりが小さく形成されているので食べる量を調整しやすいという利点があり、全体の摂取カロリーを結果的に抑えることができます。

カロリーや糖質をオフするアレンジが効くから

シュウマイの皮には糖質が、豚肉にはカロリーが…と心配される方は、シュウマイをアレンジすることで更にカロリーも糖質も抑えることができます。皮なしシュウマイや、皮の代わりにレタスなどで包むと糖質カットになりますし、豚肉の量を抑えてはんぺんやきのこ類で嵩ましすることで脂質もカロリーも抑えることができ、ヘルシーなシュウマイになります。

■ダイエット中のシュウマイ弁当はありかなしか

ではシュウマイがメインのシュウマイ弁当はダイエット中でも問題ないかを見ていきます。シュウマイ弁当と言えば有名なのが崎陽軒ですが、崎陽軒で売られているシュウマイ弁当のカロリーから見ていきましょう。

崎陽軒のシウマイ弁当のカロリーは?

崎陽軒のこだわりが詰まった昔から変わらない「昔ながらの」シュウマイの味です。

  • 価格:860円(税込)
  • カロリー:732kcal

 
ご飯や副菜も入れて一食分のカロリーがこれくらいならダイエット中でも問題ないでしょう。夕飯や翌日にかけてカロリー調整ができる範囲内だと言えますね。比較するために他のお弁当のカロリーを調べました。

  • 唐揚げ弁当 約750kcal
  • とんかつ弁当 約926kcal
  • だし巻き弁当 約450kcal
  • ハンバーグ弁当 約702kcal
  • 生姜焼き弁当 888kcal

となっています。こうやって見ると人気のお弁当は高カロリーのものが多いですね。そういう意味でもシュウマイ弁当はダイエット中でもそこまで気にすることはないと思います。

■手作りのシュウマイ弁当でカロリーを抑えるコツ

お弁当にシュウマイを入れる場合はカロリーを抑えるため幾つか気をつけたいことがあります。

シュウマイ以外のおかずは低カロリーを選ぶ

メインとなる主菜をシュウマイにした場合は副菜をきのこ類、海藻類にすることで全体のカロリーを抑えることができます。

調理法を工夫する

カロリーを抑えるための調理法として「茹でる」「蒸す」「煮る」がおすすめです。「揚げる」調理法はどうしても高カロリーになるのでなるべく避けたいところです。

これらを気をつけることで崎陽軒のシュウマイ弁当よりもカロリーを抑えることができるのでダイエット中の方は是非手作りで作ってみてくださいね。

■最後に

いかがでしたか?シュウマイは自分で食べる量を調節することができるので食べ過ぎを防いでくれます。手作りすればカロリーを抑えることもできるのでダイエット中の方は是非、工夫して作ってみて下さいね。

text:common編集部

Posted by admin