common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

飲むだけで痩せるは嘘?「バターコーヒーダイエット(完全無欠コーヒー)」の正しいやり方

2018.12.12
健康に良い、ダイエット効果があるなどと話題になっている「バターコーヒー」をご存知ですか?「完全無欠コーヒー」とも呼ばれるほど、あらゆるメリットがあるんだとか。脂質が多いバターはダイエットにも悪そうな印象ですが、一体なぜ体に良いと言われているのでしょうか。そこで今回は、気になるバターコーヒーの効果や作り方を紹介していきます。

バターコーヒーは最強のダイエットドリンク!?

外の気温も下がってきて、冬が近づいてきましたね。寒い冬には暖かいものが飲みたくなりますよね。暖かい飲み物というとミルクティーやホットミルク、ホットレモン、ココアなどさまざまなものが浮かびますよね。

どれも甘くて美味しいですが、ダイエット中に取り入れるのであれば、今注目されている「バターコーヒー」がオススメです!バターコーヒーは「完全無欠コーヒー」とも呼ばれ、健康やダイエットに効果を発揮してくれると話題になっています。

元々はデイヴ・アスプリーの著書『シリコンバレー式 自分を変える最高の食事』で紹介されたのがきっかけ。デイヴ・アスプリーさんは、このバターコーヒーと完全無欠な食事を取り入れることで、50キロ以上の減量に成功。仕事や人生そのもののパフォーマンスを上げることに大成功したそうです!

ここからは、気になるバターコーヒーの作り方やバターコーヒーを取り入れたダイエットの方法を紹介していきます。寒い冬にぴったりですよ。

集中力アップ!?簡単に痩せる!?バターコーヒーの効果

コーヒーを飲む女性

どうしてバターコーヒーはダイエットに効果的なのでしょうか。その秘密は、バターコーヒーの材料にありました。

バターコーヒーのダイエット効果の秘密①:グラスフェッドバター

バターコーヒーは、その名の通りコーヒーとバターを混ぜるのですが、ただ混ぜ合わせるだけではありませんし、使うバターにもこだわりがあります。

バターコーヒーは、グラスフェッドバターと言い、牧草だけを食べて育った牛から作られるバターを使って作ります。このグラスフェッドバターが、ダイエットに効果を発揮してくれるんです!

グラスフェッドバターは市販のバターとは成分が違っています。市販のバターは“飽和脂肪酸”という、体脂肪に変わりやすい脂肪がたくさん含まれていますが、グラスフェッドバターにはそれが少なく、代わりに脂肪になりにくい“不飽和脂肪酸”という脂肪が含まれています。不飽和脂肪酸は、動脈硬化予防にも効くことで知られています。

また、バターを加えていることで腹持ちが良くなります。朝はこれ1杯だけでも、十分お腹が満たされるので1日の摂取エネルギーを抑えるのに役立ちます。

バターコーヒーのダイエット効果の秘密②:MCTオイル

バターコーヒーには、今注目を浴びている油も加えます。それが、MCTオイル。

MCTオイルは、“中鎖脂肪酸“”とも呼ばれています。普通の脂肪は炭素が10数個結合しているのですが、MCTオイルは炭素がその半分くらいしか結合していません。炭素の数が少ないことで、消化吸収が早くなります!

普通の脂肪は小腸から吸収されると血液を循環し脂肪に変わりますが、MCTオイルは小腸から吸収されると直接肝臓へ届けられ、ただちにケトン体に変換され、エネルギー源として使われます。そのため、体に脂肪をためない油と言われています。

ケトン体は脳の栄養源でもあります。そのため、バターコーヒーを飲むと、頭がすっきりする、集中力アップするなどの変化を感じる方も多く、仕事の効率向上などにも繋がると考えられます。

バターコーヒーのダイエット効果の秘密③:カフェイン

さらに、コーヒーに含まれるカフェインもダイエットに効果を発揮してくれます。カフェインを摂取することで、脂肪が使われやすい状態になります。運動前に飲むことで、運動中により脂肪を使い、効率的にダイエットができます。

 

バターコーヒーはグラスフェッドバターとMCTオイルという良質な油を含んだ飲み物で、カフェインも摂取できるためダイエットに効果を発揮してくれるのです。

コーヒー

コーヒーは脂肪燃焼を促す最強のドリンクだった!ダイエット中の食欲も抑制できる

なぜカフェインが、ダイエットに効果的なのか詳しく解説していきます。取り入れる際の方法や注意点もチェック。

Posted by admin