common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

生ビールのカロリーは?ビール・焼酎・ハイボール・ワインのカロリーもチェックしよう!おつまみで美味しい焼き鳥のカロリーも

2018.12.11
仕事帰りに飲む生ビールが楽しみという人は多いですよね。ダイエット中でもお酒だけはやめられない…なんて人もいるのではないでしょうか。では実際、生ビールのカロリーはどのくらいあるのでしょうか?今回は、気になる生ビールのカロリーやおつまみとして美味しい焼き鳥のカロリーもご紹介します。また、焼酎、ハイボール、ワインなど生ビール以外のお酒のカロリーも見ていきましょう。

ビールのカロリーは高い?それとも低い?

まず覚えておきたいのが「アルコール」そのもののカロリーは高いということ。つまり、アルコール度数が高いお酒の方が、より高カロリーになります。例えば100mlあたりのカロリーを見てみると、次のようになります。

ビール40kcal

ワイン73kcal

日本酒103kcal

焼酎146kcal

ブランデー237kcal

ビールのカロリーが40kcalなのに対しブランデーは237kcalと、かなり差がありますね。アルコール度数の高いお酒のほうがより高カロリーだと考えると、一見、ビールはとてもカロリーが低いように感じますが、問題は飲む量や含まれる成分にあります。

たとえばビールを100ml飲む事は、お酒好きなら容易い事でしょう。「最初の一杯はとりあえず生ビールから」という人も少なくないはずです。対して、ブランデーを100ml飲む人は、結構ツワモノです。さらに、ビールにはアルコールのカロリー以外に糖質も含まれています。対してブランデーの糖質はなんと0です。(甘いもので割ったり等、カクテルにした場合は別です)

つまり、ビールが低カロリーだからといってぐいぐい飲みすすめてしまうと、当然カロリーも、糖質量も跳ね上がります。ですから、生ビールは決して低カロリーとはいえないのです。

生ビールのカロリーはどのくらいあるの?

では、気になるビールのカロリーを見ていきましょう。

生ビール小ジョッキ1杯(缶ビール350ml相当) 約140kcal

生ビール中ジョッキ1杯(缶ビール500ml相当) 約200kcal

メーカーにより多少異なりますが、だいたいビールのカロリーはこの位。いかがですか?乾杯!の一杯目から、すでに200kcalを摂取しているわけですから、飲みすぎには注意したいところです。

しかし、ここで朗報です。じつはアルコールは飲んだら直ぐに熱エネルギーとなる為、脂肪として蓄積されにくいという性質があるのです。その為、同じ200kcalの食べ物を食べるのに比べ、脂肪になりにくいといえます。但し、ビールにはアルコールのカロリーの他、糖質が含まれていますから、その分は当然気をつける必要がありそうです。

Posted by admin