common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

魚肉ソーセージのカロリーは?原材料や栄養は?健康にはいいの?ダイエット中は気になる魚肉ソーセージについて

2018.11.3

スーパーに行ってもコンビニに行っても置いてある魚肉ソーセージですが、ヘルシーなイメージがあり、健康に良さそうですよね。賞味期限も長く家に常備している人も多いのではないでしょうか。ダイエット中の小腹が空いたときにも、常備してあることが多いので、ついかじってしまう魚肉ソーセージですが原材料やカロリーなど意外と知らないものです。そんな身近だけどあまり詳しく知らない魚肉ソーセージについて原材料は何でできているのか、カロリーはどうなのか、ダイエット中に本当に食べていいのかなどをまとめてみます。正しく魚肉ソーセージのことを知り、ダイエットや健康増進の味方にしてしまいましょう!
 

魚肉ソーセージの原材料は?

魚のすり身でできていることを知っている人は多いものの、どの魚かまでは知らない人が多いのではないでしょうか。現在一番主流となっている魚はスケソウダラです。青い魚のDHAやEPAの成分が話題となっており、それを売りにしている魚肉ソーセージにはイワシ・サバほか、マグロなどの赤身の魚も入っています。魚のすり身以外の原材料としては、形を作るための結着材としてデンプン、ゼラチンや植物性タンパクが、また味付けの材料としてマーガリンなどにも含まれている植物性油脂、調味料が入っています。
※DHA・EPAとは青魚から摂取できる成分で血液をサラサラにする成分だといわれています。DHAは子供にいいといわれ、EPAは成人にいいといわれています。

魚肉ソーセージの栄養成分は?

魚肉ソーセージは低カロリーだと思ってはいるものの、実際の数値をおおまかにでも知らない人の方が多いのではないでしょうか。常備している人も多いので把握しておきましょう。カロリーやその他栄養価は以下の通りです。

代表的な魚肉ソーセージの栄養価

魚肉ソーセージ(100gあたり)

  • エネルギー 125kcal
  • たんぱく質 7.0g
  • 脂質 6.2g
  • 炭水化物 10.2g
  • ナトリウム 560mg
  • カルシウム 440mg

 

比較として代表的なポークウインナーソーセージの栄養価は、

ポークウインナーソーセージ(100gあたり)

  • エネルギー 321kcal
  • たんぱく質 13.2g
  • 脂質 28.5g
  • 炭水化物 3.0g

 

となっています。魚肉ソーセージの方の脂質がかなり低くヘルシーなのがわかります。骨を形成するのに必要なカルシウムも豊富に含まれており、子供や高齢の方のおやつなどにもとてもよさそうです。

魚肉ソーセージのカロリーって低いの?

魚肉ソーセージの栄養成分のところで書いたように、同じ質量の魚肉ソーセージとウインナーソーセージを食べても、圧倒的に魚肉ソーセージの方が低いです。数字にすると1/2以下になります。ですので、魚肉ソーセージはソーセージ類の中で低カロリーだということがわかります。野菜炒めでポークウインナーソーセージを使っていたところを魚肉ソーセージに置き換えるなど、上手に利用すればダイエットに良さそうですね。またご飯1杯160gと魚肉ソーセージ160g分とで比べると、ご飯が269kcal、魚肉ソーセージが200kcalとなります。

魚肉ソーセージは健康にいいの?

ここまでで魚肉ソーセージは脂質が低く、カロリーも低いということがわかったのですが、だからと言ってたくさん食べたら健康にいいかというとそういうわけではありません。ひとつの理由は魚肉ソーセージに多く含まれている「塩分」がです。魚肉ソーセージ100gあたりでは2.1gの塩分が含まれています。成人の1日の食塩摂取量が男性で8.0g以下、女性で7.0g以下なのでそれと比べてみてもかなり多いです。塩分の多い食品をたくさん食べすぎると、血圧が上がったり、むくんだりします。高血圧症や、胃がんなどの病気のもとになりますので食べすぎに注意し、適度に食べるように心がけましょう。

ダイエット中に魚肉ソーセージって食べていいの?

カロリーが低いのでダイエット中に魚肉ソーセージは食べてもよさそうですよね。しかし、1本(約10g)ならご飯などよりカロリーも低いので大丈夫なのですが、1本だけで主食を代わりにするのには量的に満足できないため、2本3本と食べてしまうことが多く、そうすると結局腹持ちのいいご飯1杯食べるよりもカロリーが高くなってしまいます。また味付けをしようとマヨネーズなどで和えることでさらにカロリーが高くなります。そういった理由から現在ではダイエットには不向きといわれているようです。市販されているものの中には添加物が多く含まれているものもありますので内容物をよく確認しましょう。

最後に

魚肉ソーセージは低カロリー高たんぱくで注意して食べれば栄養価的には良い食品だということがわかりました。小腹が空いたときに1本(約10g)食べるのでしたらダイエット中にもよさそうです。ただ、ぱくぱく食べることができてしまうので、食べすぎるとカロリーも簡単に多くなってしまうので要注意です。普段ウインナーソーセージを使うところを魚肉ソーセージにするなどの使い方がよいでしょう。低カロリーだからと言って、ご飯などの主食の代わりに同じ質量を置き換えるのはやめた方がいいでしょう。また塩分が多く含まれている食品なので、1日の食塩摂取量を超えないように気を付けて食べることも重要です。

text:common編集部

Posted by admin