common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

低カロリーな「ささみダイエット」で太る?鶏むね肉のカロリーとダイエットにおすすめのレシピ

2018.11.4
ささみは低カロリーでダイエットに向いているというイメージから、レシピを参考に食事に取り入れている方は多いのではないでしょうか。しかし、ささみを食べているのに一向に痩せない・・・ということもあるようです。実はささみを食べ過ぎることで、逆にダイエットが失敗するという噂が!そこで今回はささみのカロリーや栄養成分、レシピ、ダイエットに用いる際の注意点をご紹介します。

ささみってどの部分?鶏むね肉との違いは?

ささみ

ヘルシーなイメージのあるささみですが、一体どこの部分?鶏むね肉とはどう違うのでしょう。

鶏の胸骨の中心にある“竜骨突起”という部位の左右に沿うようにあるのが、ささみです。ささみは鶏むね肉の一種というわけですね。ほとんど使われることのない部位なので、脂肪が少ないのが特徴です。

ささみと鶏むね肉は、ほとんどカロリーは同じで味もそう変わりません。違いがあるのは値段。一羽からとれる量は、ささみで100g程度、鶏むね肉で250~300g程度だと言われています。そのため、鶏むね肉の方が安く売られていることが多いようです。

鶏ささみ肉一本分のカロリーと栄養成分

鶏ささみ肉100gあたりは105キロカロリー、鶏ささみ肉一本分のカロリーは45キロカロリーです。鶏ささみ一本分の栄養成分を見てみると、三大栄養素であるタンパク質は約10グラムと多め、脂質は0.3g、炭水化物は含まれていません。

厚生労働省の日本人の食事摂取基準(2015年版)によると、成人女性が1日で必要なたんぱく質の量は40g、推奨量は50gとされています。成人女性が一日に必要なタンパク質の1/4を鶏ささみ肉一本で摂ることができます!

ささみ一本に含まれる栄養を多い順にご紹介します。

■タンパク質(約10g)

タンパク質は筋肉を作り代謝を上げるのに欠かせない栄養素。脂肪を燃焼しやすい身体になるためにも大切です。

■セレン(約10μg)

セレンには細胞を守る抗酸化作用があります。

■ナイアシン(5㎎)

ダイエットをしていると気になるのが栄養不足による肌や髪の乾燥やパサつきですが、ナイアシンには肌荒れを防ぐ効果があります。

■パントテン酸(約1.3㎎)

パントテン酸は脂質や糖質の代謝において重要な役割を持つビタミンです。また善玉コレステロールを増やす役割もあります。

■ビタミンB6

ビタミンB6は食品のタンパク質からエネルギーを産生します。

Posted by admin