common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

カロリーメイトでダイエットすると太るって本当?カロリーメイトダイエットの正しい方法とは

2018.10.12

手軽に栄養補給ができるカロリーメイトですが、ダイエットに使えると話題です。しかし間違ったダイエット方法では逆に太るということも。カロリーメイトを使った正しいダイエット方法を知り、賢く活用しましょう!

カロリーメイトでダイエットすると太る?

手軽に食べられて栄養も摂れるカロリーメイト。皆さんも一度は食べたことがあるのではないでしょうか。ダイエットにカロリーメイトを食べるという方法が注目されていますが、逆に太るという声も…。これはカロリーメイトの正しい使い方を知らないことが原因です。ダイエットのためにカロリーメイトを食べているのにどんどん太る…ということにならないように、正しいダイエット法を理解しましょう。

カロリーメイトのカロリーと栄養価

まずはカロリーメイトのカロリーとその栄養価について知っておきましょう。

カロリーメイトのカロリー

もっともなじみのあるのはブロックタイプのカロリーメイトではないでしょうか。プレーン、チョコレート、チーズ、フルーツ、メープルの5種類の味がラインナップされています。ブロックタイプの場合、1箱4本入りで総カロリーは400kcal。つまり1本100kcalで、カロリー計算しやすいのが特徴です。ただし1本100kcalというのは決して少ないカロリーではありません。厚生労働省が定める日本人の必要エネルギー量の目安は成人男性で2,250~3,050kcal、成人女性で1,700~2,350kcalなので、2箱も食べれば1日の摂取カロリーの3分の1から半分を簡単に超えてしまいます。カロリーメイトで太るのを避けるためには、くれぐれも食べ過ぎには注意が必要です。

カロリーメイトは栄養価が高い!

カロリーメイトの食べ過ぎには気をつけたいところですが、栄養価が高いのが特徴です。体に必要な栄養素は約40種類ありますが、その中でも5大栄養素と呼ばれるものがあります。エネルギー源になる「糖質」「脂質」、筋肉のもととなり体を作る「タンパク質」、体の調子を整える「ビタミン」「ミネラル」の5種類です。カロリーメイトはバランス栄養食とも呼ばれ、この5大栄養素と食物繊維が豊富に含まれています。この栄養素を普段の食事でバランスよくとるのは大変で、献立を考えるだけでも億劫になってしまいます。手軽に食べられ、栄養バランス満点なのがカロリーメイトの魅力なのです。

カロリーメイトのダイエット方法

カロリーメイトの特徴がわかったところで、ではどのようにダイエットに取り入れればよいのでしょうか?カロリーメイトのダイエット方法について解説します。

カロリーメイトダイエットの基本は1食置き換え

そもそもカロリーメイトが開発された経緯は「食事の代わり」。大塚製薬はもともと病院で使われる濃厚流動食をてがけています。濃厚流動食とは液状で柔らかく消化のよい栄養食のことで、病気で食事をとることができない場合に、一度に多くの栄養を摂ることができます。この技術をいかし、健康な人向けに栄養補助食を作れないだろうか、というところから開発が始まりました。そして多忙で朝食を抜く人が多い中、時間がなくても手軽に食べられて栄養も摂れる食品というのがカロリーメイトのコンセプトになりました。つまりカロリーメイトは「お菓子」ではなく「食事」。必要な栄養素がバランスよく配合さているので、カロリーメイトをダイエットのために使うなら食事と置き換えるのがベスト。ただしカロリーメイトはあくまでも栄養調整食品ですので、全ての食事をカロリーメイトに変えたとしても、体に必要な栄養は完全にはカバーできません。置き換えは基本的に1日1回が鉄則です。

カロリーメイトは種類が豊富

カロリーメイトはブロックタイプのほか、ゼリータイプとドリンクタイプがあります。ダイエットは何よりも継続が大切!カロリーメイトを置き換えダイエットに使うなら、飽きずに毎日続けられるように様々なタイプも合わせて取り入れてみてはいかがでしょうか。ドリンクタイプはアップル味とライム&グレープフルーツ味の2種類で、1本200kcal。さっぱりとしてのどごしがよく、食が進まないときにもおすすめです。ドリンクタイプはカフェオレ味、コーヒー味、ココア味、コーンスープ味の4種類。ドリンクタイプも1本200kcalです。さっと飲めるので手軽に栄養補給ができます。味や食感の違いも楽しみながら、ダイエットを続けるようにしましょう。

カロリーメイトをおやつ代わりにすると太る?!

カロリーメイトはバランスよく栄養が摂れますが、カロリーが低いわけではありません。おやつに1箱食べると、それだけで400kcal摂取することになります。少量をおやつにする分にはよいですが、1度にたくさん食べるのはあまりおすすめできません。カロリーメイトでダイエットするつもりが逆に太るということにならないように、食べ過ぎにはくれぐれも注意してくださいね。

ただしカロリーメイトはあくまでも栄養調整食品

栄養バランスの高いカロリーメイトですが、あくまでも「栄養調整食品」です。食事からしか摂れない栄養素もありますし、何よりも食事は楽しいひとときをもたらしてくれるもの。ダイエットにカロリーメイトを使うなら1日1回の置き換えとし、そのほかの食事もきちんととるようにしましょう。

最後に 

手軽に栄養補給ができるカロリーメイトですが、その特徴をしっかりと理解してダイエットに使えば、逆に太ってしまうということにはなりません。カロリーメイトを賢く活用してダイエットに取り組んでくださいね。

text:common編集部

Posted by admin