健康的に見えるものこそ注意!痩せるために知っておきべく、実は太る食べ物|common(コモン)

毎日をアクティブに楽しみたい女性に贈る、フィットネス&ライフスタイルマガジン

フィットネス・ライフスタイル情報ならcommon

フィットネス・ライフスタイル情報ならcommon

  • login
  • search
アカウント登録/ログイン画面はこちらから!

健康的に見えるものこそ注意!痩せるために知っておきべく、実は太る食べ物

2018.10.14

グラノーラや野菜を揚げた野菜チップス。一見、身体に良さそうに思えますが、実はそんなことはないかも。今回は、良かれと思って食べているけれど、実は体によくない食べ物を紹介していきます。

その食べ物、本当に健康にいいの?

ダイエットのため、健康のために、“体に良さそう”な食べ物を取り入れている女性は多いかと思います。しかし、その食べ物、本当に身体に良いのでしょうか?

中には、健康そうに見えて、実は体によくない食べ物というものがあります。

このような食べ物を体にいいと思い込み食べ続けていても、ダイエットの成功や健康には繋がりません。そこで今回は、健康的な食べ物に見えるけど、実は体にはよくない食べ物を紹介していきます。

1、パックのスムージー

スムージー

コンビニなどで簡単に買えるスムージー。パッケージを見るとさまざまな野菜や果物が載っていて、手軽にビタミンや食物繊維といった栄養を補給できるイメージがあるかと思います。しかし、そんなスムージーは注意が必要です。

スムージーとは、凍らせた野菜や果物をジュースにしたもののこと。しかし、コンビニのスムージーは、野菜や果物を潰したものをそのまま詰めている訳ではありません。美味しく、そして飲みやすくするように砂糖を加えて味を調整しています。

そのため、思ったよりはダイエットに向いていません。中には甘いジュースに近いものもあります。それを知らずに飲んでいると、太る原因となります。

手作りスムージーならOk?

それでは、家で作ったスムージーだとどうでしょうか。家で作ると余計なものを入れなければ健康によさそうに感じるかもしれません。しかし一つ落とし穴が。

それは、食べ物を噛まなくなる、いうこと。スムージーにハマると何でも凍らしてミキサーにかけてしまいがちに。そうなると食べ物を噛む、ということをしなくなります。

さっきスムージーを飲んだのに、もうお腹が空いた、なんていう経験はないでしょうか。

食欲を調節しているホルモンの一つにセロトニンというものがあります。これが少ないと空腹を感じます。セロトニンは食べ物を噛むことで脳から分泌されます。しかし、スムージーは噛まずに飲み込むので、セロトニンがあまり分泌されず、すぐに空腹に感じてしまうのです。

スムージーはオシャレで健康志向の女性にウケていますが、たくさん飲めば痩せる、健康になるというわけではないのです。

2、野菜チップス

野菜チップス

野菜チップスは、野菜を油で揚げた食べ物です。野菜チップスはお菓子感覚で野菜を食べられるので、一見すると健康的に思えますが、よく考えるとそうとは言えません。

なぜなら、油を使っているから。野菜を食べる目的で野菜チップスを食べていると、知らず知らずの内に油もたくさん摂取してしまいます。油は高カロリーなので、これを続けていくとどんどん太ってしまいます。

さらに、野菜チップスのように、工場で作られて袋に入って売られている揚げ物には、トランス脂肪酸という油が含まれている可能性が高いです。

トランス脂肪酸とは、油が加工される際に生じる、体に毒な油のことです。トランス脂肪酸を体に溜め込みすぎると高血圧や高血糖、さらに動脈硬化症などといった病気になりやすくなります。

アメリカでは、2018年6月よりお菓子類などにトランス脂肪酸を使用することを禁止しています。それほどまでに、健康に害のある油なのです。

最近では、ノンフライの野菜チップスも登場しています。トランス脂肪酸の摂取を防ぐために、商品をしっかり選ぶと良いでしょう。また、やはり野菜の栄養素はチップスからではなくサラダなどの生の野菜から摂るのがオススメです。

3、アーモンド

ダイエットや美容効果が高いことで知られるアーモンド。主成分は、中性脂肪やコレステロールを抑える働きを持つ不飽和脂肪酸です。食物繊維も豊富なことから便通にも効果を発揮してくれます。食べ応えもあるため、栄養補給しながら空腹を抑えるおやつとしてもオススメです。

しかし、食感が良いからとつい食べ過ぎてしまっては逆効果!実はアーモンドは1粒6~7kcal程度と、決して低カロリーな食べ物ではありません。

女性は1日20~25粒までにしましょう。そうすれば、おやつとして最適な150kcal程度に抑えることができます。大袋で買って、気づけば40粒も・・・ということにならないようにしましょう。アーモンドの食べ過ぎはお腹がゆるくなる原因にもなります。

4、シリアル・グラノーラ

グラノーラ

シリアルやグラノーラが朝食の定番になっている方も多いのではないでしょうか。牛乳をかけて食べるとより美味しいですが、これらも実はダイエットにおいてはあまりよくありません。

シリアルやグラノーラって、甘くて食べやすいですよね。でも、その甘さって、何からきているのでしょうか。そう、砂糖です。シリアルやグラノーラは美味しく食べられるように、砂糖が加えられているのです。

シリアルはとうもろこし、グラノーラは玄米や麦を原料として作られているため、食物繊維や鉄分などのミネラルが摂れるといった面では、健康的に感じられますが、実は糖質が多い食べ物なのです。

とは言え、シリアルが全面的に体に悪い、というわけではありません。パッケージに栄養素○○g配合などと書かれている通り、市販のシリアルのほとんどは様々な栄養素を豊富に摂れるよう加工されています。不足している栄養素を手軽に補えるという点では、適度に取り入れる分には、体にいい食品だと言ってもいいでしょう。

しかし、そこに糖質が含まれているということを知らずにそればかり食べ続けていると、ダイエットの妨げとなってしまいます。シリアルやグラノーラにどれだけ糖質が含まれ、どれだけのカロリーがあるのかを把握した上で食べるように心がけましょう。

5、プロテイン

プロテインはダイエットに良い、というイメージで女性でも取り入れる人が増えていますよね。ですが、プロテインで太ってしまうこともあります。

プロテインドリンクから摂取できるタンパク質は筋肉の合成に必要な栄養素なので、トレーニングをしている方にはぜひプロテインを摂取してほしいです。しかし、トレーニングをしていない人が普段の食事にプラスしてプロテインを摂取した場合、カロリーオーバーしてしまいます。タンパク質はボディ作りに大切ですが、過剰なタンパク質は脂肪へと変換されてしまうのです。

トレーニングをしていない方は、食事と別にプロテインを摂取するのはやめた方が良いでしょう。

プロテイン

効果に差がつくプロテインの摂取量と飲むタイミングは?実は「眠る前」もゴールデンタイム!

プロテインってどれだけの量を、いつ飲むのが効果的なのかを解説。ベストな摂取量とタイミングを覚えておくと、効果に差がつきます。

 

 

今回は一見健康によさそうに見えるが実は体によくない食べ物を紹介してきました。いつも健康によさそうと思って食べていたものなのに、実は体によくないと知ったら気をつけて食べようと思いますよね。

また、新しい食品を試す時には、この食品は本当に体にいいのか、という疑いも持つようになるかと思います。今食べているものが本当に体にいいのか、これから試そうと思っているダイエット食品などが本当に効くのかを見直すきっかけになればと思います。体によくないものは極力避け、体にいいものをたくさん食べて健康的に過ごし、ダイエットを成功させましょう!

text:中野卓
スポーツ栄養学を専攻する大学院生。現在はトレーニングによるミトコンドリアの適応を促進させる栄養素について研究を進めている。水泳は、選手歴10年以上。アロマテラピー検定1級取得。

お気に入りに登録help
お気に入りのコンテンツをクリップするとMY PAGEから読み返せます。

RANKING

人気の高い記事をご紹介!

KEYWORD

人気のキーワードをご紹介!

common instagram

    View on Instagram