common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

そうめんダイエットで痩せた?!そうめんダイエットの効果や方法おすすめレシピとは

2018.9.5

「そうめんダイエットなんてすぐに飽きるし、絶対続かない」そう考えて、これまでそうめんダイエットに挑戦したことがないという方もいるはずです。ですが、そうめんには私たちが思っている以上に優秀な食材です。たしかに、そうめんは味の単調な食べ物ですが、アレンジすることで美味しく食べながらダイエット効果が期待できますよ。「この夏はそうめんで痩せた」そんな声もよく聞きます。今回はそうめんダイエットの効果や方法、おすすめレシピをご紹介します。

そうめんの原材料とは

そうめんの原材料は小麦粉、塩、水、植物油です。そうめんは炭水化物、同じ100gで計算すると、そうめんのカロリーとそうめんに含まれている炭水化物の量は、お米とほぼ同じなのです。「ダメじゃん」と思わないでください。たしかに炭水化物なのですが、そうめんには隠れた能力があるのです。

そうめんの栄養とは

そうめんに栄養はないというイメージがありますが、実はとても優秀な食材です。そうめんの栄養成分についてご紹介します。

■食物繊維

食物繊維の働きはご存知のとおり、腸に届いて便などの不要物を体外に排出するのを促す効果が期待できます。

■ミネラルの効果が凄い

そうめんに含まれるセレンというミネラルには、ビタミンEの60倍の抗酸化作用があると言われています。強い抗酸化作用、つまり身体のサビを強力に予防する働きがあるのです。身体がサビてしまうと腸内環境が悪くなるので、自律神経が乱れ血行不良を起こします。血行が悪いと痩せにくい身体になってしまいます。つまり身体のサビを予防することは、ダイエット成功の鍵のひとつになります。

■ビタミンB群が豊富

ビタミンBは野菜や肉や魚といったものに多く含まれるイメージですが、そうめんはビタミンB12以外のビタミンB群を豊富に含んでいます。ビタミンB群は新陳代謝を活発にする働きがあるので、血行促進に有効です。具体的な働きをご説明するとビタミンB1は糖質の代謝、ビタミンB2は脂質の代謝、ビタミンB6はタンパク質の代謝を助けます。そのほかにもビオチンは脂肪酸の代謝、パントテン酸はコレステロールのバランスを保つ役割をしています。コレステロール値のバランスが良く(血管を詰まらせない)代謝も良いと特別な運動をしなくても不要な物を体外に排出させることができます。

■貧血予防効果

ダイエットで心配なのは貧血、痩せた身体は誰かに見せたいので露出が増えますが顔色や身体の血色が悪いと病的なイメージを与えます。そうめんに含まれるモリブデンは鉄分の働きを促す効果が期待できます。

■タンパク質が豊富

ダイエットした肉体をそのまま保つには、筋肉が必要という話を聞いたことがあると思います。筋肉量が少ない人は、せっかく痩せたてもその身体を維持できず、リバウンドをしてしまうことも。そうめんには筋肉を作るたんぱく質が豊富に含まれています。またタンパク質は免疫力を正常に保つという役割もあるので、ダイエットをしているときの体調不良を防止します。ちなみに、ダイエット中にめまいや倦怠感などを覚えるのはタンパク質不足。栄養はバランス良く摂らなくてはなりません。

そうめんダイエットのやり方

そうめんダイエットのやり方はとても簡単。3食のうちの1食をそうめんに置き換えるだけです。ただ、そうめんは単調な味なので飽きますよね。手に入る食材を用いて味を変えながらダイエットをしましょう。

そうめんダイエットで実際に痩せた人が食べていたレシピ

そうめんダイエットをおすすめするひとつの理由に「食べ方が豊富で飽きないから」ということが挙げられます。実際に倖田來未さんをはじめアレンジレシピで痩せたという方は結構おられますよ。そうめんの茹で方はパッケージに記載されてきますが、基本的に多めに沸騰させたお湯で2分ほど茹でます。仕上げに梅干しを入れると麺が締まります。

■いちばん簡単なレシピ【薬味で食べる】

夏の定番、ネギなどの薬味とそうめんつゆで食べるのは、調理が簡単で続けやすいですね。白ネギに多く含まれるアリシンには血行促進に有効です。また消化機能を助ける働きもあります。時間が経つと効果は減少するので食べる直前にカットしましょう。ショウガには血行を促進させる働きがあるので新陳代謝が良くなります。加熱するとより効果を高める特徴があるので、そうめんを食べる前に素焼きにしてトッピングすると良いです。こちらも調理が簡単ですよね。

■納豆キムチとの相性も良い

薄めの出汁を少し入れた器にそうめんを乗せて、その上に納豆とキムチをトッピングするのもおすすめです。どちらも発酵食品なので、腸内環境を正常に保つのに役立ち、キムチ(白菜など)の食物繊維で排便を促すこともできます。納豆には女性ホルモンと似た成分が含まれているため、ホルモンバランスを整えるのにも役立ち、ダイエットをしていても肌や髪の潤いを保てます。

■パスタ風に食べる

トマトと大葉をお好みでカットします。ボウルにトマトと茹でたそうめんを入れてからオリーブオイルを少しずつ入れて混ぜます。器に盛りつけ大葉を乗せたら完成です。こちらもとても簡単なレシピですが、ダイエットの的をついています。トマトに含まれるリノール酸には中性脂肪値やコレステロール値を下げる働きがあります。またリコピンには抗酸化作用があり、トマトにオリーブオイルを足すとその効果をより発揮させることがわかっています。さらに大葉には血行を促進させたり胃腸の機能を改善させたりする働きがあります。そうめんを簡単に洋風と和風にアレンジしながら痩せた身体を得られるなら楽しくダイエットができます。

シンプルにアレンジするのがそうめんダイエットのコツ

そうめんには私たちが思っている以上に栄養があることをお知りいただけたと思いますが、お伝えしたようにそうめんは炭水化物なので食べ過ぎてしまうとダイエットになりません。そうはいっても毎日1食そうめんのみ食べるのは苦痛ですよね。アレンジするなら摂取カロリーを考えて、手の込んだことをせず、栄養やダイエット効果をアップさせる簡単でシンプルな具材を使用するようにしましょう。またダイエットに成功した後も、バランスよく食事と運動を組み合わせ、痩せた身体を維持しましょう。

text:common編集部

Posted by admin