common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

ダイエット中でも我慢したくない!コンビニで買える太らないお菓子とは?

2018.9.4

ダイエット中でも、我慢ばかりでは嫌になってしまいますよね。ダメだとはわかっていながらも、ついついお菓子を口に入れてしまうこともあるのではないでしょうか?しかし、実はダイエット中にもおすすめの、太りにくいお菓子があることを知っていましたか?今回は、コンビニでも買える太りにくいお菓子をご紹介していきます。
 

■コンビニで買える太らないお菓子その1:ファミマ しっとり食感チョコチップケーキ

食べ応えがしっかりある、ファミマのチョコチップケーキ。こちらの商品は、「結果にコミットする」でお馴染みの、ライザップとのコラボ商品です。カロリーは325kcal、糖質は23.8gとなっています。しっかりめのおやつがどうしても食べたいというときにはおすすめです。ファミマとライザップのコラボ商品は、このチョコチップケーキ以外にも、チョコチップスコーンや、珈琲ミルクプリン、サラダチキンバーなどがありますよ。お近くのファミマでチェックしてみてくださいね。

RIZAP コラボ商品続々登場!!|キャンペーン|ファミリーマート

■コンビニで買える太らないお菓子その2:ローソン オリーブオイルで揚げたポテトチップス

ダイエット中でも、ポテトチップスが食べたくてたまらないという瞬間はありませんか?そんなときにおすすめなのが、ローソンで発売中のこちらの商品です。オリーブオイルとイタリア産天日塩を使用したポテトチップスです。通常のポテトチップスに比べ、油分が20%カットされています。カロリーは、198kcalとなっています。

オリーブオイルで揚げたポテトチップス|ローソン

■コンビニで買える太らないお菓子その3:ローソン ブランとチアシードのクッキー

こちらもローソンオリジナルの商品です。砂糖不使用で、ココナッツオイルのやさしい風味が特徴的なクッキーです。カロリーは、160kcal、糖質は5.9gです。チアシードが含まれていて、食べ応えもばっちりですよ。

ブランとチアシードのクッキー|ローソン

■コンビニで買える太らないお菓子その4:チョコレート効果72%

明治が発売している高カカオチョコレート「チョコレート効果」。キャッチフレーズは、「健康を考えるチョコレート」です。高カカオチョコレート市場売り上げNo.1の商品なだけあって、食べやすいのが特徴です。とはいえ、甘いチョコレートに慣れていた方は、苦く感じてしまうかもしれません。初めての方には、72%がおすすめです。(86%、95%の商品もあります)コンビニで販売されているパウチタイプの商品なら、1袋のカロリーは229kcalです。

https://www.meiji.co.jp/sweets/chocolate/chocokoka/

■コンビニで買える太らないお菓子その5:セブンプレミアム 有機むき甘栗 小袋

有機栽培で収穫した栗を使用した、栗本来の甘味を楽しむことができる甘栗です。小袋なら、1袋食べてもカロリーは107kcalとなっています。

有機むき甘栗 小袋 – セブン-イレブン~近くて便利~

■コンビニで買える太らないお菓子その6:大塚製薬 SOYJOY(ソイジョイ)

大豆由来のたんぱく質たっぷりのSOYJOYは、フルーツ系やナッツ系など、豊富な種類から自分の好きな味を選ぶことができるので、人気があります。どの味を選んでも、糖質は10g程度なんです。しっかりとした食べ応えなので、小腹が空いているときにもおすすめです。カロリーは味により異なりますが、1本あたり120lcalから150kcal程度でしょう。また、カロリーコントロールシリーズという、80lcalの商品も販売されていますよ。

製品ラインナップ SOYJOY公式サイト | 大塚製薬

■コンビニで買える太らないお菓子その7:ローソン ドライフルーツ&ナッツ

ダイエット中には、ドライフルーツもおすすめです。ローソンのオリジナル商品「ドライフルーツ&ナッツ」は、ドライフルーツの自然な甘さとナッツの食感がアクセントになっていて、とてもおいしいですよ。1袋のカロリーは、216kcalです。

ドライフルーツ&ナッツ|ローソン

■コンビニで買える太らないお菓子その8:明治 果汁グミ

グミは、噛み応えがあり、空腹感を抑えることができるので、ダイエット中にはおすすめです。明治の果汁グミは、果汁100%で果物のおいしさがぎゅっと詰まっています。いちご味の1袋のカロリーは、168kcalとなっています。

果汁グミ|株式会社 明治

■太らないお菓子でも食べすぎは厳禁!

太らないお菓子はコンビニで手軽に購入することができます。ただし、太らないお菓子を食べるにあたって、以下の注意点があります。

  • 夜遅くに食べない
  • 食べ過ぎない

 

いくら太らないお菓子だからといって、夜、寝る前に食べてしまうと、脂肪として蓄積されやすくなります。また、低カロリー、低糖質のおやつであっても、食べすぎは厳禁です。食事とのバランスにもよりますが、1日の間食での摂取カロリーは、200kcal程度に抑えるようにしておきましょう。

■ダイエット中でも、おやつは食べられる!

今回は、コンビニで手軽に購入できる太りにくいお菓子をご紹介してきました。ダイエット中であっても、おやつを食べられることにうれしい気持ちになった方も多いのではないでしょうか。ダイエット中であっても、無理な我慢は禁物です。もちろん、お菓子を食べすぎることは厳禁ですが、ダイエットを長続きさせるためにも、太りにくいお菓子を取り入れることをおすすめします。ストレスをため込まないことも、ダイエット成功の秘訣ですよ。

text:common編集部

Posted by admin