女性でも筋肉量は増やせる!美筋をつくるための「5つのルール」 - common(コモン) | フィットネス&ライフスタイルマガジン

毎日をアクティブに楽しみたい女性に贈る、フィットネス&ライフスタイルマガジン

フィットネス・ライフスタイル情報ならcommon

フィットネス・ライフスタイル情報ならcommon

  • login
  • search
アカウント登録/ログイン画面はこちらから!

女性でも筋肉量は増やせる!美筋をつくるための「5つのルール」

2018.8.5

トレーニングをしているのに、綺麗な筋肉がなかなかつかない。そう悩んでいる方に知ってもらいたいのが、筋肉量を増やすためにはちょっとしたコツがあるということ。ここでは、筋肉量を増やすためにぜひ実践して欲しい5つのことをご紹介していきます。

女性でも筋肉量は増やせる?

適度な筋肉をつけてボディラインを引き締めたい、お腹に縦線がはいった“アブクラックス”が欲しい。そう思ってトレーニングに励んでいる女性は多いはずです。筋肉量が増えると、基礎代謝が上がり痩せやすい身体になる、免疫力が上がるなど他にもさまざまなメリットがあります。

でも、頑張ってトレーニングをしているのになかなか筋肉がつかない・・・と悩んでいる方もたくさんいるようです。

トレーニング 女性

女性ホルモンは脂肪を蓄え、男性ホルモンは筋肉を発達させる役割があるため、女性は男性に比べ筋肉量が少なく、鍛えても思うように筋肉量が増えないことがあります。

でも、せっかく大変なトレーニングを行うなら、効率良く筋肉をつけていきたいですよね!一体、どうすれば筋肉量を増やすことができるのか。今回は基礎となる5つのルールをご紹介していきます。

1、有酸素運動の量を減らす

有酸素運動 ランニング 女性

筋トレ(無酸素運動)とランニングなどの有酸素運動を組み合わせて行っているという女性は多いのでは?体脂肪を燃やすためには、確かに有酸素運動は有効です。しかし、有酸素運動をすると筋肉組織のたんぱく質がエネルギーとして使われてしまいます。

肥満体型でない場合、長時間にわたり有酸素運動を続けてしまうと、脂肪だけでなく筋肉も分解されてしまうので要注意!筋肉量を増やしたいなら、今取り入れている有酸素運動を思い切って辞めてみては?

2、負荷をかける

トレーニング負荷

筋肉量を増やしたいなら、負荷をかけることも大事です。筋肉にストレスとなるような負荷を与えることで、筋肉は大きく成長していきます。そのストレスが足りないと、トレーニングをしている“つもり”でも筋肉には効いていないことがあるので注意しましょう。

高負荷をかける場合は、回数が少なくてすむのも一つのメリットです。短時間で行えるので、忙しい女性にも適したトレーニング方法だといえるでしょう。低負荷×高回数でも筋肉を追い込むことはできますが、肥大化はあまり狙えないのと、とにかく時間がかかってしまうのがデメリットですね。

また、同じ負荷をかけ続けていくと成長した筋肉にとっては、ストレスが足りなくなってしまいます。現状維持をするのではなく、都度負荷を調整していきましょう!

3、トレーニングを部位ごとに分割する

カレンダー 手帳

筋肉がダメージを受け、回復する過程で筋肉は成長します。その回復期がないと、筋肉が成長しないため、トレーニングは連続で同じ部位を鍛えず、分割して行うのがおすすめです。

例えば、月曜日は上半身(腕、肩、背中上部)、水曜日は下半身(ふくらはぎ、太もも、お尻)土曜日は腕とお腹など、トレーニングを3分割し、週3~4回行うのが理想的です。

鍛える部位を変えることで、飽きずに続けやすいというメリットもあります。筋肉量を増やしたいなら、ただ我武者羅にやるのではなく、計画的に行っていくことが近道なんです!

4、たんぱく質をしっかり摂る

たんぱく質 食材

commonでも何度もお伝えしているたんぱく質の重要性。どんなに激しいトレーニングをしても、筋肉を作るための栄養が足りていないと、筋肉量を増やすことはできません。

厚生労働省から発表されている「日本人の食事摂取基準2015」によれば、一日あたりのたんぱく質平均必要量は成人男性で50g、成人女性で40gです。さらに可能であれば、成人男性は60g、成人女性は50g摂ることが推奨されています。

痩せたいからとサラダや温野菜など、低カロリー食ばかり食べているなら、逆効果!そのままでは引き締まった身体にはなれません!

毎食欠かさず、お肉や魚、卵、大豆製品などを取り入れて、意識的にたんぱく質を摂取しましょう。トレーニングを本格的にしている方なら、プロテインを取り入れるのもおすすめです。

こちらの記事もチェック!
美筋女子に愛されるのにはワケがある。「ベルタHMB」の開発秘話
ダイエットが加速する!女性こそ、プロテインをトレーニングに取り入れるべき理由

5、良質な睡眠をとる

良質な睡眠 女性

筋肉を効率よく成長させるには、回復期をつくるべきだとお伝えしましたが、睡眠も大事な要素になります。ただ眠れば良いということではなく、眠りの質を意識するようにしましょう!筋肉をつくる成長ホルモンが最も分泌されるのは、ノンレム睡眠(深い睡眠)の時です。眠りが浅いと、成長ホルモンが十分に分泌されなくなってしまいます。

良質な睡眠をとるには、環境を整えることが大事。時に交感神経を活発にし興奮状態にしてしまう、ブルーライトには気を付けましょう。眠る前のスマホは、筋肉を効率的に増やせない原因になっていますよ!

こちらの記事もチェック!
【ねむりの相談所】美人を作る!”質のいい眠り”のためにできる7つのこと

 

頑張ってトレーニングをしているなら、その効果をしっかりと得たいですよね。女性でも筋肉量を増やすことは可能です!この5つのルールを参考に、筋肉を効率よく育てていきましょう♡

text:common編集部

LINE@友達追加

お気に入りに登録help
お気に入りのコンテンツをクリップするとMY PAGEから読み返せます。