common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

女性でも筋肉量は増やせる!美筋をつくるための「5つのルール」

2018.8.5

トレーニングをしているのに、綺麗な筋肉がなかなかつかない。そう悩んでいる方に知ってもらいたいのが、筋肉量を増やすためにはちょっとしたコツがあるということ。ここでは、筋肉量を増やすためにぜひ実践して欲しい5つのことをご紹介していきます。

女性でも筋肉量は増やせる?

適度な筋肉をつけてボディラインを引き締めたい、お腹に縦線がはいった“アブクラックス”が欲しい。そう思ってトレーニングに励んでいる女性は多いはずです。筋肉量が増えると、基礎代謝が上がり痩せやすい身体になる、免疫力が上がるなど他にもさまざまなメリットがあります。

でも、頑張ってトレーニングをしているのになかなか筋肉がつかない・・・と悩んでいる方もたくさんいるようです。

トレーニング 女性

女性ホルモンは脂肪を蓄え、男性ホルモンは筋肉を発達させる役割があるため、女性は男性に比べ筋肉量が少なく、鍛えても思うように筋肉量が増えないことがあります。

でも、せっかく大変なトレーニングを行うなら、効率良く筋肉をつけていきたいですよね!一体、どうすれば筋肉量を増やすことができるのか。今回は基礎となる5つのルールをご紹介していきます。

1、有酸素運動の量を減らす

有酸素運動 ランニング 女性

筋トレ(無酸素運動)とランニングなどの有酸素運動を組み合わせて行っているという女性は多いのでは?体脂肪を燃やすためには、確かに有酸素運動は有効です。しかし、有酸素運動をすると筋肉組織のたんぱく質がエネルギーとして使われてしまいます。

肥満体型でない場合、長時間にわたり有酸素運動を続けてしまうと、脂肪だけでなく筋肉も分解されてしまうので要注意!筋肉量を増やしたいなら、今取り入れている有酸素運動を思い切って辞めてみては?

2、負荷をかける

トレーニング負荷

筋肉量を増やしたいなら、負荷をかけることも大事です。筋肉にストレスとなるような負荷を与えることで、筋肉は大きく成長していきます。そのストレスが足りないと、トレーニングをしている“つもり”でも筋肉には効いていないことがあるので注意しましょう。

高負荷をかける場合は、回数が少なくてすむのも一つのメリットです。短時間で行えるので、忙しい女性にも適したトレーニング方法だといえるでしょう。低負荷×高回数でも筋肉を追い込むことはできますが、肥大化はあまり狙えないのと、とにかく時間がかかってしまうのがデメリットですね。

また、同じ負荷をかけ続けていくと成長した筋肉にとっては、ストレスが足りなくなってしまいます。現状維持をするのではなく、都度負荷を調整していきましょう!

3、トレーニングを部位ごとに分割する

カレンダー 手帳

筋肉がダメージを受け、回復する過程で筋肉は成長します。その回復期がないと、筋肉が成長しないため、トレーニングは連続で同じ部位を鍛えず、分割して行うのがおすすめです。

例えば、月曜日は上半身(腕、肩、背中上部)、水曜日は下半身(ふくらはぎ、太もも、お尻)土曜日は腕とお腹など、トレーニングを3分割し、週3~4回行うのが理想的です。

鍛える部位を変えることで、飽きずに続けやすいというメリットもあります。筋肉量を増やしたいなら、ただ我武者羅にやるのではなく、計画的に行っていくことが近道なんです!

4、たんぱく質をしっかり摂る

たんぱく質 食材

commonでも何度もお伝えしているたんぱく質の重要性。どんなに激しいトレーニングをしても、筋肉を作るための栄養が足りていないと、筋肉量を増やすことはできません。

厚生労働省から発表されている「日本人の食事摂取基準2015」によれば、一日あたりのたんぱく質平均必要量は成人男性で50g、成人女性で40gです。さらに可能であれば、成人男性は60g、成人女性は50g摂ることが推奨されています。

痩せたいからとサラダや温野菜など、低カロリー食ばかり食べているなら、逆効果!そのままでは引き締まった身体にはなれません!

毎食欠かさず、お肉や魚、卵、大豆製品などを取り入れて、意識的にたんぱく質を摂取しましょう。トレーニングを本格的にしている方なら、プロテインを取り入れるのもおすすめです。

こちらの記事もチェック!
美筋女子に愛されるのにはワケがある。「ベルタHMB」の開発秘話
ダイエットが加速する!女性こそ、プロテインをトレーニングに取り入れるべき理由

5、良質な睡眠をとる

良質な睡眠 女性

筋肉を効率よく成長させるには、回復期をつくるべきだとお伝えしましたが、睡眠も大事な要素になります。ただ眠れば良いということではなく、眠りの質を意識するようにしましょう!筋肉をつくる成長ホルモンが最も分泌されるのは、ノンレム睡眠(深い睡眠)の時です。眠りが浅いと、成長ホルモンが十分に分泌されなくなってしまいます。

良質な睡眠をとるには、環境を整えることが大事。時に交感神経を活発にし興奮状態にしてしまう、ブルーライトには気を付けましょう。眠る前のスマホは、筋肉を効率的に増やせない原因になっていますよ!

こちらの記事もチェック!
【ねむりの相談所】美人を作る!”質のいい眠り”のためにできる7つのこと

筋肉量を1kg増やすには?

とりあえず筋肉量を1kg増やす場合に必要な期間や筋トレの紹介です。

1、筋肉量を1kg増やすのに必要な期間

筋肉量を1kg増やすのに必要な期間は、1年かそれ以上はかかると言えます。この1年という期間は運動も栄養もしっかり管理された場合の話なので、筋肉量を1kg増やすことは結構大変なことだと感じられますね。ですが、筋トレ初心者が運動や栄養管理をしっかりした場合は、筋肉量を1kg増やす期間はもう少し短いと言われています。

2、筋肉量を1kg増やすための筋トレ

筋肉量を1kg増やすための筋トレとして、ユーチューブではMuscleWatchingというチャンネルで「体脂肪を減らして筋肉を増やすシリコンバレー式筋トレ&食事方法」という動画がアップされています。自宅でできるダンベルを使った筋トレです。筋肉量を1kg増やすための筋トレを、自宅で実施できるのは嬉しいですね。

3、筋肉量を1kg増やすための食事

筋肉量を1kg増やすための食事として、一番大切なのは質の良いたんぱく質を摂ることです。1日の食事メニューに肉・魚・大豆製品・卵・乳製品などを使うようにしましょう。食事でたんぱく質が摂れないときは、市販のプロテインなどで補うことも有効です。筋肉量を1kg増やすための食事には、サラダや果物などのカロリーが低いものではなく、とにかくたんぱく質が大事なのです。

筋肉量を増やす筋トレを1ヶ月やった結果

筋肉量を増やす筋トレを1ヶ月続けた場合、変化が見られることもあれば、1ヶ月経過してもさほど変わらないというケースもあります。しかし、1ヶ月間、筋肉量を増やす筋トレを継続した筋肉の水面下で変化は起きているので、あきらめず続ける忍耐が必要です。筋肉量を増やす筋トレを1ヶ月続けたことが準備期間となり、2カ月目以降くらいから外見の変化が表れてくることもあるのです。

筋肉量を増やす際、女性が知っておくべきこと

筋肉量を増やすことに女性がトライする際、知っておくべきことや、おすすめの筋トレに役立つ動画を紹介します。

1、筋肉量を増やす筋トレを1ヶ月続けた女性に起こること

筋肉量を増やす筋トレを1ヶ月続けた場合、女性の見た目に変化が出てくるでしょう。ウエストが引き締まってきた、二の腕のたるみが少し減ったなど、筋肉量を増やすことで1ヶ月の間にも女性の体に変化が訪れます。ですが、筋トレ効果が出るのには個人差があるため、1ヶ月では変化をなかなか感じられない女性もいます。また、1ヶ月目はあくまで準備期間のため、地道に筋肉量を増やす筋トレを1ヶ月、さらに2ヶ月と続けていきましょう。

2、筋肉量を1kg増やす筋トレをする女性への注意

筋肉量を1kg増やす筋トレを実施する女性は、筋トレにあわせてランニングなどを組み合わせて行う方も多いかもしれません。ですが、前述のとおり、ランニングなどの有酸素運動は、やりすぎると筋肉量を1kg増やすどころか分解してしまいます。女性が筋肉量を1kg増やすことは大変なことなので、くれぐれもランニングなどをしすぎないようにしましょう。

3、40代~50代の女性が筋肉量を増やす場合

40代から50代にかけての女性は、基礎代謝の減少により痩せにくい体になってきますので、筋肉量を増やす筋トレは健康維持のため大変有効です。ただし、40代、50代で筋肉量を増やすときはハードなトレーニングを行うというよりは、短時間で自宅でできるような筋トレをできる時に継続することが大事です。40代~50代の女性が筋肉量を増やす場合は、無理をしすぎて逆に体を傷めないよう注意しましょう。

4、筋肉量を増やす食事で女性におすすめの栄養素

筋肉量を増やす食事の中で、女性におすすめの食材を紹介します。まずは、食事では肉・魚・大豆製品・卵・乳製品などでたんぱく質を摂ります。また、にんにくや女性に人気のアボカドも一緒に食べるとビタミンB6が筋肉量を増やすのに有効なため、食事に使いたい食材です。あとは、あさりなどの貝類、レバー、わかめ、ナッツなどの亜鉛も筋肉量を増やす際の女性の体に欠かせないため、食事に摂り入れるようにしましょう。

5、女性が筋肉量を増やす運動

筋肉量を増やす運動を女性が実施する場合、ユーチューブをマネするだけの筋トレをするという方法もあります。BEST BODY LIFEというチャンネルでKEIKOさんという女性トレーナーが器具不要、5分で簡単にできる筋肉量を増やす運動を紹介されています。
筋肉量を増やす運動は大変そうだと考える女性も多いかと思いますが、ジムに行かずに家でできる方法もあります。自宅で気楽に筋肉量を増やす運動をしたいときは参考にしてみてくださいね。

筋肉量を増やすのは高齢者でも可能か?

筋肉量を増やすというと高齢者には難しいのでは?と思ってしまいますよね。ですが、高齢者でも筋肉量を増やすことは可能です。高齢者の筋肉量は加齢により次第に減ってきますが、適切な筋トレで高齢者でも無理なく筋肉を増やすことができるのです。特に下半身を使ったスクワットなどの筋トレを正しく行うと、高齢者の筋肉量を効果的に増やすことができると言われています。

筋肉量を増やすサプリの紹介

筋肉量を増やす際に有効なサプリの紹介です。

1、アミノバイタル アミノプロテイン

「賢く筋肉をつけろ」というキャッチフレーズで味の素グループから販売されているサプリです。こちらのサプリはトレーニングや一日の終わりに飲むのがおすすめで、レモン味やチョコレート味など4種類の味が出ています。顆粒スティックなので、飲みやすいのが特徴のサプリです。

2、 QinniQ(キンニック)

50代から美しく・動けるカラダづくりのサポートに、サントリーウエルネスから販売されている顆粒状のサプリです。脂質ゼロでありながら高たんぱく・高吸収なプロテインで、筋肉量を増やすのに必要な栄養素も含まれたサプリです。

3、サバス ホエイプロテイン100

「理想の筋肉のために」をキャッチフレーズに、明治より発売されている吸収のよいホエイプロテインを100%使用したサプリです。サプリを飲むタイミングは運動後や就寝前、朝食です。7種類のビタミンB群とビタミンCも配合されたサプリで、ビタミン不足も補えます。

最後に

頑張ってトレーニングをしているなら、その効果をしっかりと得たいですよね。女性でも筋肉量を増やすことは可能です!この5つのルールを参考に、筋肉を効率よく育てていきましょう♡

関連記事をチェック
【トレーナー監修】女性の平均体脂肪率はコレ!え、運動じゃ減らないの!?
体脂肪率を減らすにはどうした方がいいの?体脂肪を減らすための食事法と運動法まとめ
速攻痩せたい!「1週間ダイエット」って可能なの?
“筋トレ”で胸が小さくなる!?バストアップ!?美しいバストになるための必読ルール

text:common編集部

Posted by admin