くびれの黄金比率は7:10!セクシーに拍車をかける筋トレのコツ♡- common(コモン) | フィットネス&ライフスタイルマガジン

毎日をアクティブに楽しみたい女性に贈る、フィットネス&ライフスタイルマガジン

フィットネス・ライフスタイル情報ならcommon

フィットネス・ライフスタイル情報ならcommon

  • login
  • search
アカウント登録/ログイン画面はこちらから!

くびれの黄金比率は7:10!セクシーに拍車をかける筋トレのコツ♡

2018.7.26

セクシーな女性になりたい♡そう願っているなら、筋トレを取り入れてカーブのある女性らしいボディを手に入れてみませんか?おすすめの筋トレとコツを伝授していきます。

あなたに足りないのはセクシーさかも?

おしゃれに気を遣っているし、ヘルシーな食事で無駄な脂肪もない。それなのに、今一つあなたに魅力が足りないのは、セクシーさが欠けているからかもしれません。

スリムな女性

男性が思わず「おっ」と目で追ってしまうよう女性になるには、大人女性特有の色気のようなものが必要なのです。セクシーな女性って、同性から見ても魅力的に見えますよね。

ただし、セクシーと下品とは違います。胸元を大きく露出したり、脚を頻繁に組み替えたりすることでは決してありません。目指したいのは、健康的でメリハリのあるボディ。露出しなくても分かるような、曲線美を手に入れるのが目標です!

くびれの黄金比率を目指したい♡

カーブのあるボディを作るには、やはりくびれが大事。男性は子孫を残すという本能から、ウエストから腰にかけて広がっているような、“健康な子どもが産めそう”なボディラインに惹かれるんだそう。

そんなくびれの黄金比は7:10だと言われています。腰(お尻)を10とした場合、くびれ(ウエスト)は7になる比率が理想的なんです。

くびれ

さて、鏡を見てみてください。痩せてはいるけれど、寸胴体型で差がない、腰回りに贅肉がついていて7:10どころか10:10・・・。そんな状態の女性は、少なくないはずです。

そのままでは、大人の色気を手に入れることができません。トレーニングでくびれを作っていきましょう!

くびれを作るトレーニングのコツ

カーブのあるウエストを作るためには、上体を起こすような腹筋運動は実はあまり効果的ではありません。お腹の表面に縦に存在する「腹直筋」を鍛えることができますが、それだけでは不十分なのです。

くびれを作るには、深層部にある「腹横筋」を鍛えてお腹周り全体をぎゅっと引き締めること、そしてお腹の横側にある「腹斜筋」を鍛えて、カーブを作ることが大切です。

サイドプランク

さらに、もう一つ加えるなら背中の「広背筋」を刺激していきましょう。背中に筋肉がつき引き締まることで、後ろや横から見たときにウエスト部分にカーブが生まれます。

・腹横筋を鍛えるトレーニング

海外でも大人気!スタイルが変わるプランクチャレンジ

・腹斜筋を鍛えるトレーニング

しなやかなくびれを作る、腹斜筋のトレーニング「レッグツイスト」

・広背筋を鍛えるトレーニング

実はくびれに効く♡背中を鍛える「広背筋トレーニング」

くびれができにくいなら、お尻をボリュームアップ!

ただ、残念なことに、骨格によってくびれができにくいこともあります。そんな時には、お尻をボリュームアップさせてその差で、黄金比率を手に入れるのがおすすめです!

ヒップアップ くびれ

これは2017年ベストボディUSAを始め数々の大会でグランプリを獲得したトレーナーの石田 純子さんや、お尻専門トレーナーとして活躍する川合 のどかさんも証言していること。

関連記事をチェック!
くびれが欲しいなら「お尻」を鍛えろ!夏までにキュッとくびれる方法を大会優勝者が伝授(石田 純子さん)
激しいトレーニング不要!アブクラックスを短期間で手に入れる方法を、美尻トレーナーが伝授(川合 のどかさん)

確かにお尻がキュッと上がっていると、その分ウエスト周りは細く見えますよね。特に後ろから見たときに、分かりやすいカーブが描かれることになります。胴体が短い、背が小さいという方は、腹筋運動にだけ力を入れずに、お尻のトレーニングを取り入れてみましょう!

・お尻を鍛えるトレーニング

お尻だけじゃない♡脚痩せにも効くアレンジスクワット


くびれを出現させたいなら、腹横筋・腹斜筋・広背筋、そしてお尻を鍛えるのが近道です!ご紹介した筋トレを取り入れて、あなたもセクシーに拍車をかけてみませんか?寸胴だった身体にメリハリが生まれると、女性としての自信もアップしますよ♡

text:common編集部

LINE@友達追加

お気に入りに登録help
お気に入りのコンテンツをクリップするとMY PAGEから読み返せます。