一生でダイエットにかける時間は何時間?衝撃の結果に・・・- common(コモン) | フィットネス&ライフスタイルマガジン

毎日をアクティブに楽しみたい女性に贈る、フィットネス&ライフスタイルマガジン

フィットネス・ライフスタイル情報ならcommon

フィットネス・ライフスタイル情報ならcommon

  • login
  • search
アカウント登録/ログイン画面はこちらから!

一生でダイエットにかける時間は何時間?衝撃の結果に・・・

2019.4.1

ふと「一生のうち、どれだけをダイエットに時間を費やしているのだろう?」という疑問が頭をよぎったことはないでしょうか。今回は、様々なパターンを想定して、生涯でダイエットにかける時間はどれくらいなのかを計算していこうと思います。人生でこれだけの時間をダイエットに捧げていたなんて・・・!

一生でダイエットにかける時間はどれだけ?

最近太った気がするからダイエットしよう、夏までも絶対痩せよう。そんな風に、女性にとってダイエットは、常に頭の中にある大きな課題の一つではないでしょうか。これまでの人生、常に何かしら新しいダイエットにチャレンジしてきたという方も多いはずです。

そこで気になるのが、ダイエットにどれだけ多くの時間を費やしているのかということ。今回は、様々なパターンを想定して、生涯のどれくらいの時間をダイエットに費やしているのかを計算していこうと思います。自身のケースに当てはめて、チェックしてみてください。

【医師監修】1キロの脂肪を落とすためには、どれだけ運動すればいい?消費すべきカロリーは?

1、短期間型のダイエットの場合

ダイエットの方法は、人によって様々なパターンがあります。

まずは、ダイエットするのは夏だけだったり、1ヶ月だけ集中的にトレーニングを行う、という短期集中型のダイエットを行っている方が、一体どれだけダイエットに時間を費やすことになるのかを紹介していきます。

・とにかく走って体重を落とすケース

ランニングする女性

ダイエットと言えばランニング。そんなイメージがあると思います。仮に、ダイエットのために週に5回、1時間のランニングを1か月間行うと、20時間をダイエットに当てていることになります。

しかし、1か月のランニングで体重が減っても、また運動をしなくなったり、食生活が乱れたりすれば体重は元に戻ります。そのため、毎年1ヶ月はこのダイエット期間を設けると想定します。年齢を重ねるとトレーニングをするのは難しくなってくるので、トレーニングできる期間は30年と考えてみましょう。

すると、計600時間となります。これを日数に置き換えると、25日間という時間になります。

ランニングだけで体重を落とすダイエットをした場合は、一生の内で1か月弱ダイエットに時間を費やしていることになります。

・筋肉も維持しながら体重を落とすケース

ランニングだけでは、筋肉も減ってしまい、ボディメイクを意識する方なら、満足のいく結果にはなりません。ボディメイクを意識する場合は、ランニングで脂肪を落とし、筋トレを行い筋肉をある程度維持しなければなりません。

そのため、ランニングと筋トレをそれぞれ45分ずつ、合計1時間30分のトレーニングを実施したとします。これを1ヶ月間、週に5回続けると、生涯ダイエットにかける時間はどのくらいになるでしょうか。先ほどと同じ条件で、1年に1ヶ月間はトレーニング期間を設け、30年間トレーニングを行うものとします。

1ヶ月間、1時間30分のトレーニングを週に5回行うので、1年で24時間トレーニングを行うことになります。30年間続けると、一生のうち30日、つまり丸1ヶ月間はダイエットに時間を費やしているということになります。

筋トレを行う分、ダイエットに費やす時間は長くなりますが、筋肉量が増えるのでリバウンドの可能性は低くなるでしょう。

2、コツコツ継続型ダイエットの場合

短期間で痩せるのは健康に悪そう、短期間で集中するのが苦手だ、という方は毎日小さな努力を重ねてダイエットを行っていると思います。そんな方の場合は、ダイエットにどのくらい時間を費やしているのでしょうか。

・毎日ウォーキングを行うケース

毎日ウォーキングを30分間行っている方の場合、どのくらいダイエットに時間を費やすことになるのでしょうか。ウォーキングは年を重ねても行いやすいので、ダイエット期間を先ほどよりは長い、40年間と想定します。

その場合、0.5 (時間) × 365 (日) × 40(年) = 7300(時間) という計算結果になります。これは304日、つまり10ヶ月くらいという計算になります。

毎日コツコツ運動をしている方は、一生のうち10ヶ月をダイエットに費やしているということになります。

とても健康的な習慣ですが、ウォーキングだけのダイエットとしての効果はそう大きくないかもしれません。

1日30分のウォーキングで脂肪が減る。消費カロリーは?意外な効果もある?

・毎日少し食べるものを控えるケース

ヘルシーな食事のチョイス

次は、食事制限を行っているパターンを紹介します。毎日少し食べるものを減らしていると、徐々にではありますが、体重が減っていきます。本題のダイエットに費やす時間ですが、こちらはダイエットのために時間を割いているわけではないので、生涯ダイエットに費やす時間は「0」という結果になります。

食事制限を行う場合は、何を控えようか考えたりする時間はありますが、行動には時間を費やすことなく痩せることができるのです。

ただし、デメリットとしては、少しの食事制限では体重が減るまで時間がかかることや、体力がつかない、筋肉が減る、といったことが挙げられます。

とにかく時間をかけずに体重を減らしたい、という方にとっては、食事制限はかなりオススメの方法です。

科学的に証明された「ダイエット成功のルール」。短期間で痩せたい方必見!

3、日々体を鍛えるトレーニーの場合

トレーニングする女性

最後に、ダイエットとは少し違いますが、ボディメイクのためにトレーニングを怠らない方が、一生でどれだけトレーニングに時間を費やしているのかを紹介します。

筋トレは、部位ごとに分けて行う、という方もいます。1回のトレーニングは1時間かけて行い、週に3回トレーニングを行い、全身を鍛える場合を想定します。トレーニングの期間は30年を想定します。

この場合、 3 (時間/週) × 52 (週/年) × 30(年) = 4680時間となります。日数に換算すると195日。一生のうち、約6.5ヶ月はトレーニングを行っている、という計算になります。

【監修】元ライザップトレーナーが教える!女性が絶対にやるべき3つのトレーニング

ダイエットに費やす時間は捉え方次第!

さて、この数字をみてどう思ったでしょうか。

・1か月集中!ランニング1時間×週5回(1年に1回)
 =25日間

・1ヵ月集中!ランニングと筋トレ45分ずつ×週5回(1年に1回)
 =30日間

・毎日ウォーキング30分間
 =10か月

・毎日少し食べるものを控える
 =0時間

・筋トレ(1時間×週3回)
 =6.5か月

筋トレで半年以上も時間を使うのか・・・と思った方もいるかもしれません。しかし、それだけの時間で健康的で綺麗な体を手に入れられる、と考えれば、それは素晴らしいことではないでしょうか。

また、食事制限のみでダイエットをする場合は、トレーニングに費やす時間がないので、時間をかけずにダイエットを行えます。しかし、食事制限のみだと不健康な痩せ方になったり、理想的なメリハリのある身体にはなれなかったりする可能性があります。また、リバウンドをしてしまったら、再びダイエットをやり直さないといけません。リバウンドしないことも、ダイエットに費やす時間を短くするために重要なことだと言えますね。

 

これから先、どれだけダイエットに費やす?

ダイエットに費やす時間は生涯でどれくらいなのかを、様々なパターンで検証してきました。今回紹介した時間を参考に、どのダイエットが自分に向いているのか考えてみましょう。

text:中野卓
スポーツ栄養学を専攻する大学院生。現在はトレーニングによるミトコンドリアの適応を促進させる栄養素について研究を進めている。水泳は、選手歴10年以上。筋トレが日課。アロマテラピー検定1級取得。

LINE@友達追加

美尻特集

オトナ恋愛部特集

ライター募集

RANKING

人気の高い記事をご紹介!
お気に入りに登録help
お気に入りのコンテンツをクリップするとMY PAGEから読み返せます。

KEYWORD

人気のキーワードをご紹介!

common instagram

    View on Instagram