common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

【トレーナー監修】トレーニングも食事も頑張っているのに痩せないのは何故?やりがちな「3つの原因」

2018.9.3

パーソナルトレーナーだから知っている、実はやりがちな落とし穴のTOP3を聞いてみました。知らず知らずにやってしまっていたことが、ダイエットを妨げていた・・・なんてことも!日々の生活で少し気をつけることで、大きく変わるかもしれません。

運動も食事も気をつけているのに、痩せない理由

トレーニング女子

最近増えてきたトレーニング女子。

“トレーニングが習慣になってきて、週1から2回はジムに行くことが習慣になり、続けているうちに楽しくなってきました。食事だってタンパク質中心でサラダランチを選ぶようになって、気を使っているんです。
なのに、なぜか痩せないんです・・・!”

そんなことを思ったことはありませんか?

「きちんと原因がわかれば、理想の体により1歩近づくことができますよ」と教えてくれたのは、今回お話しを伺った高田大輝さん。『2018 NABBA WFF ASIA NOVICE CLASSIC』に日本人選手として準グランプリを獲得した経験もあり、現在は『REAL WORKOUT 恵比寿店』でパーソナルトレーナーとして活躍されています。

高田大輝

では早速、見落としがちな痩せない原因について探って行きましょう!

こちらの記事もチェック!
フィットネスビギナー必見!元ライザップトレーナーに聞いた、トレーニング『キホンのキ』

痩せない原因① 塩分の取りすぎからくる、むくみ

塩分

食事に気を遣っているという方は多いと思いますが、調味料まで気をつけていますか?

以外と見落としがちなのが、調味料の塩分。

食材がいくらヘルシーでも、調味料の選択が間違っていると効果が半減してしまうんです。女性は体の構造上、男性よりも筋力が少ないのでむくみやすいのは事実。なので、塩分の取りすぎには女性は特に気をつけなければいけません!

■どうしてむくむの?

体というのは、塩分の濃度を一定にしようと常々動いています。塩分の多いものが入ってくれば、それを薄めるため、水分を溜め込んで濃度を一定にしようとするんです。そのため、塩辛いものを食べるとのどが渇く、なんだか体が重たい、むくんでいるという状態になるわけです。

■塩分はどれくらい摂ればいいの?

平成24年度の国民健康栄養調査の結果によると、塩分摂取量の男性の1日の平均摂取量は11.3g、女性は9.6gだったそうです。

お店にもよりますが、大体ラーメンには1杯には6〜8gも塩分が含まれています。みそ汁と漬物の組み合わせでは、カロリーはさほどありませんが塩分量4g程度になります。

 1食分の塩分の目安量は2~3gと覚えておきましょう。

塩分の摂り過ぎを防ぐには、例えば・・・

・お刺身を食べるとき、お醤油ではなくお塩を少しだけつけて頂く。
・塩分が高いオイスターソースはなるべく使わない。
・ドレッシングではなく、オリーブオイルにレモンを絞って頂く。

効率よく痩せたいなら、脂質や糖質だけではなく、塩分量にも気をつけてくださいね。

痩せない原因② ヘルシーな食事だけど、タンパク質が足りていない

タンパク質 食材

実は、痩せるためには基礎代謝を上げることが大きなポイントです。基礎代謝は、筋肉量増やすことで上がっていきます。

理想は脂肪を減らしても、筋肉量はキープすること。

野菜中心でヘルシーな食事は一見ダイエットに良いと思いがちですが、食事制限を続けていると筋肉を作り出すのに必要なタンパク質が不足してしまいがち。筋肉が落ちてしまい痩せにくい体になってしまいます。

■タンパク質はどれくらい摂ればいいの?

ダイエット中の場合は、体重×1.0〜4グラムのタンパク質を摂取することを目役にしましょう。また、一度に摂るのではなく、均等に分けて摂取することが大切です。

目安としては、卵1つで約12グラム、サラダチキンが約23グラム、ライトツナ缶12グラム、納豆9グラムです。

足りないかも!と思ったときは、ぜひコンビニへ。今はしっかりとした食事がコンビニで手に入ります。プロテインバーやブランパンなども気軽に摂取できるのでオススメです。

痩せない原因③ 食事のタイミング

プロテイン 食事

この記事を読んでいるあなたは、きっと食事管理もしているはず。でも、食べるタイミングについて考えたことはありますか?

一般的には朝、昼、夜と3度の食事をしますが、吸収率の関係で実はこまめに食事を摂る方が痩せやすいんです。

でも忙しい毎日、こまめに食事を摂ることって難しいですよね。

そこでオススメしたいのが、栄養を吸収しやすい時間の寝る前と寝起きにプロテインを飲むこと。通常通りの食事でも、食べるタイミングを工夫するだけで太りにくい体に近づけます。

こちらの記事もチェック!
実は「眠る前」もゴールデンタイム!効果に差がつく、プロテインを飲むタイミングと摂取量を解説

 

努力していても結果が出ないときは、モチベーションも下がりますし一番辛い時期ですよね。モチベーション維持をすることもダイエットには大切なことなんです。
上手くいかないときは、今回ご紹介したことを意識してみてください。原因が判明すれば、少しの工夫で美ボディに1歩近づくことができますよ!

高田 大輝

監修:高田 大輝

フィットネスに助けられた経験から今度は私がフィットネスに恩返しし、一人でも多くの人々の命を救い、人生を変えて、フィットネスの素晴らしさを広げたいと思い幸せを提供したいという想いから株式会社WORKOUTを設立し、代表取締役 CEOを務める。会社も選手としても世界一を目指して現在も調整中。instagram @takada_daiki

【選手経歴】2018 NABBA WFF ASIA NOVICE CLASSIC Mr Physique TOP2/2018 NABBA WFF ASIA NOVICE CLASSIC Mr Classic Model TOP2

白坂 優里

白坂 優里

1988年生まれ、東京出身。社会人になってからは週3日はジムに通うトレーニング好き。料理が趣味で食学検定の資格を取得。現在はパーソナルジムの運営会社に勤務する傍ら、週末は、トレーニング、お料理、ゴルフと健康的でパワフルな毎日を送っている。instagram @shirayuri0126

Posted by admin