【イケトレ直伝】“お腹の縦線”を作るファーストステップ- common(コモン) | フィットネス&ライフスタイルマガジン

毎日をアクティブに楽しみたい女性に贈る、フィットネス&ライフスタイルマガジン

common

common

  • login
  • search
アカウント登録/ログイン画面はこちらから!

【イケトレ直伝】“お腹の縦線”を作るファーストステップ

2018.1.25

今をときめく、人気トレーナーたちにトレーニングやダイエットの素朴な疑問をぶつけるこの企画。プロの目線からしっかり答えていただきます。今回お話を伺ったのは、『イケトレ』に登場してくれた「TIP.X TOKYO 渋谷」の漆畑 ヴィクトルさん。運動が苦手な人がフィットネスを続けるコツやお腹の縦線を作る方法について、教えてもらいました。

運動が苦手。どうやってフィットネスを継続させれば良い?

――運動が苦手な女性って多いと思うんですが、そんな女性がフィットネスを続けるコツってありますか?

う~ん、なかなか難しい質問ですね。

苦手っていうのは、楽しいって思えないことが理由だと思うんです。そもそも運動ってキツイもので、トレーニングが大好きな僕だってやっぱりキツイはキツイんですよね。

僕たちは、そのキツイに“楽しい”をプラスしてあげなきゃいけないっていうのがあって。例えばパーソナルトレーニングなら、一人じゃないから楽しいっていうのもあるだろうし、目標を決めて達成できれば、「できた!楽しい!」ってなると思うんです。

だから誰かと一緒に行ったり、小さい目標を立ててクリアしていったりするのが長く続ける秘訣かなと思います。いつまでも届かない目標ばかり追いかけていると、苦しいだけになっちゃうんで気をつけて欲しいですね。

お腹の縦線が欲しい♡どうすれば良い?

――スッと入ったお腹の縦線を作る方法ってありますか?

お腹のトレーニングだけしていたら割れるかっていうと違うんです。

お腹の縦線を出すためには、まずはある程度体脂肪率を落とさなくてはいけないので、やっぱり食事管理と運動が大事ですね。内臓脂肪を減らすには有酸素運動をしなくちゃいけないんですけど、皮下脂肪の場合はとにかく食事管理と筋トレ(無酸素運動)です!

※皮下脂肪:身体の表面、皮膚の下にある脂肪。見た目に現れやすい
※内臓脂肪:身体の内部、内臓の周りにつく脂肪。見た目に現れにくい。

ある程度、身体全体に筋肉量がある人がしっかり腹筋もやって食事管理もして、そこでやっとあの縦線が出ます。だから、お腹の縦線が欲しいなら、お腹のトレーニングだけじゃなくて全身をまんべんなく鍛えて筋肉量を増やしましょう。

太りにくい食べ方が知りたい!

――つい食べてしまうんですけど、太りにくい食べ方ってありますか?

そうですね。血糖値が上がらないように、サラダから食べたりとか順番を意識するのがメジャーな方法ですが、“食べ方”というより“食べるもの”を選んであげる方が大事かなと。“食べ方”っていうのは、逃げじゃないですけど・・・楽して痩せたいって気持ちが若干でているかなと思うんです。痩せるためには、やっぱり気持ちが一番大事なので!

だから、食べるものをしっかり選ぶこと、そして食べたらしっかり動くことですね。基本的に食べちゃいけないものなんて、世の中に存在しないと思います。ただその分動かないと脂肪が増えて太ってしまうので、食べたら身体を動かしましょう!

最後はちょっぴり厳しいアドバイスをくれたヴィクトルさん。それも綺麗になりたい女性たちを本気で応援する気持ちがあるからこそです。つい自分に甘くしてしまうという方は、心に刻んでおくと良いかもしれませんね♡

漆畑 ヴィクトル

ブラジル生まれ、日本育ち。渋谷にあるTIP.X TOKYO 渋谷にてパーソナルトレーナーとして活動。数々のコンテストでも上位成績を残している。http://tip.x-tokyo.jp/shibuya/

text:common編集部

お気に入りに登録help
お気に入りのコンテンツをクリップするとMY PAGEから読み返せます。