common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

【専門家監修】眠れない・疲れがとれない、現代人の睡眠問題の原因と改善策

2019.9.16
なかなか眠れない、寝不足で肌が荒れてきたなど、眠りに関するお悩みはつきないもの。そこで今回は、睡眠のプロ(一社)日本快眠生活研究所・oluha上質睡眠専門店睡眠アドバイザーの國井修さんにお悩みを解決するアドバイスをもらいました!

睡眠のプロが睡眠の悩みをズバッと解決!

人生の3分の1を占めるとも言われている睡眠。1年に置き換えると3〜4カ月は睡眠時間にあたるわけで(!)、睡眠の質は日中のパフォーマンスや心の状態に大きな影響を与えています。さらに、肌の調子やダイエットとも深い関係があることも分かっています。

睡眠を疎かにすれば、それだけ人生を損をしてしまうことになるかも!?

そこで今回は睡眠にまつわるさまざまな疑問やお悩みを、睡眠のプロである、(一社)日本快眠生活研究所の國井修さんに聞いてきました。睡眠の質、ひいては人生の質を高めるために、ズバッと解決してもらいましょう。

睡眠アドバイザーの國井修さん

<目次>

悩み① 寝付きは良いのに疲れがとれない

悩み② 睡眠不足で肌荒れが激化!

悩み③ スマホゲームにハマってから太った気がする

悩み④ 夜、眠くなりません。むしろ元気に・・・

悩み⑤ 平日眠れない分、寝だめすればいい?

悩み⑥ 冷え症だから靴下を履いて寝てもいい?

悩み➆ ベッドに入っても眠れません

悩み① 寝付きは良いのに疲れがとれない

お悩み相談

 

寝付きはとても良いのに、最近、寝起きがだるくて、疲れもとれていない気がします。電車の中でも熟睡しているつもりなのに不思議。これって何故ですか?

國井さん

寝付きが良いときこそ、睡眠不足を疑ってみて!

 

実は、「布団に入って2秒で眠れます!」といった、すぐに寝付ける人たちは注意が必要です。自分が睡眠不足だと気づくことができずに、大丈夫だと思って悪い状況を放置してしまうからです。

「スマホを見ながら寝落ちしていた」という話をよく聞きますが、人間の目は、脳が唯一むき出しになっている器官。そこにスマホの光りが直接当たっていると、脳が朝だと勘違いして本来なら眠れなくなってしまうはず。それがゲームなどの場合は、さらに脳に刺激が与えられているので眠れないはずなんです。

しかし、その悪条件の中でも眠れてしまう・・・ということは、それほど疲れていて、身体が眠ることを欲しているんですね。電車に乗ってすぐに眠れてしまう人も、睡眠不足の可能性が高いですよ。

そもそも睡眠の役割は、大きく分けると2つあります。

  • 1. 日中の疲れや老廃物を除去する(メンテナンス)
  • 2. 翌日のパフォーマンスをアップさせる(スキルアップ)

起きた時に疲れが取れていない、電車で爆睡をしてしまうのは(1)のメンテナンス機能が落ちている状態です。この状況を脱するためには、まずはしっかりと夜にまとまった睡眠時間を確保するようにしてみましょう。

ベッドや布団に入ってから眠るまでに8~15分くらいかかるのが、健康的な寝付きまでの時間だと言われています。

**ワンポイント!睡眠の質をチェック**

「起床から4時間後に集中力がない・持続できない」「14〜16時以外に強い眠気がある」のうち1つでも当てはまるようでしたら、睡眠不足だと判断して良いでしょう。

Posted by admin