common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

夜中のラーメンもOK!我慢なしで痩せる「伊達流ダイエット」のメカニズム

2019.11.27
食べて痩せるダイエット

「夜中にラーメンを食べても太らない」「大盛りご飯を食べてもやせる」「食べてきれいにやせる」そんな気になるタイトルが目を引くダイエットカウンセラー 伊達友美さんの著書の数々。食べてやせるダイエット、なんて夢のような話は本当にあるのでしょうか?あるとしたら即実践したいですよね!今回は、伊達友美さんからダイエットの概念を覆す食べ方の法則を教えていただきました。

伊達さんプロフィール

伊達友美/ダイエットカウンセラー
管理栄養士。日本抗加齢医学会認定指導士。日本メンズヘルス医学会学会員。アンチエイジング等のクリニックで、これまでに7000人以上の食事を指導。自身の20kgのダイエット経験から、ストイックな食事制限ではなく、文字通り「食べてやせる」ダイエットを提案し多くの支持を得る。http://omakase-diet.com/

やせられないのは「栄養不足」のせい

common編集部

20kgのダイエットに成功されている伊達さんですが、「食べたいものを食べて痩せた」って本当ですか?


伊達さん

本当です。みなさん、単純に食べなければやせるって思い込んでいる方が多いですが、それは間違いなんですよ。

common編集部

え、でも食べる量を調整して摂取カロリーを減らすのはダイエットの基本では?


伊達さん

食べ過ぎている人が食べる量を減らせばやせますが、そうでない場合は、食べないダイエットは逆効果。リバウンドを繰り返して、どんどん痩せにくく太りやすい体になってしまいます。
私自身が、まさにそうでした。

伊達友美/ダイエットカウンセラー

何十回も間違ったダイエットを繰り返してきたという伊達さん。どんどんやせにくくなり、1日500キロカロリーまで抑える過度なダイエットをした時期もあるそう。

common編集部

伊達さんは食べないダイエットで失敗を繰り返してきたんですね。


伊達さん

はい。栄養不足のせいで、冷えが悪化し、手は霜焼けで痛くて、肌も荒れて、髪の毛もどんどん色が抜けてボロボロに。便秘が続いて常に薬に頼らないといけない悪循環にも陥っていました。本当に最悪な状態でした・・・。

食べないダイエットを続けると、ウツや睡眠障害、摂食障害といった重大な不調に繋がることもあります。

common編集部

それは壮絶な経験・・・。では、不調なく綺麗にやせるにはどうすれば良いのでしょうか?


伊達さん

やせるためには、本当に必要なものをきちんと食べることです!
私が食べないダイエットを続けて、もう何をしてもやせなくなってしまったときに、ある日、「もう食べまくっちゃおう!」と大盛りのご飯とハンバーグをがっつり食べて寝たら、驚くことに次の日にやせていたんですよ。そこでビビッと来たんです(笑)。

common編集部

がっつり食べたらやせた?ちょっと信じがたいですが。


伊達さん

自分でも驚きました。でも、確かにすごく食べるけどやせている人もいますよね。
そこで、もしかしたら「食べてもやせる方法」があるのではと思い、栄養学の勉強を始めました。そこで分かったのは、やせられなかったのは摂取カロリーが多かったからじゃなくて、足りない栄養があったからだということ。食べてやせるダイエット方法にしたら、20キロやせることに成功。しかも、維持し続けています。

本能に従って食べることがやせる第一歩

common編集部

でも、食べた方がやせるってやっぱり不思議です。なぜなんでしょう?


伊達さん

きちんと食べることは、代謝を上げることに繋がるんですよ。代謝をあげる=運動だと思いがちですが、足りていない栄養をしっかり摂れば、筋肉量が増えて体が勝手に消費カロリー量を増やしてくれます!

common編集部

激しい運動をしなくても、ちゃんと食べれば自然にやせやすい体を手に入れられる!?


伊達さん

そう。ダイエットってカロリーを意識することが前提になりがち。でもそのせいで、足りない栄養がでてきて代謝が落ち、やせにくくなってしまっている人が多いです。
それではダイエット効率が悪いですし、過去の私のようにリバウンドを繰り返すことになりかねません。

common編集部

それに気づいた伊達さんは、食べてやせることに成功したんですね。


伊達さん

食べるようにしたら、食べないダイエットをしていたときよりもずっと楽にやせることができました。その後はリバウンドもありません。冷えや肌荒れ、便秘、むくみといった不調も改善されましたよ。

common編集部

「バランスの良い食事」がやせる鍵になるわけですね!野菜をたくさん食べるとかそういうことでしょうか・・・?


伊達さん

そう思われがちなんですが、実は野菜を食べ過ぎるとやせにくくなることもあります。たんぱく質をたくさん摂れ!なんてことも耳にしますが、ただ多く摂ればいいという話ではありません。たんぱく質って摂りすぎると毒素になっちゃうんですよ。

基本的に、どんな食べ物でも食べ過ぎてはダメ。足りないものをプラスするという感覚が大事です。

common編集部

足りないものを食べる!でも何が足りないのか自分では把握できないです。栄養学の知識もないですし。


伊達さん

難しく考える必要はありません。本能に従って、食べたいものを食べたいときに食べればいいんです!例えば、夜中にラーメンや焼肉が無償に食べたくなったら、食べちゃっていいんですよ。

伊達さん

「夜中にラーメン、焼肉を食べても痩せられますよ!」

common編集部

本能に従って食べる!?私がそれをしたらやばいことになりそうですが・・・


伊達さん

人間の食欲は本来、体が「足りない栄養があるよ!」という信号を出して、それを補うために湧いてくるもの。まさに本能ですよね。
でも、多くの人がそれを無視して、カロリーが高いからとか、この時間に食べると太っちゃうからという理由で食べることを辞めている。その結果、だんだん本当に食べなくちゃいけないものが分からなくなっているんです。

common編集部

食の本能に従えば、足りないものが自然と分かる体になるんですね。


伊達さん

そう。食べたいものを食べるのは、そのための練習といった感じです。自分に必要なものが自分で分かるようになることが最終目標だと思います。

食べてやせるには、
(1)食べたいものをきちんと選ぶこと
(2)食べたいときに食べること
(3)美味しく食べられる量を食べること

この3つがとても重要です。

「朝・昼・晩」の食事が太る習慣だった

伊達さん

ただし、翌日の食事には注意してくださいね。
夜中に何か食べた翌朝は、さほどお腹は空いていないはずなのに「朝は食べた方がいい」って思い込んで食べてしまう人が多いんです。食べたくない時に食べるのが「食べ過ぎ」。だから太ってしまう。ここが落とし穴です。

common編集部

「朝だから食べなきゃ」は間違いなんですね。


伊達さん

「1日3食しっかり食べる」というのもどうでしょうか。
成長期の子どもにとっては必要な食べ方ですが、成長が終わってしまった大人は、今の状態を維持できるだけの栄養があれば生きていけます。無理に1日3食しっかり食べなくてもいいんです。

common編集部

ダイエットには、1日3食を守らなくてもいいとは意外でした!


伊達さん

時間になったから食べるのではなく、本当に空腹だと感じる本能に従って食べるようにしましょう。一度にたくさんは食べられないという人なら、食事3回+間食2回の1日5食で食事を調節するのもおすすめです。
とにかく、その日その時の自分に必要な食べ物を適量食べるのが基本です。

楽にやせたいなら「水」と「油」を味方に

common編集部

食べたいものを食べたいときに、美味しく食べられる量を食べる。こういった、食への正しい本能を目覚めさせてやせるには、どうすれば良いんですか?


伊達さん

意識して欲しいのは、「1.水分の摂り方」と「2.油(脂質)の摂り方」です。
人の体の70〜80%は、水と油で作られています。たんぱく質の割合よりも多いんです。なので、水と油の摂り方を意識すると体が自然に変わっていきます。

common編集部

具体的に何をすればいいのでしょうか?


伊達さん

「1.水分の摂り方」に関しては、まずは朝起きたらコップ1杯の水を飲むことです。寝ている間は水分がとれないので、脱水状態になっていますから。
それと、“喉が乾く前に”こまめに水分をとることですね。これは嘘の空腹を見極めるのにも役立ちます。

common編集部

嘘の空腹って何ですか!?


伊達さん

人間の体って、食欲を感じる脳の部分と、喉の渇き感じる脳の部分がほぼ同じだといわれているんです。ですから、本当は水分が足りないだけなのに、お腹が空いたと勘違いして食べてしまうことがある。そうすると、太ってしまいます。

お腹が空いたと思ったらまずは水分をとってみましょう!少し待つと、喉が乾いていただけなのか、本当にお腹が空いていたのかが分かりますよ。

common編集部

なるほど~。嘘の空腹に騙されなくなると、自然とやせていきそうですね!


伊達さん

「2.油(脂質)の摂り方」に関しては、肥満や疾患の元になるトランス脂肪酸が含まれる揚げ物やスナック菓子などを避けることで体が変わっていきます。マーガリンやコーヒークリーム、ショートニングなどにもトランス脂肪酸が含まれているので、注意してくださいね。

common編集部

食べて痩やせたいなら油(脂質)は避けるべきなんですね!


伊達さん

だからといって、油(脂質)を全く摂らない!というのは危険ですよ。
実は、脳みそも女性ホルモンも大部分は脂質からできているんです。ジャンクフードが無性に食べたくなるのは、油(脂質)が足りていないサインかもしれません。サラダにえごま油やアマニ油。クルミをかけたり、旬の魚を食べたりして良質な油(オメガ3脂肪酸)を摂るようにしてみてくださいね。

伊達さん流・食べて痩せるダイエットのルール

  • 食事を減らさず、体に必要なものを食べる
  • 本能に従って食べ、食べるべきものが分かる体を手に入れる
  • どんな食べ物でも食べ過ぎてはダメ(野菜、たんぱく質だけのダイエットは注意)
  • 時間だから食べるのではなく、本当に空腹になったら食べる
  • 喉が渇く前に水分補給をして、嘘の空腹を防ぐ
  • 悪い油(トランス脂肪酸)が含まれる食べ物は避ける

ダイエットのための食事管理と聞くと難しく聞こえますが、伊達さんが推奨する方法はとてもシンプル。本能に従って、食べたいものを食べること。ただし空腹でない限りは食べないこと。そうした意識付けが、自分に必要なものが自分で分かるようになることに繋がるといいます。夜中にラーメンを食べていい!なんて、常識を覆すダイエット方法ですが、そこにはしっかりとした実体験に基づいた根拠がありました。
食べないダイエットをしてリバウンドを繰り返している万年ダイエッターの皆さま。ぜひ真似してみてはいかがでしょう?

文:佐藤靖晟
撮影:小山田滝音(ブラインドファスト)
編集:common編集部

Posted by kamoshita