元ブランチリポーター!もがき続けた10年間。トレーニングに出会って見つけた新たな活躍の場所(福井仁美) |common(コモン)

毎日をアクティブに楽しみたい女性に贈る、フィットネス&ライフスタイルマガジン

フィットネス・ライフスタイル情報ならcommon

フィットネス・ライフスタイル情報ならcommon

  • login
  • search
アカウント登録/ログイン画面はこちらから!

元ブランチリポーター!もがき続けた10年間。トレーニングに出会って見つけた新たな活躍の場所(福井仁美)

2018.8.16

フィットニスタとcommon編集者が対談し、彼女たちやフィットネスの魅力をcommon読者にたっぷり伝えるこの企画。今回は、タレントやモデルとして活躍している福井 仁美(ふくい ひとみ)さんを取材しました。

フィットネスをライフスタイルに取り入れて楽しんでいる方、すなわちフィットニスタに話を聞いて、彼女たちやフィットネスそのものの魅力をcommon読者の皆様に伝えたい!

そんなcommon編集部一同の想いから、今回はアラサーで独身、そして自分にとてつもなく甘い女・common編集者Sが、元『王様のブランチ』リポーターの福井 仁美さんをインタビュー!

王様のブランチ元リポーターが、サマスタで入賞!

今回インタビューするフィットニスタは、『王様のブランチ』の元リポーターで、モデル・タレント・実業家でもある福井 仁美さん。現在は、ラジオDJや司会業なども含め、幅広く活躍中!インスタグラムも「オシャレすぎる♡」と同年代の女性たちから大人気で、3万4000人のフォロワーがいるほど!!(2018年8月16日現在)

多方面で活躍中の福井 仁美さんですが、今年5月に行われた、日本一夏が似合う男女を決める大会『サマースタイルアワード』ビューティーフィットネス部門で、初エントリーにして見事入賞を果たしたんです!!

ブランチリポーター時代は、正直そんなに鍛えているイメージがなかった仁美さん。一体いつからトレーニングを始めたの?どのくらいトレーニングをしているの?今後の活動は?気になるいろんなことを根掘り葉掘り聞いてきました!

疲れるから運動は嫌い。そんな私を変えたホノルルマラソン

——福井仁美さん、今日はよろしくお願いいたします!
王様のブランチのリポーター時代は、トレーニングをしているイメージがなかったのですが、いつからトレーニングを始めたのですか?

福井仁美

本格的にトレーニングを始めてからは、まだ1年ちょっと。とある番組の企画で、去年ホノルルマラソンに挑戦したのですが、マラソンを走るためにトレーニングも一緒に取り組んだのがきっかけですね。疲れるから運動するのは正直嫌いで、それまで運動は全然していなかったです。ジムも契約していたんですけど、トレーニングは全然せず、サウナに入りに行くために使っていたくらい。(笑)

でも私、元々肌の色が黒いので、人から見るとすごいアクティブな印象に見えるみたいで、だんだんそういう仕事が来るようになっていったんですよ。ホノルルマラソンに挑戦する仕事もそのイメージがあったから。その時に初めて『走る』とか『運動を定期的に続ける』ということをしたんです。運動嫌いだったのでマラソンももちろん初めての経験だったんですが、練習の時に、達成感と、ずっと走っていると“無”になるというのを初めて感じて。それがすっごく気持ちよくて!

福井仁美

私普段、ずーっと何かを考えてるタイプなんです。ブログやインスタ用の文章考えたり、会社も経営してるんで、無になる瞬間っていうのがあんまりなくて。マラソンをした時に、走ることに集中して無になる時間を感じた時に、“あぁ、こういう時間いいなー”って。

その時に、常にフルマラソンってできないけど、筋トレだったらずっと続けられるなって思ったんです。それで吸い込まれるようにトレーニングにハマっていきました。今は週5回ほどトレーニングをしていますね。「あの運動嫌いの仁美が、どうしちゃったの!?」って友達によく言われます。(笑)

身体の変化に焦り。今は自信を持って水着を着られます!

——それは意外な事実ですね!運動嫌いの仁美さんが、ここまでトレーニングにハマったのはどうしてですか?

筋トレってだらだら汗をかくわけじゃないし、マラソンを走った後みたいにすっごく疲労がくるってわけでもないじゃないですか。それが、運動嫌いで飽きっぽい私にとってはすっごくちょうど良くて。トレーニング終わりで出かけられるし、でも終わった後の達成感はちゃんとある。早起きが得意の私には、毎朝1時間早く起きてジムに行くだけで続けられるっていうのが自分のライフスタイルにぴったり一致したんです。

——確かに、有酸素運動ほどの疲労感はないから朝トレーニングに行ってそのまま仕事に行けますよね!
運動嫌いに見えないほど昔からスタイルがいい印象がありましたが、今まではどう体型を維持していたんですか?

嫌味って思われるかもしれないけど、あんまり太らない体質で、今までダイエットや運動をしたことがなかったんです。運動しなくても、正直困らなかった。でも30代になると、やっぱり身体が変わってきて、細いけどたるんでる身体になってきちゃったんですよ。同じ30代でも、トレーニングしてる子の方が引き締まったいい身体になっているなぁ、と気づいて。

それを見た時に、“あ、これがちゃんとやってきた人と何もやってきていない人の違いなんだ”ってすごく感じて。もう生まれつきの体質だけじゃ、スタイルを維持できないなって気づきましたね。

福井仁美

——すっごくわかります・・・。年齢には逆らえないですよね。ダイエットしたいわけじゃなくても、トレーニングはしたほうがいいってことですよね〜。

本当にその通り。それと私、旅行が大好きで、ビーチリゾートによく行くのですが、水着を着た時の自分の身体が今までと違うっていうのが1番ハマった理由かも!今までは、100枚写真を撮って奇跡的に1枚いい角度で撮れたものをインスタに載せていたんです。私、胃下垂なので朝起きた時はお腹凹んでいるんですが、昼以降の写真はお腹がぽっこり出ていて載せられないレベルだったんですよ。だから旅行に行っても、朝起きてすぐ水着の写真を撮って、ご飯を食べた後は写真を撮れないくらい!

でもトレーニングを続けている今は、ご飯を食べた後でもお腹がポッコリ出ることはなくなったので、いつでも自信を持って水着を着られるっていうのがすごく嬉しい!

ヴィクシーモデルみたいなヘルシーなボディが目標♡

——インスタグラムのどの水着の写真も、スタイルの良さが際立って見惚れます♡仁美さんが今、目指している理想のボディはどんなボディですか?

ヴィクトリアズシークレット(アメリカ発のファッションブランド。下着が可愛いと若い女性たちから大人気)が昔から好きで、ヴィクシーモデル(ヴィクトリアズシークレットのショーやパンフレットなどに起用されているモデルたちのこと)の体型になりたい!以前は、“外国人とは骨格が違うし、どうせなれるわけないよな”って諦めてたんです。でもトレーニングを始めて、人体実験じゃないですけど、頑張れば変わるんだっていうのを実感して。

福井仁美

ヴィクシーモデルたちの、腹筋に縦線が入って、でもバキバキなわけじゃなく女らしい曲線美を保ってるっていう、それが本当に憧れますね。私も、そこを目指したいと思っています。中でも、ジャスミントゥークステイラーヒルが好き♡

トレーニングしてもムキムキにならないことを広めたい!

——仁美さんのスタイル、もうほとんどヴィクシーモデルに近いと思います!そんな仁美さん、トレーニングを始めて変わったところは?

みんなには腹筋を褒められることが多いですが、1番変わったのは、肩幅と二の腕!

福井仁美

この辺の二の腕なんてぶよぶよだったんですよ!でもそれがラインがしっかり入ったのがすっごく嬉しいんです。私、元々肩幅が全然なくて。それがいやってわけではなかったのですが、トレーニングを始めていろんな女性を見て行くうちに、肩幅ってあったほうがかっこいいな、って思って。昔はただ細いのが可愛いと思っていたんですけど、理想の身体が少しずつ変わっていますね。

——それ、今までのインタビューでもよく耳にしました!(笑)筋肉がついていたほうが、綺麗な身体のラインになりますよね。

でも、筋肉って簡単につかないんだって思いました。トレーニングを始めた当初は、ムキムキになりたくないからと言って、負荷をつけずにゴムチューブだけでできるトレーニングとか、ストレッチポールを使ってできるトレーニングだけをしていたんですよ。

その後、しっかり負荷をつけて行うジムに通うことになった時に、パーソナルトレーナーさんに「とにかく私はムキムキになりたくない!」って言ったんですよ。そしたら「大丈夫、そんなに簡単に筋肉なんてつかないから」って言われて。本当に、4ヶ月真剣にやっても思ったより筋肉がつかなくて

筋肉つけるのって本当に大変!それを体感した今、トレーニングしてもムキムキにはならないんだよって広めたい!

福井仁美

あと、トレーニングしてると、どこ目指してんの?ってすごい聞かれるんですよ。ちょっとトレーニングしてるとボディビルダー?とか言われて。いやいや、ボディビルダーさんに失礼だよ!あの人たちはもっとすごいから!みたいな。そんなこと言われない時代が来るといいな〜。

成分表なんて気にしたことなかった。今はタンパク質に夢中♡

——トレーニングはムキムキになるためのものじゃないって、commonでもっと広めたいです!
ちなみに、食事に関しての意識も変わったりしましたか?

すっごく変わりましたね!『王様のブランチ』リポーター時代は食レポをたくさんしていて、1日でラーメン8杯食べたこともあったり。私、食べれちゃうから、そういう担当をしてたんです。美味しかったからいいんですけど。(笑)

福井仁美

食べたいだけ食べてたし、炭水化物、タンパク質、脂質、カロリーも気にしたことなくて。でも今は素材の良さとか、これにはタンパク質がどれくらい入っててとか成分表を見るようになりました。ちゃんと食べたいものも食べるけれども、身体にいいものってわかって食べてる。そこの意識が1番変わったかなぁ。周りもすごくびっくりしていますね!あの仁美が、ささみとか食べちゃってる!って。

でも大会が終わった今、正直なことを言うと、何も考えずにご飯を食べられる時が本当に幸せ!(笑)お酒が大好きなんですけど、今回大会に出るにあたって、初めて3ヶ月半の禁酒をしたんです。意外に辛くなかったけど、やっぱり今はビールが飲める幸せを噛み締めています♡
(取材日は『サマースタイルアワード』後でした)

もがき続けた10年間。これからはヘルシーな仕事をしたい♡

——見習いたいです・・・。今さまざまな活躍をされていますが、今後の目標などありますか?

福井仁美

芸能界って肌が白い子が多くて、肌が地黒の私は、もがき続けた10年間だったんですよ。全然合ってないなぁと思いながら、事務所が持ってきたナースの役で女優やってみたりとか、肌が白い子と並んで食レポしていると、『仁美が影になってホワイトバランスが合わない』って言われたりして。自分らしい仕事があんまりできなかった。

でも今はこうやってフィットネスも流行ってたり、海外旅行ブームだったりするから、肌が黒くても「健康的でいいね」って言われるようになった!無理に肌を焼く必要はないと思うけど、この小麦肌を活かせるヘルシーな仕事をいっぱいできたらいいな♡

トレーニング以外の楽しみもフィットネスに見つけて!

——小麦肌、本当に素敵です♡最後にcommon読者へ一言ください!

福井仁美

今回初めて『サマースタイルアワード』にエントリーしたのですが、大会までの数ヶ月間に何度も“なんでエントリーしちゃったんだろう”って本当に思ってて。でもやっぱり目標がないとなかなかここまでストイックにできないっていうのをとても感じました!!成果が自分にわかりやすく出るのもフィットネスのいいところだと思うし、何か目標を掲げるとすごく集中できると思う!私みたいに、大会にエントリーして挑戦するのも一つの手!今はいろんな大会がありますからね〜!

フィットネス大会

来年こそ挑戦したい!人生を変える、初心者におすすめの「フィットネス大会」3選

近年のフィットネスブームを受け、誰でも参加できるフィットネス大会が続々と登場しています!いずれの大会も、必要なのは「出場したい!」というその熱意だけ♡

私はトレーニングウェアが大好きでたくさん買うんですけど、最近ウェアばっかり買ってて私服は買ってないくらい!ファッションとして楽しんでいます♡私もあまりストイックじゃないので、トレーニングじゃないところにも楽しみを見つけないとやっていけいない!(笑)もし、続かないな〜って方は、何か楽しみを見つけるのもいいかもしれないですよ♡

 

福井仁美さん、ありがとうございました!笑顔がとっても素敵で、人柄も良くて大ファンになりました♡トレーニングはムキムキになるものではない、ということ、一緒に広めていきましょうね〜!今後のご活躍も期待しています!

福井仁美

福井 仁美

早稲田大学第一文学部を卒業後、タレント・モデル・ラジオDJ・実業家など多方面で活躍。TWIN PLANET所属。旅行が趣味で、特に好きなハワイ渡航歴は50回以上に及び、ハワイエキスパートの資格も取得。
Instagramブログ

text:Eri Sakata

お気に入りに登録help
お気に入りのコンテンツをクリップするとMY PAGEから読み返せます。

RANKING

人気の高い記事をご紹介!

KEYWORD

人気のキーワードをご紹介!

common instagram

    View on Instagram