common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

「普通に太りますよ!」フードファイターが明かす、大食いでも太らない方法

2019.6.14
健康ブームの今。体のためと食生活に気を使う人が増える一方、日々、膨大なカロリーを摂取するフードファイターたちもいます。彼らはどうやってスリムな体を保っているのでしょう。今回は大食い声優の七瀬なゆさんに、お肉の大食いにチャレンジしていただきながら、大食いなのに太らない秘訣について聞いてみました。

なぜ太らない!?大食いフードファイターたちの謎を解明!

常人を超えた食欲を持つフードファイター。でも意外にも太っている人って少ないですよね。一説によると某大食いタレントの腸内フローラはビフィズス菌の量がハンパなく多く、それが食べても太らない理由では・・・とも言われていますが、彼らはどのように健康とスリムな体形を維持しているのでしょうか?

そんな疑問を解決すべく、オファーしたのは大食い声優として活動する七瀬なゆさん。

七瀬なゆ全身

声優、タレントとして活動する七瀬なゆさん。見た目のすらっとモデル体型からはまったく大食いのイメージは湧かない。

普段はどれくらい大食いなのか尋ねると「『ラーメン二郎』が大好きで、注文するのはいつも油とにんにく増しの大盛り。いつもおいしく完食してます。お肉だったらステーキ450gとライス2皿はいけますね(にっこり)。」との返答が。細い体のどこにそんな量がはいるのでしょう・・・。

大食い美女が1kgの肉に挑む!

そんな彼女と訪れたのは、こだわりの肉料理が味わえる「焚火家 渋谷店」。看板メニュー「肉のヒマラヤ」でいくらでも登り放題(食べ放題)できるキャンペーン「肉のヒマラヤアンリミテッド」(10,000円)を実施しています。肉好き垂涎の大食いに挑みましょう!

焚火家渋谷店の前にて

「私すごく負けず嫌いなので、今日も完食目指して頑張ります」と気合十分のなゆさん

・「肉のヒマラヤ」とご対面!

肉のヒマラヤ

看板メニューの「肉のヒマラヤ」が、まずは1kg。こちらをすべて食べきれば、制限時間内で好きなだけ肉を追加できるというのが食べ放題のルール。※4名までは1セット、5名以上は2セットの注文が必要)

席に着いたなゆさんの前に、本日の対戦相手である「肉のヒマラヤ」が登場。どどんっとインパクト抜群のブロック肉の重量は約1kg!!!あまりの大きさに言葉を失う取材班をよそに、なゆさんは「見てるだけで楽しい」とにっこり嬉しそう。戦いのゴングを鳴らす前に、まずはお肉を網の上で焼いていきます。

肉のヒマラヤと顔の大きさ

「おお、ずっしり重い…! こんなに大きいお肉を食べるのは初めてです」となゆさん。顔に近づけるとお肉の大きさが一目瞭然。

「肉のヒマラヤ」にはオーストラリアのワインの搾りかすを食べて育ったブドウ牛を使用。ランイチというランプとイチボのいいとこ取りの部位で、柔らかく食べやすいのが特徴なんだそう。

肉を焼く

トングでひっくり返しながらジュージュー・・・辺り一面に香ばしいいい香りが漂います。全面にしっかり焼き目がついたら完成

Posted by admin