common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

【前編】元宝塚女優とギャルブロガーが挑む美ボディコンテストに密着♡ わたしが挑戦する理由

2017.10.24

2017年9月、都内某所で行われた「サマースタイルアワード ドリーム2017」。そこに選手として挑んだ”みれたん”こと美麗さんと、”りなぽよ”こと迫田里奈さん、二人の女性に密着取材!見た目も職業も経歴も違う二人が、それぞれ大会に懸ける秘めたる熱い思いとは…?大会前から当日までをcommonが密着取材!2人を待つのはどのような結果なのか?!前編では、大会を数日後に控えたお二人にインタビューしてきました。

2017年9月に開催された、夏が一番似合う男性・女性を決める大会「サマースタイルアワード ドリーム2017」。今年は【スポーツモデル部門】とは別に、フィットネス・トレーニングを通して手に入れた健康的で魅力的な美しいスタイルを競い合う【ビューティーモデル部門】が新設されました。従来の部門よりも筋肉量が重視されないため、トレーニングを始めたばかりの人でも挑戦しやすいのが特徴です。

そんな【ビューティーモデル部門】への出場を数日後に控えたお二人を直撃取材!これまでの経歴や現在の職業、出場することになったきっかけをお話ししていただきました。

元宝塚!“みれたん”こと美麗さん

『役者としての幅を広げたくて』

「サマースタイルアワードに2年連続で出場して入賞もしている、モデルでブロガーのゆんころさんが審査員として参加するというのを知って、憧れのゆんころさんに観て欲しいという思いから出場を決意しました。」

キュートな笑顔が印象的なみれたんは、なんと元宝塚歌劇団員!現在は役者として活躍の幅を広げているという彼女が出場を決めたきっかけは、憧れのモデル・ゆんころさんの存在が大きかったようです。役者としての幅を広げたかったとも話しています。

人気ブロガー。“りなぽよ”こと迫田里奈さん

『将来に不安、進む道に迷っていた』

「人前に出ることも恥ずかしいし、人見知りだし、ネガティブだけど、そんな自分を変えたいという思いがあって。フィットネスは努力した分が全て体に出るから、自分を変えるきっかけになるんじゃないかと思った。」

一見強気そうな見た目とは裏腹に自分に自信がないと話すりなぽよ。努力が目に見えてわかるフィットネスで競い合う今大会に出ることをきっかけに、自分に自信が持てるのではないか、将来やりたいことが見つかるのではないかと思い、出場を決意したようです。

※美麗さんはビューティーフィットネスモデル部門163cm〜、迫田里奈さんはビューティーフィットネスモデル部門〜163cmとスポーツモデル女子部門のWエントリー

見た目も経歴も、出場するきっかけも全く異なる二人。出る部門が違うので直接対決とはならないものの、目指す場所は同じ「サマースタイルアワード ドリーム2017」での“優勝”。トレーニング法やモチベーションにはどんな違いがあるのでしょう?

1、トレーニング&食事

みれたん

「トレーナーさんをつけて、ヒップが垂れていたなぁと感じていたので、ヒップを中心にトレーニングしています。食事はタンパク質を多めに摂っていて、1番食べるのは鶏胸肉のたたきですね。」

りなぽよ

「トレーナーさんをつけずに24時間ジムで一人でトレーニングをしています。トレーナーさんがいるとできることも自分一人だと難しかったりするけど、何故できないのかと自分と向き合えるので今回はトレーナーさんをつけずにやってみようと思いました。外食もコンビニも何が入っているのかわからないので、鶏胸肉とささみを調理してタンパク質を摂ってます。」

鶏胸肉は共通なものの、トレーナーをつけているみれたんと一人でトレーニングを行っているりなぽよ。ここでも対照的に見える二人。そんな二人が、大会に懸ける思いとは?

2、大会への意気込み

みれたん

「今までやってきたトレーニング、セミナーで教えてもらったポージング、見せ方などを思い出して、全力で出して出し尽くしたいと思います」

りなぽよ

「今まで目標もなくダメダメな私だったけど、一つの大会を目標として頑張ることによって体も変わるし、1番は内面が変わった。自信が出たので大会当日笑顔に反映できたらいいなと思う。何より大会自体を楽しみたいです。」

それぞれ大会への熱い想いを語ってくれた二人。目指すのは共に“優勝”です!果たして当日の結果は…?

後編へつづく。

director:Ryohei Horigome

text:common編集部


LINE@友達追加


美尻特集

Posted by admin