【特別企画】ホットリンク内山氏×ランサーズ秋好氏によるスペシャル対談① 〜フィットネスで変わったのは身体だけじゃない〜- common(コモン) | フィットネス&ライフスタイルマガジン

毎日をアクティブに楽しみたい女性に贈る、フィットネス&ライフスタイルマガジン

フィットネス・ライフスタイル情報ならcommon

フィットネス・ライフスタイル情報ならcommon

  • login
  • search
アカウント登録/ログイン画面はこちらから!

【特別企画】ホットリンク内山氏×ランサーズ秋好氏によるスペシャル対談①
〜フィットネスで変わったのは身体だけじゃない〜

2018.10.17

commonスペシャル企画、有名企業の代表取締役社長お二人によるトレーニング対談!株式会社ホットリンク代表取締役社長・内山幸樹(うちやま こうき)さんと、ランサーズ株式会社代表取締役社長・秋好陽介(あきよし ようすけ)さんにトレーニングに関わるさまざまなことを対談していただきました。

経営者が語る、フィットネスと自身の変化

ソーシャルリスニングツール「クチコミ@係長」の提供をはじめSNSマーケティング支援を行う株式会社ホットリンク代表取締役社長・内山幸樹さんと、フリーランス総合支援プラットフォームを提供するランサーズ株式会社代表取締役社長・秋好陽介さんのお二人による豪華対談がcommonで実現!!

有名企業の経営者であるお二人ですが、今回は経営についての対談ではありません。お二人の共通点であり関心事である、フィットネスについて語っていただきます!経営者のスペシャリストのお二人を招いているのに大変申し訳ないのですが、経営に関するお話はほとんどございません!!

全3回に渡って、フィットネスとお金のこと、仕事のことなどを経営者目線でお二人に意見を交換していただきます。

初回の今回は、フィットネスを始めたきっかけ、始めて変わったことや、フィットネスのおかげでコミュニケーションが国境を超えたことまでお話いただきました。

筋トレは経営より楽じゃない!?

——内山社長、秋好社長、今日は経営についてではなくフィットネスについての対談ですが、よろしくお願いします!

内山社長(以下、内山):お願いします!いつものインタビューとは違う内容だから、楽しみだね。なんてったって僕ら、ITカンファレンスでさえ登壇しても経営のことを語らずに、筋トレのことを語るくらいだからね!

ランサーズ秋好社長 ホットリンク内山社長

(写真左:秋好氏、右:内山氏)

秋好社長(以下、秋好):“ベンチプレスをあげるあの瞬間に比べたら他のことなんか楽かもしれない!”なんて話しましたね。今日はよろしくお願いします!

——経営者のお二人に経営のことを聞かずに申し訳ないですが、よろしくお願いします!お二人に対抗意識を植え付けたいわけではないのですが、お互いに“ここは負けてないぞ”という身体のパーツはありますか?

内山:う〜ん、負けていないというより、僕たち二人の目指す身体のタイプが違うんです。秋好さんは細マッチョ系で、僕は逆三角形のロナウド系を目指しています。なので、「君の身体は僕、目指してないんだよねぇ」と言って優越感に浸ります。(笑)

秋好:そうですね。僕はあまり大きくせずに腹筋中心にやっています。腹筋と体幹なら負けない自信あります!重量なら内山さんの方が断然できると思います。

体型の変化に危機感。目標に向かってトレーニングを本格化

——そもそも、お二人がトレーニングを始めたきっかけはなんですか?

内山:トレーニングを本格的に始めたきっかけは二つ。一つは会社を立ち上げたばかりの頃、毎日仕事を必死にしていて、デスクの下で寝て、起きたらそのままデスクでプログラミングをして、というように会社の中で24時間を過ごしていました。すると、どんどん痩せていってしまったんです。そんな生活を続けていたんですが、ある時、“経営者として常に戦う心と身体を鍛えておかないと”と思い立ち、キックボクシングを始めました。それからトレーニングに移るのですが、最初はほんの趣味程度だったんです。

株式会社ホットリンク内山幸樹社長

本格的にトレーニングに打ち込んだのは、去年の1月。アメリカの会社を買収したので、そのマネージメントをするためにはグローバルのマネジメントを学ばなければいけないと思い、ワシントンで行われた世界のリーダーが集まる「グローバルリーダーシップアカデミー」というものに参加しました。そこでは世界中から集まった経営者が、毎朝6時に起こされてワークアウトを全員でさせられて、汗を流したあとは瞑想をして、毎日日記を書かされるという、マインドフルネスを徹底的に仕込まれるんですよ。その時に、“あ、これいいな”と強く感じたんです。日本に帰ってきて、これを習慣化するためにはやっぱり目標がないと続かないな、と思い、「ベストボディジャパン」に出てみよう!と決意。それを目標に頑張り始めたのがきっかけですね。

秋好:会社の立ち上げで仕事ばかりしていた頃、内山社長は「痩せた」とおっしゃいましたが、僕は開発などでPCとニラメッコな生活で、逆にめちゃくちゃ太ったんです。知り合いの経営者に、「秋好くん、身体を鍛えなさい。トレーニングってすごくいいから。一人だと続かないから、週1回パーソナルトレーナーつけてやってみなよ」と言われたのが4年ほど前。そうかな、と思ってやり始めたのがきっかけですが、ジムに通う習慣ができたのはよかったのですが、週1回だけのトレーニングじゃ大きくは変わりませんでした。

ランサーズ株式会社秋好陽介社長

それでも細々と週1回のトレーニングを2年ほど続けていた2016年、社員も150人くらいに増えて、会社でさまざまな課題が山積し、“このままではいろんなことがきついな”と思った瞬間があったんです。会社の状況や組織そして自分自身もこの身体では本当に無理だな、と。

内山:それは体力的な話で?

秋好:いや、なんでしょうね、とにかく全てを変えようと思ったんです。破壊思考なんで、一度全てを壊して、身体、生活習慣も何から何まで変えよう!と。それで、どうせやるんだったら何かに挑戦しようと思い、雑誌の表紙コンテストがあったので、そこに向けてトレーニングをしたのがきっかけですね。

トレーニングをすることで内面に変化が

——そうだったんですね。トレーニングを始めて変わったことはありましたか?

秋好:物事に対して優しくなりました。筋トレするから優しくなるというより、自分自身が安定するんですよね。世の中いろんな変数があるじゃないですか。会社のこともそうだし。自分自身も今までは身体も心も不安定な時があったんですけど、筋トレをすることによって安定するんですよ。変数じゃない。そこは考えなくて良くなったからか、なんか優しくなれるんです。

ランサーズ株式会社秋好陽介社長 株式会社ホットリンク内山幸樹社長

内山:本当にわかる。全く同感で、言いかえると、会社がうまくいかないことっていっぱいあるんですよ。その時に競合が強いのか、戦略が悪いのか、商品が悪いのか、自分が社長としてダメなんじゃないかとか、いろんな悪いサイクルに突入していくんですけど、そうやって思い始めると何にも進まなくなってしまう。ところが、筋トレをして日々成長していく自分、目標に向かって進んでいる自分がベースにあると、“自分は社長として大丈夫なんだ”と、お腹の底で安心感が湧く。そこで、じゃあ戦力を変えよう、プロダクトを変えようだとか、とにかくやるしかない!と考えるようになりました。

秋好:精神がとても安定しますよね。あと、感覚的に経営って不確実なことが多いじゃないですか。でも筋トレってすればするほど成果が現れるんで、24時間のうちに確実性のある事があるっていうのも、精神安定につながるのかなと思いますね。会社経営は確実という事はないですから。

内山:成長できてる実感があるからね、筋トレは。その「安定」という部分と、僕はもう一つ、アグレッシブになる、ポジティブになるというところを感じていますね。例えばベンチプレスで、“もう上がらない!”という限界のところを、“もう一回!”と最後の力を振り絞ってグッと上げる。限界を超えるという経験を、筋トレをしているわずか数十分の間に何度もできるわけです。そうすると、仕事で何か困難なことがあっても、“やるしかないな”という気持ちになる。身体が体験として、限界を超えることを知っているから。

朝の筋トレ+瞑想でスッキリした気分で仕事へ

秋好:内山さんは、1日の中でいつトレーニングを取り入れるのが1番パフォーマンス上がりますか?

内山:僕は朝に筋トレと瞑想をしてから会社に行くのが1番いい

ランサーズ株式会社秋好陽介社長 株式会社ホットリンク内山幸樹社長

筋トレと瞑想の順番は、起きてすぐ瞑想するのではなく、筋トレをした後に瞑想するのが絶対にいい。なぜかというと、朝起きてすぐ瞑想すると、まだ眠い状態なので眠くなってしまったり、“あれも問題だな、これも問題だな”と考えが巡ってしまうんです。でも筋トレをすると、ホルモンバランスもよくなって、アドレナリンも出る。その状態で瞑想をすると、悩むというよりも“どうやったら解決できるかな”というポジティブ思考に変わるんです。

秋好:僕も順番一緒ですね。朝7時にジムへ行って筋トレを30分、それから30分走って、30分サウナで瞑想してから会社へ行く。今日もそうしてきました。筋トレをすると、いろんなもの全てが身体の外に出ていく。瞑想って「無」が大事なんで、その状態で瞑想すると雑念があまりない状態になれます。スッキリして、朝優しい気持ちで仕事に取り組めます

——朝に筋トレをすると疲れ切ってしまうなんてことはないのでしょうか?

秋好:疲れの種類が違うんです。スッキリした疲れというか。

内山:僕は本格的に始めてから、正直午前中眠くなることはあったんです。だから最初の頃は、“朝のトレーニングは良くないのかな”とも思ったのですが、続けて行くと慣れてきて全然眠気がこなくなりました。あとはサプリメントを取っているからかもしれないです。疲れの度合いがすごく減りました。

秋好:さすがですね。サプリって何取ってるんですか?

ランサーズ株式会社秋好陽介社長 株式会社ホットリンク内山幸樹社長

内山:僕みたいな素人が言っても参考にならないかもしれないけど、運動前にBCAA、トレーニング後はグルタミン、プロテインも飲んでいます。

秋好:かなり取ってますね!ちなみに、プロテインって筋トレしない日も毎日飲んでいますか?

内山:うん。朝晩飲んでいます。1日取らなきゃいけないタンパク質量って食事だけじゃなかなか取れないから、プロテインは必ず飲むようにしていますね。

秋好:素晴らしい!僕は最近サボりがちなんで、やっぱり飲まないとですね。

筋トレが国境を超えた!

——お二人の会社の社員さんの中で、社長に憧れてトレーニングを始めた方はいらっしゃいますか?

秋好:僕に憧れているかどうかはわからないですが、僕がトレーニングをしていることによってトレーニングに興味を持つ社員は増えましたね。特に男性社員から、「どこでやっているんですか?」とか「どうやったらいいんですか?」などと聞かれることが多いです。みんな身体が好きなんだな、と思いました。

内山:みんな素直だね。うちは、社員アンケートで、“会社をよくするためにはどうしたらいいと思いますか?”という項目に「ジムに通う補助金出して欲しい」とか書いてて、意外とみんなやりたがっているんだなと思いました。でも社員よりも、周りの経営者が聞いてきますね!一緒にご飯を食べに行くと、「どうやって鍛えてるの?」ってすっごい聞かれる。経営者の方が、自分がこれやりたい!と思った時に、その情報を掴みに行く貪欲さは強いですね。

秋好:そうですよね。特に、内山さんは経営者仲間の中でも、筋肉経営者で有名ですからね。

内山:アジアの経営者が200人くらい集まるイベントで、僕の経営のチャレンジをスピーチする機会があって、その最後に身体のチャレンジのことも喋ったんです。そうしたら、スピーチが終わった後に僕のところにみんながわーっと寄ってきて、筋トレの事で話が盛り上がりました。

ランサーズ株式会社秋好陽介社長 株式会社ホットリンク内山幸樹社長

イベントが終わって何ヶ月か経ったある時、そのイベントに出ていた海外の経営者が僕にFacebookで自分の身体の写真を送って来たんですよ。「ここまでなったぜ!」って。それは嬉しかったですね。僕、世界の経営者にインスパイアしているんだ、って。(笑)

秋好:それはいいですね。身体で異文化コミュニケーション!

 

内山社長と秋好社長に、トレーニングを始めたきっかけや始めて変わったことなどを語っていただきました。トレーニングを始めて身体が変わるだけではなく、心も前向きに変わっていったことを教えてくれました。次回は気になるお金のことや、フィットネスが仕事に与えた影響なども語っていただきます!お楽しみに!

内山幸樹

内山幸樹

株式会社ホットリンク代表取締役社長。東京大学大学院在学中に、日本最初期の検索エンジンの開発に関わり、博士課程を中退し検索エンジンベンチャーの創業期に加わる。2000年に株式会社ホットリンクを設立、代表取締役社長に就任。2013年に東証マザーズに上場。2015年には米国企業を買収し海外展開をスタート。SNSマーケティング及びソーシャルリスク対策の領域におけるソリューション、SaaS、ソーシャル・ビッグデータ販売などのサービスを展開。
https://www.hottolink.co.jp/

秋好陽介

秋好陽介

ランサーズ株式会社代表取締役社長 CEO。大学卒業後、大手IT企業に新卒入社。複数のインターネットサービスの企画運営を担当。仕事の受発注、両方の立場を経験したことから、個人と法人のマッチングサービスを思い立ち、2008年、ランサーズ株式会社(旧 株式会社リート)を創業。2018年、創業10年目を迎え、フリーランス総合支援プラットフォームとして、既存サービスの品質向上、新規事業の創造に取り組む。
https://www.lancers.co.jp/

text:Eri Sakata

LINE@友達追加

美尻特集

オトナ恋愛部特集

ライター募集

お気に入りに登録help
お気に入りのコンテンツをクリップするとMY PAGEから読み返せます。