【インタビュー】出会うべき人だった♡GENKINGが語る、彼氏との馴れ初め、ラブラブエピソード- common(コモン) | フィットネス&ライフスタイルマガジン

毎日をアクティブに楽しみたい女性に贈る、フィットネス&ライフスタイルマガジン

フィットネス・ライフスタイル情報ならcommon

フィットネス・ライフスタイル情報ならcommon

  • login
  • search
アカウント登録/ログイン画面はこちらから!

【インタビュー】出会うべき人だった♡GENKINGが語る、彼氏との馴れ初め、ラブラブエピソード

2018.10.4

タレント・モデルとして大活躍中のGENKING(ゲンキング)さんに、彼氏のことや恋愛観について色々と聞いてみました♡ラブラブでいられる秘訣も教えてくれたので、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか?

GENKING(ゲンキング)さんに彼氏のことや恋愛観を深掘り取材♡

2017年5月、タイで性転換手術を受け女性へと生まれ変わった、GENKING(ゲンキング)さん。戸籍も女性に変更し、本名も元輝(げんき)から沙奈(さな)へと変更しました。

現在テレビや雑誌など幅広く活躍中のGENKINGさん公式Instagramのフォロワーは、なんと98万人超え!!!!(2018年9月26日現在)スキンケア方法やメイク方法、スタイル維持の仕方が知りたい!と、毎日女性ファンからたくさんのコメントが送られてきているほど、彼女のライフスタイルは世の女性たちから注目されているんです。

そんなGENKINGさんに、commonがインタビューを決行!女性としての美しさの秘訣や辛い時の乗り越え方、恋愛のことまで深掘り取材させていただきました。

第1回目は、GENKINGさんの美の秘訣について教えていただきました。第2回目の今回は、彼氏のことや恋愛観について語っていただきます♡

▽第1回目のインタビューはこちら!
【インタビュー】「今の自分が一番好き」GENKINGが語る、現在の美しさにたどり着くまで。

彼は私を正しい道へ戻してくれた人

——現在、付き合っている彼氏と同棲中だということを公言しているGENKINGさんですが、GENKINGさんにとって彼氏はどんな存在ですか?

GENKING現在彼氏

彼は、私を変えてくれた人

彼と出会ったから、着飾った派手な自分をやめようと思って、金髪をやめて、ネイルも派手なスカルプネイルから自爪に変えました。着ていた派手な服も全部断捨離した!金髪の頃の面影、ないでしょ?彼はあまり着飾らずに、いいものを少しだけっていうタイプなんですよ。いい車さえ乗ってればアクセサリーもいらない、みたいな。

私、昔はシャツなら3900円のものを20枚くらい持ってたんだけど、今は5万円のシャツを1枚だけ買って、それをずっと着てる。デニムも、いいものを一本だけ。靴も、安い靴ってすぐダメになるし、雑に扱ったりしちゃう。でも、ルブタンとか高い靴だと大切に扱うし、ここぞという時にしか履かないから長く使える。長い目で見たら、いいものを買った方が結果安上がりなんですよね。

彼からそれを教わってから、クローゼットの中身が6分の1くらいの量に減りました。

ご飯も昔はブッフェとか食べ放題もよく行ってたけど、歳を重ねるとそんなに量も食べられないから、本当に美味しいものをちょこっとだけつまむのがいい。彼と出会って、「いいものをちょっとずつがいい」ってことに気づいた

ライフスタイルもすっかり変わって、あんなに遊んでいた私が今の趣味はゴルフで、週3回くらい彼と二人で回ってる。彼は、やんちゃで荒れていた私を、人として正しい道へ軌道修正してくれた。すごく感謝してます。

チャラチャラしてない、硬派なところが♡

——確かに金髪の頃とはイメージが全然違って、今はやわらかい印象を受けます。GENKINGさんを変えてくれたそんな彼氏のどこが好き?

良くも悪くも、私のことを大好きすぎるところ!好きすぎて心配されちゃうの。あとは優しいし面白いし、男らしい。すっごくモテるから危険なの!だからず〜っと一緒にいます。

——そうなんですね♡好きになったきっかけはなんだったんですか?

GENKING彼氏恋愛 沙奈

硬派だったんですよね。チャラチャラしてない。今の男の人って、ファッションもライフスタイルも派手な人が多いじゃないですか。彼はそうじゃなくて、ファッションも、男は黙ってデニムにTシャツ!みたいな人。ギラギラしてない、アクセサリーもつけていないし。私にとって唯一無二の存在です♡

——彼氏と一緒にいるときは甘えるタイプですか?

うん♡彼はそういうタイプじゃないけど、私は大好き大好き♡ってなっちゃう!

出会うべき人はみんなにもいる

——彼氏との印象的なエピソードを一つ教えていただけますか?

彼と付き合い始めた頃にタイで性転換手術をしたんだけど、その時わざわざタイまで来てくれたんです。その時に、「この人は、出会うべき人だったんだな」って思ったの。来てくれたことが本当に嬉しくて。だって、女だと思っていた私が実は男だったのに・・・そこも受け入れてくれた。

世間の目や友達の目もあるから、私と付き合うのも、私のことを“彼女”って言うのも、彼にとってはすごく抵抗があったと思うし、悩みもあったと思う。でもそういうのをひっくるめて私のことを“彼女”って言ってくれたし、彼の大事な友達に紹介もしてくれた。そこで私、「あぁ、本当に彼に大切にされているなぁ」って思ったの。

GENKING彼氏恋愛沙奈

彼と出会ったタイミングで女の子生まれ変わって人生をリセットしているから、今「付き合った人数何人ですか?」って聞かれても、彼一人だけ。本当に彼と出会えてよかった!そういう人が必ずみんなにもいると思う。たとえその人とうまくいってもいかなくても、絶対にきっかけをくれる人っていると思うんだ。恋愛って生きているうちの通過点で、結果が全てではないから。

男の胃袋を掴みたいなら、子供が好きなメニューを作るべし!

——素敵なお話ですね!!Instagramのgenkingkitchenアカウントで見事なお料理の腕前を伺えますが、彼氏の胃袋を掴んだ料理ってなんですか?

ん〜、強いて言うならカレーライスじゃないかな?彼がカレーライス大好きだから。

あ、これは女の子に言いたいんだけど、肉じゃが作れば男の胃袋つかめると思ってるのは大間違い!そもそも男は肉じゃがとか、煮物があんまり好きじゃないと思うよ!(笑)私も彼に煮物なんて作ったことないなぁ。

男の人が好きなのは、カレーライス、エビフライ、ハンバーグ、ナポリタンとかオムライスとか、子供が好きなご飯だと思うの!だから男の胃袋掴みたいなら、幼稚園児が好きなご飯を作ってみたらいいんじゃないかな?

カレーライスにパプリカ乗せたり、お洒落っぽくパセリかけたりする子っているけど、男の人はおしゃれさや、見た目の綺麗さなんて求めてないと思う。もしお料理が苦手なら、美味しいお味噌汁の作り方だけ覚えて、ご飯とウインナーとかで十分。凝った料理なんて必要ない!

愛されるためには、愛すること。

——いろいろと勉強になります!あとは、彼氏と仲良くやっていくために、気をつけていることってありますか?

駆け引きをしないこと恋愛の始めとか、付き合う前とかの駆け引きなんて絶対に良くないよ!

genking ゲンキング 恋愛彼氏結婚

私の場合は、不安になったら「今何やってるの?」とか「どこにいるの?」ってすぐ連絡しちゃうし、思ったことはストレートに言う。「これ言ったら重たいと思われるから言わない」という我慢はしない。女の子ってそういうの我慢しちゃいがちじゃないですか?私も我慢することがあったけど、もやもやするのが嫌だから、彼が遊びに行くのが嫌だなと思う日は、「嫌だ」ってはっきり言う!不満があったら、溜め込まずに直接言う。私は友達に相談しないし、嫌なことは彼に直接言う。その分喧嘩もあるけど、でもぶつかった方がいいですね。

そのかわり、彼が私に対して「嫌だ」って言うこともちゃんと受け入れている。受け入れられないことがあったとしたらちゃんと話し合うし、なんでも言い合いますね。隠し事はしません。報・連・相はしっかりする約束なので、お互いどこで何をしているのかは常に把握しています。

——素直でいることが1番なんですね。最後に、女性が彼氏から長く愛されるために必要なことってなんだと思いますか?

愛されるためには、愛すること。私、愛されたいってあんまり思わないかも。求めない。ちゃんと大切にされていればいいかなって思う。

それから、私は彼を自分のものだと思っていない。よく女の子って彼を自分のもののように言うけど、そうじゃない。誰のものでもない。自分のものだと思うと、うまくいくものもそうじゃなくなってしまう。自分の心にゆとりを持つことも大事だと思いますね。

 

GENKINGさん、ありがとうございました!彼氏とのラブラブな様子がうかがえて、幸せをおすそ分けしてもらえました♡次回の記事では、いつでも明るくいられるGENKINGさんに、辛い時の乗り越え方や、これからの目標などを語っていただきました。10月12日配信予定です!お楽しみに!

GENKING

GENKING (photo©︎SHUICHI TSUNODA)

インスタグラムで“美しすぎる美男子”として注目され、“SNS” から “芸能界” へ進出という流れを作った先駆け的存在。2017年芸能活動をセーブし人生最大の決断 “性別適合手術” を受ける。 ついに心の性と体の性が一致し、戸籍も“真の女性”になることができた。 男性→ユニセックス→女性と3度の人生を経験したからこそ、性や恋愛に関して 同じ悩みを持った全ての人たちが少しでも前向きになれるキッカケになりたい。 そう願う彼女=GENKING第2章は、 “美容” “料理” “ファッション”の分野から独自のカルチャーを発信していく。
Instagramお料理アカウント

text:Eri Sakata

LINE@友達追加

美尻特集

オトナ恋愛部特集

ライター募集

お気に入りに登録help
お気に入りのコンテンツをクリップするとMY PAGEから読み返せます。