common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン

【医師監修】糖の吸収を抑えるって本当?「トクホ」と「機能性表示食品」の違い

2018.8.29

サプリメントや健康食品などに記載されている「特定保健用食品(トクホ)」や「機能性表示食品」やといった表示。一体、どんな違いがあるのかきちんと知っていますか?気になる事実を、減量外来ドクターの工藤 孝文(くどう たかふみ)先生に詳しく教えてもらいました。知っておいて損はないですよ!

あまり理解されていない、保険機能食品について

サプリメント 女性

健康に対する人々の意識が高まっている昨今。サプリメントや健康食品、飲料などさまざま商品に「特定保健用食品(トクホ)」や「機能性表示食品」、「栄養機能食品」といった表示がなされるようになりました。誰でも一度は目にしたことがあるはずです。

1991年に保健機能食品の制度が定められ、始めに「特定保健用食品(トクホ)」がスタート。その後、2001年に「栄養機能食品」、2015年に「機能性表示食品」が導入されました。

「糖の吸収をおだやかにする」などと表示されていると、健康に良い感じがするので、つい選んでしまうという方も多いのではないでしょうか。しかし、どのような基準で定められたものなのかは、あまり知らない方がほとんどだと思います。そこで今回は、機能性表示食品について詳しく解説していきます!

ダイエット成功の秘訣とは?

ダイエットには運動も大事ですが、実は食事が8割なのをご存知ですか?

特に糖質を制限することによって、血糖値の上昇を抑え、インスリンの分泌量を減らせば、脂肪がつきにくい体になります。糖質制限中の1日あたりの糖質量は70g~130g程度を目安にすると良いでしょう。摂りすぎた糖質を抑制すれば、ダイエットに繋がり、しかも病気のリスクを下げてくれます。

▼参考
ご飯茶碗一杯(150g)の糖質量:53.4g
食パン1枚当たり(6枚切り)の糖質量:26.6g

でも、食事の度に糖質量やカロリーの計算をするって大変ですよね…。そこでオススメしているのが、糖質制限された健康的な食事を宅配してくれるサービスです。これを活用すれば、楽に継続ができるため、ダイエット成功の近道となります。

最近では多くのサービスがありますが、ここでは「nosh(ナッシュ」をオススメしたいと思います。noshの特徴は、【低糖質】で【健康的】なことに加えて【安くて美味しい】ということです。

▼メニューの特徴
1.シェフと管理栄養士が開発
2.全てのメニューが糖質30g以下
3.全てのメニューが塩分2.5g以下


※画像をクリックするとメニューの一覧を見ることができます。

「nosh」がなぜここまで人気なのか?

単純ですが、コンビニ弁当よりも安くて、美味しくて、しかも糖質やカロリーが計算された健康的な食事を宅配してくれる便利なサービスだからです。メニューも豊富なので、飽きることもなさそうです。

ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。リンクを貼っておきますので、気になる方はこちらからチェックしてみてください。

「トクホ」と「機能性表示食品」の申請方法の違い

「特定保健用食品(トクホ)」と「栄養機能食品」、「機能性表示食品」は、いずれも食品に機能性の表示ができる制度です。それぞれの違いを見ていきましょう。

申請方法 研究者

「特定保健用食品(トクホ)」は、国が機能性について調査を行います。消費者委員会や食品安全委員会などが有効性や安全性を検証する仕組みになっており、その際、人を用いての試験も行われます。それらをすべてクリアすることで、機能性を表示して販売することができます。
一般に、許可までに4年前後かかり、費用は数千万~1億円かかると言われています。大手メーカー以外はなかなか取得が厳しいという現状もあるようです。

一方、「機能性表示食品」の場合は、国が調査を行わなくても、メーカー自らの責任で科学的根拠を示せば登録が可能です。安全性についての試験などは、特に行われないこともあります。販売の60日前までに消費者庁への届け出は必要ですが、「特定保健用食品(トクホ)」に比べ、易しい基準だと言えるでしょう。

「栄養機能食品」は、主に成分が対象。例えばパッケージに記載されている、『ビタミンAは~の機能を助ける栄養素です。』『カルシウムは~に必要な栄養素です』といった表示です。国への申請は必要なく、国が定めているビタミンやミネラルといった20成分の上限、下限値に適合していれば、栄養成分の機能を表示し販売することができます。

「トクホ」と「機能性表示食品」の表示はほぼ同じ!?

申請方法には違いのある「特定保健用食品(トクホ)」と「機能性表示食品」ですが、商品に表示される内容には、実はさほど違いがありません!『お腹の調子を整える』『脂肪の吸収を抑える』『肝臓の機能をサポートする』といった表示は、どちらの商品でも可能となっています。

そのため、パッケージを見ただけでは、どちらの分類なのか分からないことはほとんどです。一部では、時間と費用をかけて国が調査したものと、メーカー独自の調査のみで許可の下りるもので、同じような表示ができてしまうのは、いかがなものかと疑問視する声もあります。

もちろん、どちらも薬ではないので、病名に触れたり、治療できるかのように謳ったりすることはできません。「~が治る」などという表現は禁じられています。

(※トクホは2005年に新設された「疾病リスク低減表示」により、カルシウムと葉酸に関してのみ、規定の表現を使用できるようになりました。)

「機能性表示食品」は情報公開している

スマホ 調べる 女性

となると、機能性表示食品について、本当に信頼できるのか疑問に思う方もいますよね。食品の機能性表示についての詳細を知りたい場合は、消費者庁のウェブサイトを見れば、試験の結果や論文などのデータが公開されているので確認することができます。

「機能性表示食品の検索」をクリックし、商品名を入力してみてください。例えば、臨床試験(人を対象とした試験)が行われたのか、研究のみなのかなど、詳細を知ることができます。難しい内容が多いですが、気になる方はぜひ検索してみてはいかがでしょうか。

「機能性表示食品」を選ぶ際には、そもそも信頼できるメーカーのものかどうかを見ることも大切ですね。その上で、自分の体調を基準にするのが一番です。続けて摂取してみて、体調にどのような変化があったかなどを観察してみましょう。

万能薬のような存在ではない!

ジャンクフード

食品に機能性があるとされている「特定保健用食品(トクホ)」や「機能性表示食品」は、それさえ摂れば健康に過ごせるなどと勘違いされてしまうことがあります。実際に、“野菜は全く食べていないけれど、サプリメントを飲んでいるから大丈夫”と思っている女性がいるのも事実です。

ですが、「特定保健用食品(トクホ)」や「機能性表示食品」によって、不健康な食生活を帳消しにすることはできません!万能薬ではないという認識をしっかり持ってほしいと思います。健康でいるためには、食べ物から栄養をバランス良く取り入れるのが理想的。その上で、補助的にサプリメントや健康食品をプラスしていきましょう。

 

工藤先生に「特定保健用食品(トクホ)」や「機能性表示食品」、「栄養機能食品」の特徴や違いについて解説してもらいました。知らなった!という方は、ぜひ食品を選ぶときに思い出してみてください。大事なことは、それらの保健機能食品に頼りすぎず、食事からも意識的に栄養を摂取することのようです。

工藤 孝文

福岡大学医学部卒業後、アイルランド、オーストラリアへ留学。帰国後、大学病院を経て、福岡県みやま市の工藤内科で診療を行う。2017年よりスマホ診療を導入。日本糖尿病学会・日本東洋医学会・小児慢性疾病指定医。 「世界一受けたい授業」「ホンマでっか!?TV」などテレビ出演多数。

text:common編集部

Posted by admin