common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

疲れがとれない原因にアプローチ!疲労回復に効く食べ方・食べ物とは

2019.7.18
いつもと変わらない生活をしているのに、最近疲れがとれない・・・。そう感じたことはありませんか?それはもしかしたら食事のせいかもしれません。食べ方や食べ物によって疲労具合は変わってくるといわれています。そこで今回は、疲労回復に効く食べ方と食べ物についてご紹介します。

疲れがとれない原因は食事!?

疲れが取れない原因は人によって異なります。運動不足で血流が悪くなっていたり、睡眠不足やストレスなどありますが、もっとも身近な感がられる原因は、食生活ではないでしょうか。特にダイエットをしている人は食事制限があるため、食事が疎かになっている可能性があります。

ただし勘違いしやすいのが、”栄養不足だからたくさん食べると疲れがとれる”ということです。

現代社会では、よほど極端な食事制限をしないかぎり、疲労を感じるほど疲れることはありません。逆に食べすぎると胃腸に負担がかかり疲れてしまうそうです。量ではなく栄養バランスを意識した上で、疲労回復に効果的な食べ物を取り入れましょう!

疲れの種類と疲れを感じるメカニズム

疲れている女性

疲れには主に『肉体疲労』と『神経疲労』、『ストレス疲労』があります。それぞれの疲労のメカニズムについてご説明します。

1.肉体疲労

人が酸素を取り入れて使うといった過程の中で、活性酸素が生まれます。活性酸素は体に侵入したウイルスを分解してくれますが、脳や筋肉などの細胞も攻撃してしまうそうです。

傷ついた細胞から排出された老廃物により発生した『FF(ファティーグ・ファクター)』が、疲労の正体です。通常発生したFFは『FR(ファティーグ・リカバー・ファクター)』によって中和されることで、疲労が回復します。しかし活動中や加齢によってFRの中和スピードに対してFFの増加スピード上回ってしまうので、疲れがたまり続けるとのことです。

2.神経疲労

私たちには交感神経と副交感神経の2つの自律神経があります。活動しているときは好感神経が、リラックスしているときは副交感神経が、それぞれ活発に働くことでバランスを保つそうです。これらは24時間働き続けているので、各疲労原因の中でも最も疲れやすくなっています。

自律神経は、ストレスや不規則な生活などが原因で乱れると言われています。

3.ストレス疲労

精神的、環境的、科学的、社会的、肉体的ストレスも疲労に関係します。これらストレスから自律神経を守るために、脳は大量の酸素や血液を使うそうです。酸素消費量が増えれば活性酸素も増加するので疲労を感じます。

Posted by admin