common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

週1回たった15分でOK!たるんだ二の腕を引き締める方法

2019.7.19

いよいよ夏本番。今年こそたるんだ身体(特に二の腕)を引き締めて、ノースリーブが着られるようになりたい!と考えている女性も多いのでは?そこで今回は、60歳を超えてパーフェクトボディを維持する、プライベートメンバーシップジムA.R.M.Tokyo認定コーチの竹村啓子先生に二の腕を引き締めるトレーニング法を教えてもらいました!

たるんだ二の腕を速攻引き締めたい!

夏服に着替えてふと鏡を見ると、ノースリーブから覗く二の腕がご立派な状態に・・・どうにかしたいけれど、忙しいしがっつり筋トレする自信はない!どうしよう!

そうお悩みの方のために今回は、「還暦でビキニになる」をモットーに掲げる竹村先生に、週にたった1回15分だけで健康的に身体を引き締められるA.R.M.トレーニングなるものを伝授してもらうことに。たるんだ二の腕に悩むライターの秋山が体験してきました!

トレーニング法を教えてくれるのはこの人!

竹村先生

『週1回15分スクワット』(みらいパブリック)の著者であり、プライベートジムA.R.M.Tokyo認定コーチとして活躍する竹村先生。年齢は驚異の63歳。還暦を越えた今なお、ビキニを着こなしているそう。それにしても若い!!!

挑戦するのはこの人!

ライター秋山

今回トレーニングに挑戦するのは、万年運動不足のライター秋山。基本デスクワークが多いため、日中ほとんどパソコンの前から動かない日も。年齢とともに代謝が下がったせいか、すっかりたるんだ身体が悩み。

週1回15分でカラダが引き締まる!A.R.M.トレーニングとは?

ライター秋山

早速ですが先生、今日はどんなトレーニングをするんでしょう?

竹村先生

私がお教えするのはA.R.M.(エー・アール・エム)というトレーニング法。アクティブ・リカバリー・メソッドの略で、ただ筋肉をつけるだけじゃなく、「一生動けるカラダを作る」ためのトレーニング法なんです。

竹村先生(左)と秋山(右)

まずはウォーミングアップ。足を肩幅に広げて壁に肩・背中・お尻をつけつま先を限界までアップ。痛くなるまで続けると、身体のバランスがとれて血流が良くなるそう

ライター秋山

健康的な身体づくりのためのトレーニングなんですね!

竹村先生

ええ、そうです。このトレーニングでは、「①短時間集中」「②限界を超える」「③習慣化」の3つがキーワード。短時間で身体を疲れさせるため、高い負荷でのワークアウトを週1回15分続けて身体を鍛えていきます。

ライター秋山

週1回15分って短か!定期的にやれば痩せますか?

竹村先生

ダイエットを目的にしたトレーニングではないですが、筋肉が整えられて基礎代謝がアップすることで、結果的に身体も引き締まると思いますよ。

ライター秋山

俄然やる気が出てきました!最近特に、二の腕のぷにぷにしたお肉が気になるんです。

竹村先生

実は二の腕のたるみって、ほとんどが“むくみ”なんです。トレーニングで上腕三頭筋という腕の筋肉のむくみをとってあげれば、自然と引き締まります。では早速始めましょう!

Posted by admin