common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

昼間眠くなる、集中力が続かない原因は・・・?

2019.7.20
あなたは何のためにダイエットをしていますか?痩せて綺麗になるためや肥満解消のためにやっている人が多いのではないでしょうか。ダイエットは頑張った分だけ体に反映されます。しかし痩せるためとはいえ無理をしてしまうと、将来寝たきりになってしまうかもしれません。今回は間違ったダイエットが起こす弊害についてご紹介します。

昼間眠くなるのは、ダイエットのせい?

昼間いつも眠くて仕方ない、何をしても集中力が続かない、すぐに疲れてしまう。思い当たることがある方は、食事を抜いてみたり、ご飯を食べるのを辞めてみたりと、無理なダイエットをしていませんか?

”来週までに3kg痩せよう”と意気込んで行動にうつすのは良いことですが、このまま続けていると、体に限界がきてボロボロになってしまうかもしれません。

自分は健康だから大丈夫!と思っていても、いずれ年をとってから影響がでることもあるそうです。ダイエットによる不調は一部の人だけの問題と思いがちですが、けっして他人事ではありません。

ダイエットは一生続きます。無理なダイエットはやめて、いつまでもアクティブな人生を送るためにできることを始めてみませんか?

筋肉枯れに注意!

筋肉は加齢によって年々減少していきます。筋肉が減少すると体のあらゆる機能が低下するそうです。運動機能が低下すれば動くことがつらくなるので、さらに運動しなくなります。そうすると筋肉がさらに減少して、より動きづらくなってしまうそうです。

これを『筋肉枯れ』といいます。

人間の筋肉量は20~60歳の間にピークの頃と比べて15~20%ほど減少するそうです。しかし過度なダイエットや運動不足が続くと、これよりももっと早いペースで筋肉が減少してしまいます。

筋肉には『体を動かす』『内蔵の働きをサポート』『代謝の向上』といった役割があります。筋肉量が減れば、これらの役割が果たせず、体にさまざまな不具合がでてくることは想像できますよね。

関節痛や腰痛、膝痛、尿もれなどが起こるようになったら注意したほうがいいかもしれません。

Posted by admin