common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

豚丼のカロリーを吉野家、松屋、すき家で比較!豚バラなど豚肉の部位別のカロリーもご紹介

2019.5.6

豚丼のカロリーは一般的にどれぐらいのカロリーなのでしょうか。今回の記事では一般的な豚丼のカロリーや、吉野家や松屋などの牛丼チェーンで提供されている豚丼のカロリー比較のほか、豚肉の部位別のカロリーも紹介していきます。豚丼のカロリーに興味がある方はぜひ読んでみてください。

一般的な豚丼のカロリーは?

豚丼とは、豚肉と玉ねぎを甘辛く煮たものをご飯の上に乗せた丼のことです。豚丼の具は家庭や提供する飲食店により異なりますが、おおむね豚バラ肉などの薄くスライスした豚肉がメインです。一般的に豚丼のカロリーは600kcalから900kcal前後です。豚肉の部位やご飯の量によっても増減しますが、おおむね700kcal前後と考えると良いでしょう。主な栄養素はタンパク質と脂質、糖質です。

牛丼と豚丼のカロリー比較ではどちらも同じぐらい

豚丼とよく比較されるのは牛丼です。牛丼も牛肉の薄切り肉と玉ねぎなどの具材を甘辛く煮たものをご飯に乗せる丼で、豚丼と構成がよく似ています。豚丼とカロリーもほとんど同じで、おおむね600kcal前後です。牛肉の部位やご飯の量などによってカロリーの増減はありますが、600kcalから900kcal前後と考えておくと良いでしょう。豚丼と同じく主な栄養素はタンパク質、脂質、そして糖質です。

焼肉丼と豚丼のカロリー比較ではどちらも同じぐらい

焼肉丼はその名の通り、焼肉をご飯の上に乗せた丼です。豚丼や牛丼も肉を焼いたものを乗せていますが、焼肉丼は甘辛いたれが肉に絡めてあるのが特徴です。焼肉丼のカロリーは一般的に700kcalから900kal前後です。豚丼だけでなく、牛丼よりも焼肉丼のカロリーは高い傾向にあるようです。どちらもお肉を焼いた丼ですが、焼肉丼の味付けとなるたれがカロリーに関係してきます。カロリーを抑えたいとはたれの分量に気をつけましょう。

店別の豚丼のカロリーはすき家が一番高い

牛丼のチェーン店では豚丼のメニューも提供しています。ここでは吉野家、松屋、すき家の3チェーンの豚丼のカロリーを比較していきます。

吉野家の豚丼のカロリーは604kcal

吉野家の豚丼は新味豚丼という名称で販売されています。甘辛のたれがからめられた豚肉と玉ねぎがご飯の上に乗っています。吉野家には604kcalの並盛のほか、アタマの大盛、大盛、特盛のサイズがあります。 また吉野家では新味豚丼のほか、ねぎ塩豚丼やキムチ豚丼、ねぎ玉豚丼など、バラエティ豊かな豚丼メニューを提供しています。各豚丼のカロリーは上に乗っている具により増減し、一番高カロリーなのがねぎ玉豚丼の703kcal(並盛)です。

松屋の豚丼のカロリーは717kcal

松屋の豚丼はネギたっぷりネギ塩豚肩ロース丼の並盛で、カロリーは717kcal です。甘辛いたれで絡めた豚肉にゴマダレがからんだ刻み葱がたっぷりと乗っています。 松屋ではネギたっぷりネギ塩豚肩ロース丼のほか、ピリ辛味の豚ビビン丼も提供しています。豚ビビン丼(並盛)のカロリーは809kcalでネギたっぷりネギ塩豚肩ロース丼よりもカロリーが高いです。 なお松屋の豚丼には、豚丼のほか味噌汁もセットになっています。

すき家の豚丼のカロリーは743kcal

すき家は吉野家、松屋に比べて豚丼の種類が豊富です。最もシンプルな豚丼のカロリーは並盛で743kcal。すき家ではサイズ展開も豊富で、ミニからメガまで6段階設定されています。 またシンプルな豚丼のほかキムチ豚丼、ねぎ玉豚丼、チーズ豚丼など複数種類の豚丼が提供されています。なお、一番カロリーが高いのはチーズ豚丼で、並盛で921kcalです。

豚肉の部位別カロリーでは最も豚バラが高い

豚肉は部位ごとにカロリーや栄養素、食感が異なります。ここでは豚肉の部位ごとのカロリーや食感、栄養素などの説明をしていきます。

豚ロースのカロリーは約260kcal

豚ロースは豚の背中あたりにある肉で、赤身が多く柔らかいのが特徴です。 100gあたりのカロリーは約260kcalで、豚肉の部位別では少し高いのカロリーとなっています。 とんかつやハムなど様々な用途に使用されている部位で、栄養も豊富なので人気があります。適度な脂身があるので、しゃぶしゃぶや焼き肉にしても美味しくいただけます。

豚バラのカロリーは約400kcal

豚バラは豚のおなかのあばら周辺にあるお肉です。別名3枚肉とも呼ばれ、角煮などを作るときにも使われる脂身の多いお肉です。 カロリーも豚肉の部位の中で最も高い、100gあたり約400kcalとなっています。 こってりとした豚肉料理を楽しむにはうってつけのお肉で、チャーシューやベーコンなどを作るのに向きます。油の旨味を味わえる場所だけに人気がありますが、カロリーが高いので食べ過ぎに注意が必要です。

豚ヒレのカロリーは約130kcal

豚ヒレは豚ロースの下の部位のお肉です。1頭の豚から多くは取れない貴重な部位で、かつ豚肉の栄養素、ビタミンBが他の部位と比較して多く含まれています。うまみもあるので、ポークソテーなど肉のうまみを味わう料理に向いています。 100gあたりのカロリーは比較的低く、130kcalです。うまみが強く柔らかいのにカロリーが低い、そして栄養価が高いため、女性や健康志向の方に人気がある部位です。

豚モモのカロリーは約180kcal

豚モモ肉はその名のとおり、豚のモモの部分のお肉です。脂身が少なくて赤身が多く、肉のうまみが強い部位でボンレスハムやチャーシューなどに使用されます。 カロリーは比較的低めで、100gあたり約180kcalほど。あっさりとしたきめ細かい肉質が好きな方に好まれる部位です。

最後に

今回は豚丼のカロリーや豚肉の部位別カロリーをご紹介してきました。豚丼のカロリーは使われている豚肉の部位や含まれる具、ご飯の量などによってもカロリーは異なりますが、おおむね600kcalから900kcalほどです。また牛丼と比較してもあまりカロリーは変わりません。豚丼を店ごとで比較すると、一番高カロリーなのはすき家の豚丼でした。また部位別には脂身の多い豚バラ肉が一番高カロリーで、100gあたり約400kcalです。ダイエット中の方は参考にしてくださいね。

岡 清華

監修者:岡 清華(おか さやか)

管理栄養士/ヨガトレーナー。管理栄養士過程 大学卒業後、健康と食の知識を深めるために、ハワイのカウアイ島にてアーユルヴェーダを学ぶ。広尾の会員制ヨガスタジオ「デポルターレヨガ」でトレーナーを務めた他、管理栄養士として食事の指導やイベント開催、メニュー開発などに携わり、現在は産業、健康経営事業にも取り組んでいる。Instagram @okasaya

text:common編集部

Posted by admin