common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

みんな大好き、きのこの山!そのカロリーや値段、たけのこの里との違いなど、きのこの山について徹底調査!

2019.4.13

子どもの頃だけでなく、休日や職場のおやつタイムなど、みんな一度は食べたことがあるであろう、きのこの山。そのかわいらしい形から、老若男女問わず人気の定番お菓子となっていますよね。今回はそんなきのこの山について、詳しくお伝えします

きのこの山の値段とカロリーは?

きのこの山の値段は取扱店舗によって異なっていますが、一般的には1箱200円前後で販売されていることが多いようです。ちなみに、コンビニ価格は194円とのこと。ネット上や安売りのセール時などには値引きされていることも多いので、値段をよく確認してから購入しましょう。
値段がわかったところで、気になるのがカロリーですよね。そこでカロリーについて調べてみたところ、1箱(74g)あたり417kcalでした。チョコレートを使用しているスナックのため、カロリーはそれなりにあるようです。

きのこの山には、長い歴史があった!

1975年に発売されたきのこの山ですが、実はそのアイデアは5年も前からあったそう。元々、きのこの山のきのこ型は、明治の先発チョコレート菓子「アポロチョコレート」の生産ラインを使って新しいチョコレート菓子を生み出せないか、という発想から生まれたものだそう。そして5年の歳月をかけて販売したところ、大ヒット!発売から4年後にはたけのこの里も発売され、現在まで老若男女問わず人気の商品としてセットで親しまれています。

きのこの山に、地域限定商品がある!?

実は、きのこの山には様々な地域限定商品があることをご存知でしょうか。その数は、なんと12種類!以下、地域限定商品ならではの商品ラインナップとなっています。

北海道限定きのこの山
・レアチーズケーキ
・ミルクチョコ&コーン

信州限定きのこの山
・巨峰ミルク

青森限定きのこの山
・あきたこまちササニシキパフ入り
・りんご

新潟限定きのこの山
・笹だんご風味
・さくさくライスパフ入り

静岡限定きのこの山
・抹茶

東海限定きのこの山
・小倉トースト

関西限定きのこの山
・きなこチョコあんこ風味
・生姜風味栗おこし胡麻味
・抹茶味ライスパフ

地域限定と言うだけあって、その地域の特産品などが多く使われているようです。旅行に行ったついでに、全国の地域限定きのこの山を買って食べ比べてみるのもおもしろいですね!

きのこの山とたけのこの里の違いって何!?

きのこの山と言えば、セットで思い出されるのがたけのこの里。どちらも、明治の人気チョコスナックですね。そこで、きのこの山とたけのこの里の違いは何かについて、まずは調べてみました。

きのこの山とたけのこの里の違い①形状の違い

まずは見てすぐにわかる、形状の違いから。きのこの山は傘の部分がチョコレート、柄の部分がクラッカーになっています。対してたけのこの里はたけのこを模した形状のクッキーにチョコレートがコーティングされています。きのこの里はきのこ型、たけのこの里はたけのこ型、わかりやすいですね。

きのこの山とたけのこの里の違い②カロリーの違い

たけのこの里1箱(70g)あたりのカロリーは391kcal。きのこの山1箱(74g)のカロリーが417kcalのため、1箱食べた場合のカロリーはたけのこの里のほうが低いことがわかりました。ただし、内容量が多いのはきのこの山。ダイエット中ならたけのこの里のほうがベターですが、満足感を求めるならきのこの山になりそうですね。

きのこの山とたけのこの里の違い③クラッカーとクッキーの違い

きのこの山はスナックにクラッカーを使用し、たけのこの里はクッキーを使用しているという違いがあります。実は、クッキーもクラッカーも同じビスケットの一種。では何が異なるかというと、クラッカーはビスケットの中でもイーストか酵素が入ったもの、クッキーは糖分や脂肪分の合計が40%以上で、かつ手作り風の外観を有しているもの、という規定があり、(社)全国公正取引協議会連合会によって定められているそうです。

知ってる!?きのこたけのこ戦争

きのこたけのこ戦争とは、その名の通り、「きのこの山」派と「たけのこの里」派が繰り広げる戦争のこと。両者の味のどちらが好みかによって派閥が分かれ、ライバル同士による議論が現在も行われています。実はこの「きのこたけのこ戦争」は明治によって公式に「きのこ・たけのこ総選挙」が行われており、たけのこの里が勝利しています。きのこの山派には辛い結果となりましたが、今後もきのこの山とたけのこの里はセットで親しまれていくことでしょう。

実は、種類いっぱい!いろんなきのこの山のカロリーを大調査!

実は、きのこの山には色々な種類があることをご存知でしょうか。あまり知られていないエスプレッソコーヒー味やいちご&ショコラなど、きのこの山の色々な種類の特徴とカロリーについても、調査してみました。

きのこの山エスプレッソコーヒー味

・1箱(64g)あたり367kcal

封を開けるとエスプレッソの香りが広がるきのこの山エスプレッソコーヒー味。エスプレッソコーヒーを再現しているだけあり、その味わいはビター。苦めのコーヒーがお好きな方におすすめの味になっています。

きのこの山とたけのこの里12袋(ファミリーパック)

・きのこの山 小袋の1袋(12g)あたり:68kcal
・たけのこの里 小袋の1袋(11g)あたり:61kcal

こちらはいわゆる「ファミリーパック」タイプとして、きのこの山とたけのこの里の小袋が全部で12袋入った商品です。小袋1袋のカロリーは低いですが、きのこの山の小袋6袋を一度に食べた場合は408kcalとなりますので、食べ過ぎないように注意しましょう。

きのこの山とたけのこの里いちご&ショコラ12袋(ファミリーパック)

・きのこの山いちご&ショコラ 小袋の1袋(12g)あたり:68kcal
・たけのこの里いちご&ショコラ 小袋の1袋(11g)あたり:61kcal

2つのいちごチョコレートが楽しめる、きのこの山とたけのこの里いちご&ショコラ。きのこの山ではいちごの華やかな香りを楽しむことができ、たけのこの里では爽やかな甘酸っぱいいちごが味わえる、贅沢な1袋になっています。

大人のきのこの山・たけのこの里 8袋

・きのこの山 小袋の1袋(15g)あたり:81kcal
・たけのこの里 小袋の1袋(14g)あたり:79kcal

大人というだけあり、チョコレートは定番のきのこの山よりビターな味わい。通常のきのこの山はスナック部分がクラッカーですが、この大人のきのこの山はプレッツェルになっており、カリカリとした食感がおいしいと評判です。

 作ろうきのこの山

・1袋(36g)あたり:203kcal

こちらは、なんときのこの山が自分で作れる商品となっています。3種類のチョコレートクリーム入りチューブと8種類の型、クラッカーで自分だけのオリジナルチョコレートが作成可能!独創的なきのこの山を作って、インスタにアップするのもいいですね。

きのこの山にも、実は色々な種類があったのですね。バラエティー豊富なきのこの山の中から、ぜひ自分だけのベスト1を探してみてください!

この際、全部知りたい!定番お菓子のカロリー一覧

きのこの山とたけのこの里の他にも、ポッキーやコアラのマーチ、アルフォートにパイの実など、定番のチョコレート菓子は色々ありますよね。そこで、きのこの山とたけのこの里以外の定番チョコレート菓子のカロリーについても、ランキング形式で調べてみました!

定番チョコスナックのカロリーランキング①ロッテ コアラのマーチ

・1箱(50g)あたり:266kcal

コアラのマーチは、スナック部分に描かれたコアラがかわいらしく、昔も今も大人気のチョコスナックです。当初は12種類だったコアラのマーチの絵柄も、現在は350種類以上!家族や友人と様々なコアラの絵柄を探しながら食べるのも楽しいですね。

定番チョコスナックのカロリーランキング②ブルボン アルフォート(ミニチョコレート)

・1箱(標準59g)あたり:316kcal

濃厚なチョコレートが味わえると評判の、アルフォート。一枚ごとに使われているチョコレートの量が多く、1箱で十分満足できるところがポイントです。実は、アルフォートは値段も安く、コンビニでも100円程度と、コスパも〇。アルフォートはバッグに入れてもかさばらない薄い箱のため、おでかけの時も重宝しますよ。

定番チョコスナックのカロリーランキング③グリコ ポッキー

・1袋(標準36g)あたり:182kcal
・1箱(標準72g)あたり:364kcal

チョコスナックの定番、グリコのポッキー。小袋1袋なら200kcal以下ですが、1箱食べるとそれなりのカロリーに。ポッキーは食べやすいのでつい食べる本数が増えてしまいがちですが、ダイエット中ならポッキー1箱ではなく、小袋1袋にしておくのが良さそうですね。

定番チョコスナックのカロリーランキング④ロッテ パイの実

・1箱(73g)あたり:397kcal

パイのサクサク感がたまらない、ロッテのパイの実。実は、パイの実のパイ生地は64層もあるとのこと。サクサク感を出すための企業努力が感じられますね。パイの実は開封時の香りも人気の一つ。しばらく食べていなくても、パイの実の匂いは思い出せる、という方も多いのではないでしょうか。

今回調べた「ポッキー」「コアラのマーチ」「アルフォート」「パイの実」の1箱あたりのカロリーは、パイの実が一番高く、コアラのマーチが一番低いという結果に。ダイエット中に食べるなら、コアラのマーチをチョイスするのがおすすめですよ。

奥深いきのこの山の世界!

いかがでしたでしょうか。よく見かけるチョコスナック「きのこの山」にも、様々な特徴やバラエティー豊かな商品があることがおわかりいただけたことかと思います。今まできのこの山を意識して食べたことがないという方も、今後は値段やカロリーだけでなく、その風味や味わい、他のチョコスナックとの違いを感じながら食べてみると、新たな発見があるかもしれませんよ。

岡 清華

監修者:岡 清華(おか さやか)

管理栄養士/ヨガトレーナー。管理栄養士過程 大学卒業後、健康と食の知識を深めるために、ハワイのカウアイ島にてアーユルヴェーダを学ぶ。広尾の会員制ヨガスタジオ「デポルターレヨガ」でトレーナーを務めた他、管理栄養士として食事の指導やイベント開催、メニュー開発などに携わり、現在は産業、健康経営事業にも取り組んでいる。Instagram @okasaya

text:common編集部

Posted by admin