common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

「ココナッツオイル」と「MCTオイル」どっちがダイエットに良い?管理栄養士が解説

2019.10.26
ココナッツオイルとMCTオイル

ダイエットに良いと言われるココナッツオイル、MCTオイルについて、どれだけご存知でしょうか?一体なぜ痩せられるのか、カロリーは?1日何グラム食べればいいの?ココナッツオイル、MCTオイルとダイエットの関係について、管理栄養士の岡 清華さんに教えていただきましょう。

ココナッツオイル、MCTオイルのカロリーは?

油は三大栄養素(タンパク質、糖質、脂質)の中でも、最もカロリーが高くは1gあたり約9kcalです。タンパク質、糖質は1gあたり約4kcalです。では、ココナッツオイル、MCTオイルのカロリーはどのくらいなのでしょうか。

ココナッツオイル:小さじ1杯(約4g)で約37kcal

MCTオイル:小さじ1杯(4g)で約36kcal

ちなみに、オリーブオイルのカロリーは小さじ1杯(約4g)で約37kcalです。サラダにかけるなら小さじ3杯分くらいは使用する、と考えると3倍のカロリーとなり111kcal程度。サラダに100kcalも追加されてしまうというのは、何だか損をした気分になる方もいるかもしれませんね。

しかし、これらのオイルにはカロリーの高さを上回る、健康・ダイエット効果が期待されているのです。

ココナッツオイル、MCTオイルで痩せる理由は「中鎖脂肪酸」

オイル

ココナッツオイル:中鎖脂肪酸60%

ココナッツオイルは約60%が「中鎖脂肪酸」です。

中鎖脂肪酸は、すぐにエネルギーになり体脂肪になりにくいという特徴があります。ブドウ糖に変わるエネルギー源、ケトン体に変わりやすいという側面もあり、注目を浴びています。中鎖脂肪酸は、脳の認知機能にも関わっていることが分かっています。

ココナッツオイルの残りの40%の多くは、植物油に含まれている「長鎖脂肪酸」でできています。長鎖脂肪酸は体内で吸収され、体脂肪として蓄積されてから、ゆっくりとエネルギーに変換されます。大量に摂ると、LDL(悪玉)コレステロールを増やしたり、脂肪を増加させる恐れがあります。そのため、ココナッツオイルの過剰摂取はあまり健康にはよくないと指摘されることもあります。

MCTオイル:中鎖脂肪酸100%

MCTオイルとは、40年以上も前から医療現場で使用されているオイルです。ほとんどが、ココナッツオイルなどに含まれる中鎖脂肪酸のみでできています。商品によりますが、中鎖脂肪酸95%~100%のMCTオイルがあります。

この点から、MCTオイルは、よりケトン体になりやすく、エネルギー効率が良いことでダイエットにも良いと言われているのです。

以前は医療用に販売されていましたが、今は手軽に手にはいるようになりました。ただし、値段はまだまだ手ごろではありません。MCTオイルは、ココナッツオイルの値段の倍くらいする印象です。

Posted by kamoshita