common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

「風邪にビタミンCが効く」は誤解。医師が教える最新風邪対策

2019.10.25
風邪の新常識

みなさんの風邪に対する常識は間違っているかもしれません。そう話すのは、池袋大谷クリニック院長の大谷義夫先生。「風邪予防にはビタミンCが効く」「風邪気味だから家でじっとしている」そんな昔から信じられていた方法が、医学的には間違っている・・・!?大谷先生に、正しい風邪の予防、対策方法を教えていただきました。

風邪には5分間の運動が効果的

風邪をひき始めたら、安静にして、体力使わないようにしようと思う方が多いと思いますが、医学的にみると、むしろ動いた方が良い。

軽度な運動は、体の中にある白血球のリンパ球など免疫細胞を活性化するというデータがあります。

免疫細胞と一言に言ってもいろいろあるんですけど、その中でもメディアで取り上げられることが増えて有名になった「ナチュラルキラー細胞(NK細胞)」。この細胞の量は、運動の有無によって左右されることが分かっているんです。

私も、風邪の引き始めには5分間だけ泳ぐようにしています。米国留学中にも職場で、風邪ぎみだったアメリカ人は、みんなジョギングをしてサウナに入っていたんです。日本とは風邪に対しての常識は違うんですね。

実際に『名医のTHE太鼓判』でも、4名の方に私と同じように5分間プールで泳いでもらい、前後でナチュラルキラー細胞(NK細胞)を測るという実験がありました。この4人の方にとっては5分間の水泳はリフレッシュになり、免疫を上げることができました。

風邪の引き始めには水泳5分間、を推奨しているのではなく、ウォーキングだったりヨガだったり、個人にあった軽度な運動を取り入れると良いと思います。

ただし、風邪をひいたあとではあまり効果がありません。38度以上の発熱中はもちろんおすすめしませんし、インフルエンザなどのウイルスに感染した場合は安静が一番です。

風邪の初期に限り、軽い運動は良い影響をもたらすと思います。

☑大谷先生のこぼれネタ

大谷先生は、普段から30分間の水泳を取り入れ、最近は暗闇ボクシングにも行っているそう。そのおかげか、風邪をひくことは滅多にないとのこと。

元々、運動は医師国家試験の前から始めたそうで、いっぱいになってしまった頭の中を一度リセットするのに役立ったとも話してくれました。これから大事な試験がある、仕事があるという方も適度な運動はプラスに働いてくれそう!

過度な運動は免疫力を下げる

大谷先生

軽度な運動習慣は免疫力を上げます。しかし、42.195km走ると免疫はむしろ下がってしまう。これは知らない方も多いかもしれません。

過度に疲労してしまうと、免疫力低下につながるんです。

なので、風邪の引き始めに激しい運動はおすすめしません。また、急激に風邪をひきやすくなったという場合は、運動のしすぎによる疲労を疑ってみましょう。

Posted by kamoshita