common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

管理栄養士が教える、冷えに効く「生姜紅茶」の作り方。生の生姜じゃ効果半減!

2019.10.16
生姜紅茶の作り方

生姜と紅茶を合わせた「生姜紅茶」。冷えの改善に効果があることで知られています。冷えは、免疫力の低下や疲労感、倦怠感などさまざまな不調に繋がります。また、むくみやすくなったり、便秘になり代謝が悪くなったりと、ダイエットにも悪影響!「生姜紅茶」の効果的な作り方を知って、冷えやダイエット対策をしていきましょう。

生姜紅茶のカロリーは高カロリー?ダイエット中でもOK?

美容やダイエットに良さそうな飲み物の中には、実はカロリーが高く太ってしまうものもありますが、今回ご紹介する生姜紅茶はどうなのでしょう。まずは生姜紅茶のカロリーをご紹介します。

生姜のカロリーは100グラムあたり約30キロカロリー。10グラムあたり3キロカロリー、1グラムあたり0.3キロカロリーほどと低カロリーであることが分かります。生姜紅茶に使う生姜の量は1~2グラムなので、1キロカロリー以下となりほぼゼロカロリー。紅茶もカロリーはほとんど無いと考えて良いでしょう。

鍵を握るのは、甘さを加える甘味料です。

紅茶に生姜を加えただけでも飲むことはできますが、生姜紅茶は砂糖などを加えて飲むことが多いですね。そこで入れ過ぎてしまうと、カロリーの高い飲み物になってしまうので注意しましょう。

気になるカロリーですが、グラニュー糖で、小さじ1杯14キロカロリー、三温糖で小さじ1杯11キロカロリー程度です。この量におさえておけば、1杯15キロカロリー以下の飲み物になるので、ダイエットにはさほど影響はないと思います。生姜紅茶は、ダイエット中でも飲める、比較的低カロリーな飲み物だと言えますね。

砂糖の種類別カロリー比較(大さじ1杯・小さじ1杯)と上手な摂取方法は?

冷えや疲労回復に効く!生姜の栄養成分

・生姜の「ショウガオール」「ジンゲロール」

生姜の主成分である「ショウガオール」「ジンゲロール」が、冷えの解消に役立ちます。それぞれ血行促進や胃を刺激し体を温める作用があります。

・生姜の「シネオール」

また、生姜には、「シネオール」という香り成分も含まれています。疲労回復、食欲増進、解毒、消炎作用があります。生姜紅茶は、お疲れ気味のときにもおすすめの飲み物です。

Posted by kamoshita