common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン

【腸美人のレシピ】忙しい女性のカラダを整える「マッシュルームとキヌアのタパス」

2017.12.6

美腸に特化し、食からキレイと幸せを作る専門機関『インナービューティーダイエット協会』にて、インナービューティープランナーとして活動中の片山真美さんが、美に効くとっておきのレシピを伝授。簡単で美味しいことはもちろん、おもてなしにも最適なお洒落なレシピが満載です。今回はここ数年で注目度が高まっているスーパーフードの“キヌア”を使ったおしゃれな一品をご紹介してくれました!

ハリウッド女優の影響で、今では健康食のスーパースターとして有名なキヌア。賢いダイエッターはキヌアに移行しているとのこと。日本でも、キヌアを取り入れているレストランやカフェが増えてきていますよね。

キヌアは南米産の食材で、健康的な体調管理に最適で栄養バランスに優れています。私たちが体で作ることができない必須アミノ酸を全て含み、他の各種機能性も豊富で完全食品として知られています。また、キヌアには小麦の成分が入っていないため、小麦を食べられない人でも良質なたんぱく質を摂取することができるのです。

便利な世の中とは裏腹に、ミネラル不足、小麦アレルギー、食物繊維不足などの問題を抱えている現代人にとって、キヌアがスーパースターなのは本当なのかもしれません!

マッシュルームとキヌアのタパス

《材料》2人分

マッシュルーム(軸を取り除いて逆さにし、塩少々をふっておく)…6個
キヌア(お湯で戻す)…大さじ2
ドライトマト…(お湯で戻しみじん切り)…1枚
ブラックオリーブ(みじん切り)…大さじ1
バジル…6枚
ピンクペッパー…トッピング用

<マリネ液>
酢…小さじ1
塩麹…小さじ1/2
胡椒…適量
オリーブオイル…適量

《作り方》

①ボールにキヌア、ドライトマト、ブラックオリーブとマリネ液を入れて混ぜる。塩、胡椒を適量加えて味を整える。

②フライパンにキッチンペーパーをのせ、素焼きにする。(もしくはグリルでも加)

③マッシュルームに①をのせてバジルを飾る。仕上げに、オリーブオイル、ピンクペッパー、胡椒を散らして完成。

ダイエット成功の秘訣とは?

ダイエットには運動も大事ですが、実は食事が8割なのをご存知ですか?

特に糖質を制限することによって、血糖値の上昇を抑え、インスリンの分泌量を減らせば、脂肪がつきにくい体になります。糖質制限中の1日あたりの糖質量は70g~130g程度を目安にすると良いでしょう。摂りすぎた糖質を抑制すれば、ダイエットに繋がり、しかも病気のリスクを下げてくれます。

▼参考
ご飯茶碗一杯(150g)の糖質量:53.4g
食パン1枚当たり(6枚切り)の糖質量:26.6g

でも、食事の度に糖質量やカロリーの計算をするって大変ですよね…。そこでオススメしているのが、糖質制限された健康的な食事を宅配してくれるサービスです。これを活用すれば、楽に継続ができるため、ダイエット成功の近道となります。

最近では多くのサービスがありますが、ここでは「nosh(ナッシュ」をオススメしたいと思います。noshの特徴は、【低糖質】で【健康的】なことに加えて【安くて美味しい】ということです。

▼メニューの特徴
1.シェフと管理栄養士が開発
2.全てのメニューが糖質30g以下
3.全てのメニューが塩分2.5g以下


※画像をクリックするとメニューの一覧を見ることができます。

「nosh」がなぜここまで人気なのか?

単純ですが、コンビニ弁当よりも安くて、美味しくて、しかも糖質やカロリーが計算された健康的な食事を宅配してくれる便利なサービスだからです。メニューも豊富なので、飽きることもなさそうです。

ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。リンクを貼っておきますので、気になる方はこちらからチェックしてみてください。

ダイエットの最強の味方“キヌア”

キヌアは栄養価がとても高く、完全食品と言われている栄養改善に適した食材です。ハリウッド女優を始め、美を追求する女性たちが取り入れているキヌア。ダイエッターにとって嬉しい要素がたくさんあるのです。

血糖値上昇を緩やかに

キヌアはグリセミック負荷が低い食材です。グリセミック負荷とは、血糖値を上昇させる程度のこと。グリセミック負荷が低いということは、糖質の含有量が少なく、血糖が急激に上昇する心配がありません。キヌアはブドウ糖を絶え間なく与えてくれ、リンパ液の血糖値をより長く安定的にし、食欲を抑える効果があるのです。

たんぱく質の宝庫!

キヌアはたんぱく質の宝庫と言われ、精白米とほぼ同じエネルギーに対し2倍のたんぱく質を含んでいます。それでいて炭水化物(糖質は)少なく、ダイエット中に不足しがちなビタミンや必須アミノ酸も豊富に含まれているという、ダイエットには最適の食材です。

マッシュルームで免疫力アップ

ファイトケミカルが免疫を高める

お野菜は「色」で効能を見極めることができます。お野菜の機能性成分である“ファイトケミカル”が抗酸化作用、免疫力アップや、抗がん作用の性質を持っているのです。

ファイトケミカルとは、ファイトはギリシャ語で植物という意味、ケミカルは英語で化学という意味。つまり、植物に含まれる化学成分(機能性成分)を意味します。ぶどうのポリフェノールや、にんじんのカロテン、ブルーベリーのアントシアニンがファイトケミカルの仲間です。主に、緑、赤、黄、白、茶(黒)に分けられており、色によって効果が異なります。

マッシュルームは白の野菜に分類され、がん予防、抗菌作用など、免疫を高め菌を撃退してくれる効果があります。特に主成分のファイトケミカルであるβグルカンは強い抗がん作用を持ち、免疫力を向上させ、ウイルスなどから身体を守る白血球の働きを助けます。

豊富なパントテン酸で健康維持

また、きのこ類の中でも特にパントテン酸の含有量が多いのも特徴で、皮膚や粘膜の健康を維持したり、抗ストレス、善玉コレステロールの増加促進などさまざまな働きを持ちます。そんなパントテン酸ですが、熱に弱いので、生のままお酢などで和えてサラダにして食べるか、まるごとのソテーやオーブン焼きがおすすめです。グルタミン酸の旨味が出るので、だしにも利用しやすいのもメリットのひとつです。

今回は生のまま頂くレシピですが、グリル機やオーブンなどで焼いてホットに仕上げても美味しいです♪おもてなしにもぴったりなタパス。是非お試しください。

片山真美

『インナービューティーダイエット協会』にて、インナービューティープランナーとして活動中。美腸に特化し、食からキレイと幸せを作る専門家として、旬の野菜や発酵調味料を活かしたレシピを紹介している。バレエ、ダンス、ヨガの経験から現在は「食×運動」についても勉強中。 Instagram @x.x.mami.x.x

Posted by admin