common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

【管理栄養士監修】太るから果物は避けるべき?1日200gの果物のカロリーって?

2019.10.12
果物とダイエット

ダイエットに良くないからと果物を避け女性が増えているようです。しかし、果物には私の体に欠かせない栄養素がたくさん含まれています。果物を食べることでダイエットが加速することも!?今回は、果物の魅力、そして1日に摂取すべき果物の量とカロリーをご紹介していきます。ダイエット中なら、食べる時間帯も鍵になりますよ。

1日200gの果物、毎日食べていますか?

果物はカラダに良い、美容に良いと言われていますが、毎日食べているという方は少ないのではないでしょうか。

厚生労働省の指標では、1日200g程度の果物を摂取することが推奨されていますが、同時に国民健康栄養調査では、現代人の果物の摂取量は少ないことが報告されています。推奨量200gの半分、1日100g程度した摂れていない人がほとんどのようです。

果物はダイエットの敵?

単純に果物を食べる習慣がない、好きではないという理由から摂取量が減っているのかもしれませんが、最近では「糖質制限ダイエット」の影響で、果物=糖質だと認識し避けている方もいるようです。

確かに果物には果糖の他、ぶどう糖、ショ糖が含まれ、糖質量は多いです。食べすぎてしまうと、脂肪が増える原因になってしまうでしょう。しかし、決してダイエットの敵ではありません。むしろ健康的に生きていくためには欠かせない食べ物です。

果物の摂取が推奨されるのには、ちゃんと理由があります。ここからは果物が健康だけじゃなく、ダイエットや美容にも役立つという観点から果物の魅力をお伝えしていきたいと思います。

果物の「食物繊維」で腸内環境を整える

りんご

果物には食物繊維が豊富に含まれています。食物繊維は便のカサを増す材料にもなり、便秘の解消に役立ちます。便秘が続くと、太りやすくなるという話を耳にしたことがあるのでは?便秘は基礎代謝の悪化に繋がると考えられているからです。基礎代謝が落ちてしまえば、何もしなくてくも消費されるカロリーが減り、脂肪が溜まりやすくなってします。また、バナナやりんごには、善玉菌のエサとなる「オリゴ糖」が多く含まれています。

便秘で腸内環境が悪化していると、肌荒れ、ニキビ、疲労感といった悪影響も。果物は食物繊維を摂取するのに、最適な食べ物なんです。

Posted by kamoshita