common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

二の腕ほっそり!腕立て伏せで「上腕三頭筋」を鍛える方法

2019.10.13
二の腕引き締めトレーニング

二の腕を引き締める基本的なトレーニングを、リカバリートレーナーの筆者が伝授していきます。ほっそりとした二の腕を手に入れるには、「上腕三頭筋」に刺激を与える動作が効きます。上腕三頭筋の筋肉が衰えていると、最初はキツく感じますが、効果は抜群です!ぜひトライしてみてください。

たぷたぷ二の腕は「上腕三頭筋」の衰えが問題!

何だか最近・・・二の腕が太くなった。

そう感じるのは、二の腕の筋肉の中でも「上腕三頭筋」が弱っていることが原因になっていることが多いです。「上腕二頭筋」は力こぶが出る側の筋肉、「上腕三頭筋」は振袖にようにたぷたぷする贅肉が目立つ側の筋肉です。

それぞれ使わわれる場面も違います。「上腕二頭筋」は、重いものを持つなどの引く動作のときに使われます。一方、「上腕三頭筋」は、肘を曲げた状態から肘を伸ばすなど押す動作のときに使われます。負荷をかけて肘を伸ばす場面ってなかなかないですよね・・・だから「上腕三頭筋」は衰えやすく、二の腕の下側がたるみやすいのです。

上腕二頭筋の特徴

  • 力こぶがでる側
  • 引く動作、ものを持ちあげる動作で使われる
  • 普段からよく使う筋肉

上腕三頭筋の特徴

  • 腕を上げたときの下側
  • 押す動作、肘を伸ばす動作で使われる
  • 使われる場面が少なく衰えやすい

腕立て伏せは「大胸筋」を鍛えるトレーニング

二の腕痩せを叶えたいと思ったときに、やみくもに腕立て伏せをしても実はあまり意味がありません。基本的に、腕立て伏せは胸にある「大胸筋」を鍛える種目だからです。同時に二の腕の筋肉もつかわれま使われますが、メインとして使われるのは胸の筋肉だと把握しておきましょう。

ただし、手の幅を少し変えたりとフォームを変えることで、二の腕の「上腕三頭筋」を効果的に引き締めることができるようになります。今回ご紹介するのは、そんな「上腕三頭筋」に効かせるための腕立て伏せです!この腕立て伏せのやり方を覚えれば、しっかりご自宅でも二の腕を引き締めることができます。

Posted by kamoshita