common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

野菜ジュースのカロリー比較!カゴメや伊藤園など市販野菜ジュースのカロリーを調査!野菜ジュースは太る?

2019.3.8

野菜ジュースは野菜や果物が豊富に含まれていて栄養満点というイメージがありますが、そのカロリーは気になるところです。コンビニではスムージーとして販売されている野菜ジュースもあり、女性に人気です。野菜ジュースはダイエットに活かせるならぜひ飲みたい飲み物ですよね。今回は、野菜ジュースのカロリーを比較し、野菜ジュースはダイエットに向いている飲み物なのか?を調べてみました。

野菜ジュースのカロリー比較!

野菜ジュースは栄養バランスを調整する飲み物として、特に、健康や美容を意識した女性たちから人気のある飲み物です。まずは市販されている野菜ジュースのカロリーについてみていきましょう。

「カゴメ」野菜ジュースのカロリー

カゴメ 野菜生活100オリジナル 1本あたり66kcal 
カゴメ 野菜生活100追熟ラ・フランミックス 1本あたり86kcal
カゴメ 野菜生活100デコポンミックス 1本あたり85kcal
カゴメ 野菜生活100 Peel&Herbアップル・ジンジャーミックス 1本あたり83kcal
カゴメ 野菜生活100フルーティーサラダ 1本あたり81kcal
カゴメ 野菜生活100エナジールーツ 1本あたり79kcal
カゴメ 野菜一日これ一本 1本あたり69kcal
カゴメ トマトジュース食塩無添加 1本あたり40kcal

野菜生活シリーズの中でも果物が入っただけのシンプルな野菜ジュースは、カロリーが低いです。カゴメの野菜ジュースといえば、野菜一日これ一本やトマトジュースが有名ですが、カゴメ一押しの商品だけあってか他の商品と比較してもカロリーが低いです。特に、トマトジュースは40kcalと、次にご紹介するスムージー系の野菜ジュースの1/3以下ほどのカロリーでした。

「カゴメ野菜生活100Smoothie」のカロリー

カゴメ 野菜生活100SmoothieマンゴーピーチスムージーMix 1本あたり142kcal
カゴメ 野菜生活100SmoothieグリーンスムージーMix 1本あたり139kcal
カゴメ 野菜生活100Smoothie豆乳バナナMix 1本あたり130kcal
カゴメ野菜生活100Smoothie ベリースムージー豆乳ヨーグルトMix 1本あたり129kcal

カゴメ野菜生活シリーズのスムージー系は、どれもカロリーが100kcal以上ありました。

「伊藤園」野菜ジュースのカロリー

伊藤園 栄養強化型1日分の野菜 1本あたり96kcal
伊藤園 ビタミン野菜 1本あたり79kcal
伊藤園 理想のトマト 1本あたり77kcal
伊藤園 1日分の野菜 1本あたり75kcal
伊藤園 豆乳でまろやか毎日1杯の青汁 1本あたり49kcal

伊藤園は野菜やビタミンに重視した野菜ジュースが多いのが特徴です。どれも100kcal以下ばかりで低カロリーですが、基本の野菜ジュース「伊藤園1日分の野菜」と似た商品の「カゴメ 野菜一日これ一本」を比較すると、カゴメの野菜ジュースのほうが低カロリーです。

コンビニ「ローソン」野菜ジュースのカロリー

ローソン チアシード入り野菜と果物のスムージー 1本あたり109kcal
ローソングリーンスムージー 1本あたり80kcal
ローソングリーンスムージーOff&Plus 1本あたり40kcal

ローソンの野菜ジュースは、女性が好むスムージー系の商品が多く、ダイエット食品として知られるチアシード入りスムージーやグリーンスムージーは人気の商品です。比較してみると、野菜と果物が組み合わさったスムージーはカロリーが高くなるようです。グリーンスムージーOff&Plusは1本あたり40kcalと低カロリー、これなら食事と一緒に飲んでも良さそうですね。比較するとカゴメのトマトジュースと同程度のカロリーということになります。

コンビニ「ファミマ」野菜ジュースのカロリー

ファミマ グリーンスムージー 1本あたり83kcal
ファミマイエロースムージー 1本あたり68kcal
ファミマレッドスムージー 1本あたり66kcal

ファミマの野菜ジュースも、ローソンと似たスムージー系が並んでいます。ファミマでは、野菜の色ごとに分けられていて、それぞれカロリーが違います。比較すると、グリーンよりもイエロー、イエローよりもレッドスムージーのカロリーが低く、全体的にローソンのグリーンスムージーOff&Plusよりも高カロリーです。

野菜ジュースはカロリーが低くても糖質が高い?

野菜ジュースには野菜や果物といった食材以外に、砂糖が使われている場合もあります。また、砂糖不使用の野菜ジュースであっても、甘味を出すために、にんじんなど糖質量の多い食材が使われている場合が多いです。野菜は低糖質というイメージですが、野菜の中でも特に根菜類など、種類によっては糖質量が意外と高めということもあるため、市販の野菜ジュースを選ぶときは糖質量もチェックしておくと良いでしょう。続いては、野菜ジュースの糖質量を調べてみました。

「カゴメ」野菜ジュースの糖質

カゴメ 野菜生活100Smoothie 系 糖質量 1本あたり30g前後
カゴメ フルーツこれ一本・フルーツ系 糖質量 1本あたり20g前後
カゴメ 野菜生活100オリジナル 糖質量 1本あたり15.4g
カゴメ 野菜一日これ一本 糖質量 1本あたり13.7g
カゴメ トマトジュース 糖質量1本あたり7.8g

「伊藤園」野菜ジュースの糖質

伊藤園 栄養強化型1日分の野菜 糖質量 1本あたり17.0g 
伊藤園 ビタミン野菜 糖質量 1本あたり15.4g  
伊藤園 理想のトマト 1本あたり14.2g
伊藤園 1日分の野菜 糖質量 1本あたり14.1g 
伊藤園 豆乳でまろやか毎日1杯の青汁 糖質量 1本あたり8.2g

コンビニ「ローソン」「ファミマ」野菜ジュースの糖質

コンビニで販売されている野菜ジュースは美味しさを重視したスムージー系が多いため、商品によっては糖質が高いスムージーもあります。チアシード入りのスムージーは、炭水化物・糖質の量が多いようです。スムージー系の野菜ジュースに含まれる糖質は、概ね20g~30gを目安にすると良さそうです。しかし、コンビニ野菜ジュースの中でも、糖質量が低い野菜ジュースとしてはローソンの「グリーンスムージーOff&Plus」がおすすめです。糖質量が5.8gで食物繊維も豊富に含まれています。スムージー系の野菜ジュースにも拘らず、青汁やトマトジュースと同程度の糖質量なのは嬉しいですね。

糖質オフの野菜ジュースもある!

最近では、野菜ジュースの糖質が高く太りやすいという視点から、糖質オフの野菜ジュースが販売されるようになりました。

カゴメ 野菜ジュース糖質オフ 1本あたり21kcal 糖質3.3g
カゴメ 野菜と果実糖質30%オフ 1本あたり38kcal 糖質8.0g
伊藤園 毎日1杯の青汁 無糖タイプ 1本あたり19kcal 糖質1.6g

これらの野菜ジュースのは糖質オフで、かつカロリーも低く、葉野菜がたっぷり入った野菜ジュースです。ローソンのグリーンスムージーOff&Plusと比較しても、かなり低カロリー・低糖質ですよね。

野菜ジュースは太る? 

野菜ジュースを飲むと太るという話を聞いたことがある人もいるかもしれません。確かに野菜ジュースの中には砂糖や塩を使って飲みやすくしている商品もあるので、ダイエット中に市販の野菜ジュースを飲む場合、商品の選び方によっては太ることもあるかもしれません。カロリー量や糖質量の表示をよくチェックして、野菜ジュースを選ぶようにしましょう。

ダイエット中は飲むタイミングが大事

また、野菜ジュースを飲むタイミングによっては、太るという可能性も出てきます。野菜ジュースは、食物繊維が豊富に含まれていることから、消化器官の活動を促すためにも朝に飲むのがおすすめです。朝起きてすぐに野菜ジュースを飲むのではなく、コップ一杯の水か白湯を飲み、胃腸をびっくりさせないようにします。それから、野菜ジュースを飲み、しっかりと体を目覚めさせると、代謝がアップしますよ。夜の寝る前に野菜ジュースを飲むと、果糖に含まれる糖分が体内に吸収されてしまうため、太るということもあるかもしれません。夜寝る前に野菜ジュースを飲むのは避けたほうが良いでしょう。

野菜ジュースだけで太ることはない! 野菜ジュースダイエットとは

野菜ジュースのカロリーは、1本あたり100kcal前後程度なので、野菜ジュースだけで太るということは無いでしょう。低カロリーでダイエット中の栄養補給に合う飲み物です。さらに野菜ジュースは、飲むだけでダイエット効果が得られるという結果も出ているようです。テレビで紹介された「野菜ジュースダイエット」とは、野菜ジュースを食前に飲むことで血糖値の急上昇を抑え、糖分を脂肪に変えづらくするというダイエット方法です。野菜ジュースを食前に1杯飲むだけで太りづらい身体作りに繋がるというわけです。さらに野菜をそのまま食べるよりも、野菜ジュースのように液状にするほうが栄養素の吸収率や食物繊維の働きもアップして、糖の吸収をさらに遅らせてくれるのです。
1日の野菜摂取目安量は350gといわれていて、毎日この量を摂るには中々難しいです。特に、忙しい人にとっては1日350gの野菜を食べるのは少々敷居が高いように感じます。忙しい人ほど、メタボや太りやすい生活習慣になってしまいがちといわれているため、野菜ジュースの選び方と飲むタイミングを間違えなければ、野菜ジュースはダイエットや健康管理にも適した飲み物と言えるでしょう。

カロリーオフしたいなら手作り野菜ジュースを作る

市販されている野菜ジュースでも砂糖・食塩不使用や、甘味料などの添加物不使用と表記されている野菜ジュースが増えていますが、中には砂糖や食塩・甘味料が含まれているものもあります。野菜ジュースをカロリーオフしたいなら、旬の野菜を使って野菜ジュースを手作りし、野菜の栄養素をまるごと摂るのはいかがでしょうか。
野菜ジュースの作り方は簡単、冷蔵庫に残った野菜や果物をミキサーやジューサーに入れて、豆乳や牛乳などと混ぜるだけです。例えば、葉野菜と果物を組み合わせて野菜ジュースを作れば、ビタミン、ミネラル、食物繊維をたっぷり摂ることができます。赤い野菜は、抗酸化作用を多く含み、美肌やアンチエイジングが期待できますよ。緑の野菜は、ビタミンCやカルシウムを多く含む、ほうれん草や小松菜などが良いでしょう。黄色い野菜は、にんじん、トウモロコシ、かぼちゃなどで、肌荒れやシミそばかす予防に効果的です。手作り野菜ジュースでもカロリーをできるだけ抑えたい場合には、牛乳の代わりにミネラミネラルウォーターを加えると良いでしょう。

最後に

今回は野菜ジュースのカロリーを商品別やコンビニ別に比較してご紹介しました。さらに野菜ジュースの中には、糖質オフの商品も販売されていて、昨今の健康ブームもあり、とても人気が高い飲み物です。野菜ジュースは太るという話も耳にしますが、商品の選び方、飲むタイミングに注意すれば、忙しい時でも手軽に栄養補給ができるため、生活の中に上手に取り入れるようにすると良いでしょう。

岡 清華

監修者:岡 清華(おか さやか)

管理栄養士/ヨガトレーナー。管理栄養士過程 大学卒業後、健康と食の知識を深めるために、ハワイのカウアイ島にてアーユルヴェーダを学ぶ。広尾の会員制ヨガスタジオ「デポルターレヨガ」でトレーナーを務めた他、管理栄養士として食事の指導やイベント開催、メニュー開発などに携わり、現在は産業、健康経営事業にも取り組んでいる。Instagram @okasaya

text:common編集部

Posted by admin