common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

熊本名物『いきなり団子』のカロリーを他の団子と比較すると?いきなり団子の歴史やおいしい食べ方も!

2019.3.3

今回ご紹介するのは熊本の名物であり郷土菓子の「いきなり団子」です。熊本の物産展などで買って食べたことがある方も多いのではないでしょうか?いきなり団子のことをあまり良くご存知でない方は、カロリーなども気になるのではないのでしょうか?今回はいきなり団子の気になるカロリーや、郷土菓子としての歴史や、ほかの団子と比較したカロリーなども合わせてご紹介します。
 

カロリーを知る前に…いきなり団子の基礎知識

いきなり団子は、輪切りのサツマイモの上に粒あんをのせ、それを小麦粉を練って伸ばした生地で包み込んで蒸したおやつです。小麦粉の生地はほんのりしょっぱい味付けになっていて、甘いあんことサツマイモとの組み合わせが絶妙です。普通のおまんじゅうやお団子と違って、あんこがぎっしりではなくサツマイモが入っているので、「甘いもの食べすぎちゃった…」という罪悪感が少し薄れるおやつです。漫画『ケロロ軍曹』でたびたびいきなり団子の話が出てくるので、漫画を見ていきなり団子の存在を知ったという方も多いのではないでしょうか?

いきなり団子のカロリーや栄養成分は?

小麦粉とあんことサツマイモで作られたいきなり団子。気になるカロリーはどれくらいなのでしょうか?気になるいきなり団子のカロリーや栄養成分をご紹介します。

いきなり団子のカロリーをslismから調べる

では早速、いきなり団子のカロリーを調べてみましょう。今回は、『カロリー slism』という1200種類以上の食品のカロリー計算や栄養成分の詳細を調べることができるWebサービスを使って、いきなり団子のカロリーをご紹介したいと思います。
いきなり団子のカロリーは1個(116.2g) あたり218kcalでした。100gで換算したカロリーは188kcalです。いきなり団子1個で、だいたい白米がお茶碗軽く1膳分(140g)あたり235kcalくらいのカロリーとほぼ同じと言えますね。
おやつタイムのお菓子として食べるには少しカロリーが高めかと思われますが、食事の量が少ない日やお昼ご飯と夕ご飯の間の「つなぎ」として一個食べるのには良いかもしれません。

いきなり団子の栄養成分や含まれる材料食材は?

さて続いては、いきなり団子の栄養成分内訳を調べます。またまた『カロリー slism』を参考にしました。

[いきなり団子の栄養比率](一個116.2gあたり)
・炭水化物…48.44g
・たんぱく質…3.74g
・脂質…0.6g

[いきなり団子の材料食材内訳]
・さつまいも…50g(66kcal)
・薄力粉…15g(56kcal)
・白玉粉…13g(48kcal)
・塩…0.1g(0kcal)
・砂糖…0.1g(1kcal)
・水…18g(0kcal)
・つぶしあん…20g(49kcal)

いきなり団子は炭水化物の割合が最も高く、たんぱく質は少しで脂質はほとんど含まれていません。材料の食材としていきなり団子の約半分を占めているのが、さつまいもです。一方で、砂糖は一個あたり0.1gと少なめですので、生地の小麦粉とさつまいもが多いから炭水化物が多くなるようですね。和菓子は脂質が少なく糖質が多いのが特徴ですが、いきなり団子の糖質はさつまいも由来なのでお菓子としては栄養価の高い方であるといえます。

みたらし団子、よもぎ団子といきなり団子のカロリーを比較!

和菓子の中でも幅広く愛されている「お団子」の一種であるいきなり団子を、ほかに「団子」と名のつくお菓子のカロリーと比較してみました。前述と同じく、『カロリー slism 』を参考にします。

みたらし団子(しょうゆ団子)のカロリー/栄養成分

みたらし団子1本(80g)あたりのカロリーは158kcalです。100g換算だと197kcalになります。みたらし団子の栄養成分は炭水化物36.16g、たんぱく質2.48g、脂質0.32gです。

よもぎ団子のカロリー/栄養成分

よもぎ団子1個(67.1g) あたりのカロリーは124kcalです。100g換算だと185kcalになります。よもぎ団子の栄養成分は炭水化物26.35g、たんぱく質3.23g、脂質0.31gです。

いきなり団子とみたらし団子、よもぎ団子のカロリー比較結果

いきなり団子100gあたりのカロリー:188kcal
みたらし団子100gあたりのカロリー:197kcal
よもぎ団子100gあたりのカロリー:185kcal

いきなり団子、みたらし団子、よもぎ団子のカロリーを比べたところ、単純なカロリーが最も高い団子はみたらし団子で、いきなり団子、よもぎ団子と続きます。100gで比べるとほとんどカロリーは変わりませんが、1本・1個単位で食べる場合は、一番大きさがあるいきなり団子のカロリーが一番高くなりますね。

いきなり団子発祥の歴史!

ところで、なぜ「いきなり団子」と呼ばれるのでしょうか?その発祥は熊本県の阿蘇山の麓地域で家庭料理として古くから作られてきた、素朴な団子が原形とのことです。そして、特徴的なその「いきなり」という名前の由来は諸説ありますが主に三つあります。

①    来客があっても「いきなり」すぐ作れる団子だから
②    「生き成り(生のさつまいもから成る、調理する)」の語句から
③    「簡単な、ざっとした」を意味する熊本の方言「いきなりな」から

こちらの説が有力だそうです。

いきなり団子のおいしい食べ方は?

長く愛されているいきなり団子は、もちろんそのまま食べても美味しいのですが、さらにおいしさをアップデートするにはどうればいいか?おすすめの食べ方をご紹介します。

おいしさアップ!いきなり団子の食べ方:電子レンジであたためる

500〜600Wの電子レンジで一個を約1分半ほどあたためると、作りたてのモチモチ感や中のあんこのホクホク感が味わえます。ちなみにいきなり団子は冷凍の通販もさまざまなお店が出しているため、熊本県民以外の方もお取り寄せしてレンチンいきなり団子を食べてみてください。

おいしさアップ!いきなり団子の食べ方:塩をひとふり

熊本の名店『くま純』推奨のいきなり団子の食べ方です。甘さアップするためには塩を少しかけるといいますよね。いきなり団子に塩をかけるという食べ方は、いきなり団子の名店『くま純』おすすめの食べ方です。しょっぱさがいきなり団子のもつ素朴な甘さを引き立てて、よりおいしくいただけます。

最後に

いきなり団子のカロリーは100gあたりで考えると、ほかのお団子と比べても大差はありませんでした。ですが、ほかのお団子よりもボリュームがあるので、1個丸ごと食べてしまうと少しカロリーが高いかもしれません。しかし、さつまいもの栄養成分を含んでいるため、お菓子にしては栄養価が高いといえます。ミネラルが豊富なのは嬉しいポイントですね。素朴さとシンプルさが魅力の郷土菓子、いきなり団子。ぜひお取り寄せや熊本物産展などで購入して食べてみてくださいね。

岡 清華

監修者:岡 清華(おか さやか)

管理栄養士/ヨガトレーナー。管理栄養士過程 大学卒業後、健康と食の知識を深めるために、ハワイのカウアイ島にてアーユルヴェーダを学ぶ。広尾の会員制ヨガスタジオ「デポルターレヨガ」でトレーナーを務めた他、管理栄養士として食事の指導やイベント開催、メニュー開発などに携わり、現在は産業、健康経営事業にも取り組んでいる。Instagram @okasaya

text:common編集部

Posted by admin