common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

青汁ダイエットは効果なし?あり?飲み方を間違えると便秘になるってホント?おすすめの青汁・フルーツ青汁ランキングも

2019.2.28

ひと昔前まで、青汁はテレビ番組で罰ゲームに使われるなど、「美味しくない」飲み物の代名詞として知れ渡っていました。しかし、その健康面への効果の高さ、最近では飲みやすく改良されたフルーツ青汁の登場などにより、青汁のイメージが変わってきています。そして今では、「青汁ダイエット」というダイエット方法が生まれるほど注目を集める飲み物になっているのです。口コミやネットのブログ記事などを見てみると、「青汁は効果なし」と主張している声もあるのが事実です。
今回は実際のところ、青汁にどのような効果があるのか、ダイエットに効果なしなのか効果ありなのかについて調べていきたいと思います。また、ドラッグストアなどで販売されている市販の青汁・フルーツ青汁のおすすめランキングもご紹介していきます。
 

青汁ダイエットは効果なし?あり?

ここで改めて青汁についておさらいしておきましょう。青汁とは、ケールや大麦若葉、明日葉などの葉物野菜が原料となっており、それらの刃物野菜を絞った汁のことを言います。葉物野菜の種類によっても多少異なりますが、ビタミンや食物繊維が豊富で簡単に飲めることから、1980年代前半頃より健康飲料として親しまれてきました。
青汁の元祖は「ケール」と呼ばれるアブラナ科(キャベツの仲間)の葉物野菜を絞った絞り汁です。今でも数多くある青汁にはケールが使用されることが多いのですが、ケールには身体にとって多くのプラスの効果があることが分かってきています。そのプラスの効果とは、便秘解消効果、骨を強くする効果、むくみ解消効果、、、と数多くあるのですが、最近の研究によると、血中の中性脂肪値を下げる働きがあることが科学的に判明しています。この中性脂肪こそが、ぶよぶよとした脂肪の正体です。つまりはケール、青汁を継続的に飲むことで中性脂肪値を下げ、結果として余計な贅肉を落とすこと=ダイエットにつながると言うことができます。青汁はダイエットに効果があるのです。

青汁ダイエットの方法・飲み方は?便秘になる?

一般的な青汁ダイエットの方法・飲み方はとても簡単です。その方法とは、「青汁を1日1杯飲む」だけなのです。基本的にいつ飲んでもいいのですが、ダイエットを目的にするのであれば、食事前もしくは活動を始める前がより効果的と言われています。ただし、1日〜2日で効果がすぐに現れるようなダイエット方法ではなく、1ヶ月、半年、と長期間継続することが重要となります。
また、青汁の原料によってもダイエットにより効果的な成分が多く含まれたケール青汁であったり、飲みやすさの方を優先したフルーツ青汁など多くの種類がありますので、ご自身にあった青汁を見つけ出しましょう。
青汁を飲まれている方の中には、「便秘になる」という声もまれにあがることがありますが、これは青汁に豊富に含まれている食物繊維を過剰に摂取し過ぎてしまっていることに原因があります。商品に記載されている適切な量を飲むようにしましょう。

おすすめの市販されている青汁ランキング上位商品

今ではドラッグストアやスーパー、コンビニなどでも市販の青汁を気軽に購入することができる青汁ですが、「ダイエットに効果的」という観点から人気のある青汁のランキング上位商品をご紹介します。

FANCL「1食分のケール青汁」

健康食品や化粧品メーカーとして有名なFANCLから発売されている「1食分のケール青汁」という商品です。国産の無農薬栽培で作られたケールを100%使用しており、安心して飲むことができます。水に溶かす粉末タイプですので、持ち運びも簡単です。ケールを始め、これ1本だけで1食に推奨されている緑黄色野菜を十分に補うことができ、ダイエットだけでなく健康面からもおすすめの商品です。

サンスター「粉末青汁」

続いては、歯磨き粉で有名なサンスターから発売されている「粉末青汁」です。ケールの他に、大麦若葉、モロヘイヤ、明日葉と栄養価の高い葉物野菜が原料となっています。こちらも野菜100%で作られた粉末タイプの商品です。100%野菜にもかからず、青臭くなく飲みやすいと評判の青汁です。

シエル「めっちゃたっぷりフルーツ青汁」

最後にご紹介するのはフルーツ青汁です。ケールや大麦若葉だけの青汁はちょっと苦手だという方にも飲みやすいように、パイナップルやいちごなどのフルーツが配合された商品です。フルーツの飲みやすさと、明日葉・大麦若葉のダイエット効果がバランスよく作られたフルーツ青汁です。

伊藤園「毎日1杯の青汁」

お茶で有名な伊藤園が販売している青汁です。ケール、大麦若葉の他に、伊藤園の得意分野である「抹茶」が配合されています。ここまでの三種類の青汁と異なるのは、粉末タイプではなくドリンクタイプで販売されていることです。ドラッグストアやコンビニなどで手に入れることができますので、いつでも好きな時に利用することができます。

青汁のおすすめアレンジ方法

青汁の多くは粉末タイプですが、粉末タイプのメリットは持ち運び・保存の良さだけではありません。粉末ですので、例えばいつもの料理の中に振りかけて食べてしまうこともできますし、牛乳やヨーグルトに入れて飲みやすくすることだってできてしまいます。中には酎ハイの中に入れてしまう方もいるほどで、そのアレンジの幅の広さが伺えます。
中でもおすすめの飲み方としては、青汁を牛乳に溶かし、さらに抹茶を混ぜた抹茶青汁オーレです。粉を混ぜるだけですので、朝の忙しい時間帯でもすぐに作ることができ、朝食に置き換えて飲みやすい青汁を1杯飲んでから1日の活動を始めるというスタイルでしたら長く続けやすいのではないでしょうか。

最後に

今回は、青汁にダイエット効果があるのかどうか、おすすめの飲み方を調査してきました。近所のドラッグストアなどで手に入れやすい、市販されているおすすめの青汁やフルーツ青汁もご紹介していますので、ぜひ試していただければと思います。何よりも長期間継続的に飲み続けることが鍵となる青汁ダイエットです。粉末タイプの青汁もあれば、伊藤園の青汁のようにドリングタイプのものもありますので、ライフスタイルにあわせて選択することができますね。

岡 清華

監修者:岡 清華(おか さやか)

管理栄養士/ヨガトレーナー。管理栄養士過程 大学卒業後、健康と食の知識を深めるために、ハワイのカウアイ島にてアーユルヴェーダを学ぶ。広尾の会員制ヨガスタジオ「デポルターレヨガ」でトレーナーを務めた他、管理栄養士として食事の指導やイベント開催、メニュー開発などに携わり、現在は産業、健康経営事業にも取り組んでいる。Instagram @okasaya

text:common編集部

Posted by admin