common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

魚肉ソーセージの糖質は?魚肉ソーセージは健康にいい?悪い?魚肉ソーセージの栄養や魚肉ソーセージ売れ筋ランキングもご紹介

2019.2.25

魚肉ソーセージは、魚を主原料としたソーセージです。魚には、DHA・EPA、カルシウムなどの栄養が豊富に含まれています。健康を気遣ってソーセージの代わりに魚肉ソーセージを食べるという人も多いでしょう。最近では、魚肉ソーセージに野菜やチーズなどが入った商品も増えていますし、中には、塩分カット、無添加、着色料不使用といった商品もあるようです。しかし、魚肉ソーセージは加工食品のひとつです。加工食品には、添加物や塩分が含まれていることから健康に悪いともいわれているため、どこか心配になります。そこで、今回は魚肉ソーセージの糖質や栄養、魚肉ソーセージは健康にいいのか悪いのか?など調べてみました。

魚肉ソーセージとは

魚肉ソーセージは、魚肉の練り製品の一種で、魚肉をすり身にして型に入れ加熱して作るソーセージに似た加工食品です。ソーセージの魚肉バージョンといえば、わかりやすいですね。魚肉ソーセージに使われる魚の種類は様々ですが、すり身の定番魚であるスケトウダラ、シロガネダラ、ミナミダラなどタラの仲間が使用されています。ほかにも、アジやホッケ、サケなど、魚肉ソーセージは色々な魚を混ぜ合わせて作られることもあるようです。

魚肉ソーセージの糖質

それでは、魚肉ソーセージの糖質について見ていきましょう。魚肉ソーセージの糖質は100g中約12.6gですが、実際は製造元メーカーの製造工程によって大きく異なります。魚肉ソーセージの主原料である魚の糖質は低いです。ですが魚肉ソーセージに加工される工程で粘着剤などの糖類が使用されるため、糖質の割合が多くなります。また、魚肉ソーセージの材料である魚は、糖質だけでなく血糖値を上昇させるGI値も低い食材です。ただし、こちらも魚肉ソーセージとして加工する工程で、魚肉以外にでん粉や砂糖など、GI値の高い材料も使っている可能性があるため、加工時に使用される糖類、炭水化物の量によっては、魚よりもずっとGI値が高くなる場合があるのです。魚肉ソーセージの製造元メーカーによって、糖質もGI値も異なりますので、糖質制限中の人やダイエット中の人は注意するようにしましょう。

魚肉ソーセージの栄養

最近では、魚肉ソーセージの栄養が健康に良いと話題のようです。魚肉ソーセージは、魚を原料としているため「カルシウム」や「EPA」「DHA」といった魚由来の栄養素が豊富に含まれています。さらに、筋肉や臓器を作る「たんぱく質」も多く含まれています。そのため、魚肉ソーセージは効率の良い栄養補給食材ともいわれています。
「カルシウム」は、神経を安定させたり、骨や歯などの形成をする上で必要な栄養成分です。成長期の子どもや栄養を摂りづらいお年寄りに欠かせない栄養成分です。「EPA」「DHA」は、特に青魚に多く含まれている栄養成分です。EPAが血液をサラサラで健康な状態に保つ作用を持っていて、DHAは脳細胞の活性化などに役立つといわれています。

魚肉ソーセージは健康にいい?悪い?

魚肉ソーセージは、高たんぱくでカルシウムやEPA、DHAなどの栄養を豊富に含んでいます。魚肉ソーセージは栄養価に優れているだけでなく、ヘルシーで食べごたえもあります。また、高たんぱくであることから、筋肉トレーニングなどスポーツをする人に好まれるようです。
健康に良いとされる魚肉ソーセージですが、加工食品のひとつなので、添加物も含まれています。ソーセージの粘着力を出すのに使用されている『リン酸ナトリウム』や、『赤色○号』といった着色料の摂りすぎには注意が必要のようです。特に、着色料は発ガン性が指摘されているため、体に良いとはいえません。また練り製品に多く含まれる塩分は、魚肉ソーセージにも含まれています。魚肉ソーセージ1本あたり1g~1.5gの塩分が含まれているため、塩分の摂りすぎには注意しましょう。
最近では、健康重視の魚肉ソーセージを販売するメーカーも増えています。保存料不使用、自然色の魚肉ソーセージが多くなり、健康食品として注目を浴びていますね。

健康に良い食品ってどんなもの?

私たちの身の回りにある食品は、数多くあります。しかし、医学的・科学的根拠に基づいた健康食品は少ないともいわれています。医学的に健康に良いとされている食品は

・魚
・野菜と果物
・茶色い炭水化物
・オリーブオイル
・ナッツ類

魚肉ソーセージの原材料として使われている魚自体は健康に良いとされている食品です。魚肉ソーセージを食べるときに健康を気にするならば、どんな風に加工されているか?添加物や塩分はどれくらいか?など、成分表示をチェックすると良いでしょう。

魚肉ソーセージの売れ筋ランキングはコチラ!

それでは、魚肉ソーセージの売れ筋ランキングを紹介します。

魚肉ソーセージランキング【Amazon】

1位 マルちゃんソーセージL5本束
2位 DHA入り1秒OPENおいしい おさかなソーセージ4本
3位 小田原鈴度 やさいとさかなのシーセージ
4位 マルちゃんソーセージMS 3本束×20個
5位 マルちゃんソーセージL4本束
6位 ニッスイ おさかなのソーセージ70g×4本
7位 おさかなソーセージ5パック
8位 食物繊維配合 国産 四万十川産 あおさのり減塩ソーセージ2本セット
9位 DHA・EPA入り国内産あじ減塩ソーセージ2本セット
10位 マルちゃんごつ盛りソーセージピリ辛20本

魚肉ソーセージランキング【Yahoo】

1位 ソウルチーズホットドッグ チーズ&魚肉ソーセージ味
2位 DHA・EPA入り まぐろソーセージ
3位 丸大食品 フィッシュソーセージ
4位 千代田食品 フィッシュソーセージ
5位 おつまみ 魚肉ソーセージ 島とうがらし入り
6位 国産 魚肉ソーセージ出雲産 おさかなソーセージ
7位 DHA・EPA入り 国内産あじソーセージ
8位 クリームチーズ入り 魚肉ソーセージ風フライ
9位 ニッスイ毎日これ1本 EPA/DHAソーセージ
10位 三陸ソーセージ さんま/メカジキ/かつお/あみエビ/ふかチーズ

定番の魚肉ソーセージから、チーズややさいが入った魚肉ソーセージまで様々な種類の商品が販売されていますが、10位までのランキングだと、スタンダードな魚肉ソーセージが好まれているようです。
しかし、Yahooでは、ホットドッグ風の魚肉ソーセージが1位に入るなど、変わり種も人気のようですね。

健康を気にするなら…魚肉ソーセージおすすめランキングはコチラ!

健康を気にされている方や、糖質制限中の方におすすめの魚肉ソーセージランキングもご紹介します。

1位 マルハニチロ DHA入りリサーラソーセージ

DHA入りリサーラソーセージは、特定保健用食品で低カロリーです。

2位 鈴廣かまぼこ シーセージ

鈴廣かまぼこ シーセージは、見た目もおしゃれで一般的な魚肉ソーセージよりもプリッとした食感とジューシーさが特徴的です。

3位 西南開発 魚肉ソーセージ

西南開発 魚肉ソーセージは、あじ、いわし、まぐと、いとより、エソ、タラの5種類を味わえます。

4位 西南開発 元祖魚肉ソーセージ

西南開発 元祖魚肉ソーセージは、アジ100%を使用していて、レトロなパッケージと昔ながらの製造方法で懐かしさを味わえます。

5位 鈴廣かまぼこ やさいとさかなのシーセージ

鈴廣かまぼこ やさいとさかなのシーセージは、黄色、赤色、緑色のカラフルな魚肉ソーセージですが、無添加で野菜が入っています。

6位 佐藤水産 サーモンソーセージ
佐藤水産 サーモンソーセージは、鮭肉を100%使用していて、サケのうま味を存分に味わえ、ソフトな食感が特徴的です。プレーンの他にイカ墨入りのピリ辛タイプもあります。

7位 丸善 ツナ&明太子入りお魚のスティック

丸善 ツナ&明太子入りお魚のスティックは、明太子入りのツナフィリングが入った魚肉ソーセージです。一般的な魚肉ソーセージに比べて、味や食感に明太子のパンチが効いています。ご飯のお供やおつまみにも合いますよ。

8位 マルハニチロ 1秒OPENおさかなソーセージ

マルハニチロ 1秒OPENおさかなソーセージは、フィルムの剥きやすさが特徴の魚肉ソーセージです。カルシウムが440mg、DHAが120mg、EPAが30mg入った栄養豊富の魚肉ソーセージです。

9位 林兼産業 ニューソーセージ

林兼産業 ニューソーセージは、通常の魚肉ソーセージの約1/4の固さで、歯茎でも潰せるほどやわらかい魚肉ソーセージです。また、食塩が通常の半分しか入っていなく、1本で1日に必要なカルシウムがほぼ入っています。

10位 マルハはしもと 魚肉ウインナー蜂蜜入

マルハはしもと 魚肉ウインナー蜂蜜入は、ハチミツ入りでほんのり甘い魚肉ソーセージです。もちもちの食感が子どもにも喜ばれます。色が鮮やかな赤色なので、お弁当に入れると色映えしますよ。

魚肉ソーセージを使ったレシピ

長寿の人も食べているという魚肉ソーセージのレシピが、テレビで公開されていたようです。簡単で美味しく食べられるようなので、紹介します。

魚肉ソーセージレシピ①魚肉ソーセージの磯辺焼き

材料
魚肉ソーセージ
衣(天ぷら粉、青のり、水)

下準備:魚肉ソーセージは食べる量、衣はやや固めに作ります。

作り方
①魚肉ソーセージは、1センチ幅の斜め切りにする。
②衣に①の魚肉ソーセージを絡める。
③フライパンに大さじ3ほどの油を入れて、②を入れ揚げ焼きにする。
④両面に焼き色が付いたら完成!
※マヨネーズなどを付けて食べても美味しいです。

魚肉ソーセージレシピ②魚肉ソーセージとトマトのチャンプルー

材料
魚肉ソーセージ…2本
トマト…1個
もやし…1袋
卵…1個
油…大さじ1
しょうゆ…適量
塩コショウ…少々
下準備:トマトは8等分のくし切り、魚肉ソーセージは1センチ幅の輪切りにする。

作り方
①フライパンに油を入れ、魚肉ソーセージを入れる。
②焼き色がついたら、トマト、もやしを入れて炒める。
③全体が混ざったら、しょうゆ、塩コショウで味をつけ、溶き卵を回し入れてさっと火を通す。
※溶き卵でトマトのうま味を閉じ込めるようにすると、美味しく仕上がります。

魚肉ソーセージは、基本的にそのままでも食べられる食品です。味がしっかり付いていて、肉を使ったウインナーの代わりにもなります。肉より魚のほうが、健康的な栄養成分を多く含むので、魚肉ソーセージをアレンジすれば簡単に健康的な食事になります。また、ご飯との相性もバツグンです!

最後に

魚肉ソーセージの材料である魚の糖質は低いため、魚肉ソーセージは糖質制限中でも食べられる食品です。しかし、製造元によっては糖質が高い商品もありますので、魚肉ソーセージを購入する際は成分表示をよくチェックするようにしましょう。魚肉ソーセージは栄養豊富で手軽に食べられることからも人気があり、最近では、塩分カット、無添加・着色料不使用の魚肉ソーセージもあります。アレンジレシピも簡単ですので、ぜひ試してみてくださいね。

岡 清華

監修者:岡 清華(おか さやか)

管理栄養士/ヨガトレーナー。管理栄養士過程 大学卒業後、健康と食の知識を深めるために、ハワイのカウアイ島にてアーユルヴェーダを学ぶ。広尾の会員制ヨガスタジオ「デポルターレヨガ」でトレーナーを務めた他、管理栄養士として食事の指導やイベント開催、メニュー開発などに携わり、現在は産業、健康経営事業にも取り組んでいる。Instagram @okasaya

text:common編集部

Posted by admin