common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

パスタの中でトマトパスタのカロリーが一番低い?生パスタのカロリーは?気になるパスタのカロリー一覧

2019.2.18

みなさん、パスタはお好きですか?パスタは、簡単に作れて美味しいですし、パスタソースもいたる所で手に入れることができますよね。でも、カロリーを気にしている方にとっては、パスタを食べる時もなるべく低いカロリーのものを選びたいところです。今回は、定番のトマトパスタのカロリーを紹介します!さらに、その他のパスタのカロリーが気になりますよね。クリームパスタ、ペペロンチーノ、ミートソースパスタやナポリタンのカロリーなど、様々なパスタのカロリーを一覧にしてご紹介します。
 

トマトパスタのカロリーは?

気になるトマトパスタのカロリーは約369kcalです。後ほど他のパスタのカロリーをご紹介しますが、実はトマトパスタは他のパスタに比べてだんとつでカロリーが低いのです!それもそのはず、トマトパスタには、パスタとトマトソースに使われる調味料しか使用していませんから、カロリーもとても低いです。トマトパスタに使用されるバジルはカロリーゼロとして計算されています。
ここに、モッツァレラチーズなどのトッピングをすれば、トマトパスタであってもカロリーが上がります。モッツァレラチーズなど、チーズはカロリーを気にしていても多少は取り入れたい食材ですので、トッピングをするならモッツァレラチーズのトマトパスタを選びましょう。

その他のパスタのカロリー一覧!

トマトパスタのカロリーは分かりましたが、その他のパスタのカロリーはどうなのでしょうか?ペペロンチーノ、たらこパスタ、ナポリタン、クリームパスタ、ミートソースのパスタを一覧でご紹介します。

ペペロンチーノのカロリーは?

にんにくと唐辛子の香りがおいしいペペロンチーノのカロリー約508kcalです。ペペロンチーノがカロリー低めのパスタになります。なぜなら、ペペロンチーノの主な材料はパスタとニンニクとオイルですから、あまりカロリーが上がらないのです。しかし、ペペロンチーノは軽めのパスタで、たくさん食べられてしまうのでカロリーオーバーに注意。ペペロンチーノを作るときにも油を多く入れすぎるとカロリーを増やす原因になりますので、1人前であれば大さじ1杯までにしましょう。

たらこパスタのカロリーは?

のりとの相性バッチリ!たらこパスタのカロリーは約533kcalです。キューピーたらこパスタなど、市販のパスタソースでもとても美味しいたらこパスタはややカロリーが高め。なぜなら、たらこパスタソースにはカロリーの高いバターがたっぷりと使用されているのです。たらこパスタは食べたいけれどカロリーを抑えたい!という方は、自宅でバター少なめのたらこパスタソースを作るとカロリーを抑えることができますよ。

ナポリタンのカロリーは?

昔ながらの喫茶店の味、ナポリタンのカロリーは約618kcalです。ナポリタンには、油はもちろんのことケチャップが使用されていて、カロリー高め。ナポリタンに入っているウィンナーもカロリーを上げている一因。しかし、ナポリタンは他のパスタに比べると具材は玉ねぎやピーマン、にんじんなどの野菜が多いので、カロリーは少し高めだけれど栄養をとることができますね。おうちでナポリタンを作る時には、ウィンナーの代わりに魚肉ソーセージにすることでより低カロリー&ヘルシーになります。

クリームパスタのカロリーは?

ほっこり温かい気持ちに…クリームパスタのカロリーは約673kcalです。ほうれん草のクリームパスタやきのこのクリームパスタなどは定番でとっても美味しいですがこんなにカロリーが高いのです。あさりのクリームパスタなら約691kcalで、明太子クリームパスタなんかは約700kcalとハイカロリーです。もし、どうしても食べたいのであれば、朝もしくは昼にクリームパスタを食べることでカロリーの吸収を抑えることができます。また、クリームを豆乳で作る事で、明太子クリームパスタなどもカロリーをオフすることができますよ。

ミートソースパスタのカロリーは?

みんな大好き!ミートソースパスタのカロリー約713kcalです。トマトパスタの仲間とも言えるミートソースパスタですが、ひき肉はとってもカロリーが高いのでこのカロリーになってしまいます。ミートソースパスタとトマトパスタがあったら、迷わずカロリーの低いトマトパスタを選んでカロリーコントロールしましょう。

パスタを食べたいけどカロリーが気になるときはトマトパスタにする!

トマトパスタのソースに使われているトマトはカロリーが低いだけでなく、美容に嬉しい成分がたっぷり。中でも、ビタミンCはお肌の調子を整えると言われています。それに、トマトパスタにはオリーブオイルが使用されています。トマトとオリーブオイルを一緒に使うことで、お互いの栄養素を相乗効果で上げることができると言われているのです。トマトパスタを選ぶメリットはカロリーが低いだけではなさそうです。トマトは火を通すことで血中のコレステロール値を下げるリコピンの効果を上げると言われていますから、トマトパスタはカロリーを気にしている方にぴったりのパスタなのではないでしょうか。

生パスタはカロリーが低いの?

一時期、もっちりとした食感がクセになる生パスタが流行りましたね。生パスタの方が、普通の乾麺パスタよりもカロリーが低いという噂を聞いたひともいるのではないでしょうか。そもそも生パスタとはなんなのでしょう。そして、生パスタとパスタ、カロリーに違いはあるのでしょうか。

生パスタとパスタのカロリーの違い

生パスタ自体はやや乾麺に比べてカロリーが低いそうです。ゆでたあとの生パスタのカロリーは1人前100gで約125kcal、乾麺パスタのカロリーは100gあたり約140kcalとカロリーだそうです。カロリーだけで見ると、ほぼ変わりはないので気にしなくてもよさそうですね。

外食パスタは要注意!

カロリーを気にする方は外食時のパスタに注意してください。トマトパスタでも、外食のカロリーとトマトパスタを自宅で作った場合では明らかに外食の方がカロリーが高いです。外食のトマトパスタは、美味しく仕上げるためにたくさんの油を使用しているため、自宅で作る時よりカロリーが高くなってしまいます。近頃は、たくさんのレストランでカロリー表示がされていますので、カロリー表をうまく利用してカロリーコントロールができるといいですね。

最後に

いかがでしたか?どうしてもカロリーを気にしていても好きなものを食べたい時があると思います。パスタはカロリーが高いイメージなので、どうしてもカロリーを気にして食べられない…なんてこともあるかと思います。そんな時はパスタの中でも低カロリーなトマトパスタを選んでみてはいかがでしょうか?さらに、トマトパスタの材料を工夫するだけでカロリーを下げつつ美味しいパスタを楽しむことができますよ。

岡 清華

監修者:岡 清華(おか さやか)

管理栄養士/ヨガトレーナー。管理栄養士過程 大学卒業後、健康と食の知識を深めるために、ハワイのカウアイ島にてアーユルヴェーダを学ぶ。広尾の会員制ヨガスタジオ「デポルターレヨガ」でトレーナーを務めた他、管理栄養士として食事の指導やイベント開催、メニュー開発などに携わり、現在は産業、健康経営事業にも取り組んでいる。Instagram @okasaya

text:common編集部

Posted by admin