common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

メロンの糖質はどのくらい?メロンはダイエット中に食べても大丈夫?メロンの糖質と栄養分

2019.2.18

ギフト用でも愛されている甘くて程よい食感のメロン。美味しいですよね。糖質制限をしている方、ダイエット中の方でも、たまには甘くて美味しいフルーツを食べたくなってしまうもの。ここでは、メロンの糖質やカロリー、栄養分などをご紹介して、糖質制限中、ダイエット中のメロンの食べ方の注意点を解説していきます。

気になるメロンの糖質・カロリー

それでは早速、気になるメロンの糖質やカロリーを他の果物と比較しながらご紹介します。

メロンの糖質は他の果物に比べてやや少なめ

メロンの糖質とスイカ、パイナップル、桃、バナナ、キウイ等、他の果物の糖質は次の通りです。(すべて100gあたりの糖質量)

メロン:9.8g
スイカ:9.2g
パイナップル:11.9g
桃:8.9g
バナナ:21.4g
キウイ:11g

これを見ると、スイカや桃には多少劣るものの、メロンの糖質量は、他の果物に比べて比較的少なめのようです。メロン1玉は550gですが、一度に食べるメロンの量を考えれば糖質量は少なめです。

メロンのカロリーも比較的低め

続いて、メロンのカロリーとスイカ、パイナップル、桃、バナナ、キウイ等、他の果物のカロリーは次のとおりです。(すべて100gあたりカロリー)

メロン:42kcal
スイカ:37kcal
パイナップル:51kcal
桃:40kcal
バナナ:86kcal
キウイ:53kcal

メロンのカロリーに関しても、スイカや桃よりは高いものの、比較的に低めと言えそうです。こちらもメロン1玉分を550gとして換算しても、一度に食べるメロンの分量を考えると、それほど気になるカロリーではありません。

メロンに含まれているダイエット効果を持つ栄養素

糖質、カロリーは、比較的控えめであるメロン。それでも、糖質制限中の方やダイエット中の方は太ってしまうのでは…と気になってしまいますよね。もちろんメロンの食べ方によっては太ってしまう可能性もありますが、ダイエット中には嬉しい栄養素がメロンにも含まれているようです。ここでは、メロンに含まれるダイエット効果を持つ栄養素についてご紹介していきます。

代謝を促進する「オキシカイン」

メロンに含まれる「オキシカイン」。人体の細胞を傷つけて、体内の代謝機能などにも影響を与える活性酸素に対して、効果がある「抗酸化作用」を持つと言われています。ダイエット中なら、食べた物が効率よく代謝されないことは逆効果となりますから、メロン由来の「オキシカイン」はダイエット中に嬉しい成分と言えますね。

むくみ解消の「カリウム」

メロンは「カリウム」を多く含むフルーツとしてよく知られています。「カリウム」は、利尿作用を以て身体の中の余分な水分や塩分を尿として出す効果があり、日々の生活で塩分過多が気になる方や、むくみ太りを気にされている方には最適な成分なのです。

ダイエット中に食べても大丈夫! ダイエット中、メロンを食べる時の注意点

カロリーも糖質も比較的低め、「オキシカイン」や「カリウム」がダイエット中に嬉しい栄養分が含まれているとなれば、さっそく、今日から三食のデザートや、おやつにメロンを食べよう、と考える方もいらっしゃるのではないかとは思います。ダイエット中の食事やデザートも美味しく食べられるに越したことはありません。だけど、メロンを食べる時も、注意しなければならないことがあります。ここでは、糖質制限中、ダイエット中のメロンを食べる際の注意点をご紹介します。

夜に食べるのは控えよう

メロンに含まれる糖質は控えめ、とご紹介しましたが、メロンをはじめ、果物類に含まれる糖質は、「果糖」と呼ばれるもので、脂肪になりやすい糖質類と言われています。夜間や、就寝前など、代謝効率の下がる時間帯に食べてしまうと余計な脂肪がついてしまう原因になり兼ねないので、なるべくメロンを夜に食べることは避けましょう。

あくまで“デザート”、“間食”として食べよう

メロンは、水分を多く含むフルーツで、量を多く食べたとしても、あまり腹持ちが良くないため、主食として食べてしまうと、すぐにお腹が空いて、余計なものを食べてしまうことに繋がります。メロンは、あくまで“デザート”や“間食”として、糖質制限中、ダイエット中の食事に取り入れていけると良いかもしれません。

最後に

糖質制限ダイエット中やカロリー制限ダイエット中、どうしてもフルーツが食べたい!という時には、糖質・カロリーが控えめで、ダイエット中に嬉しい栄養素も含まれているメロンを食べてみてはいかがでしょうか。メロンの他にも、スイカ、桃、パイナップル、キウイ、バナナ、などなど糖質・カロリーの高低に関わらず、上手くダイエット中の食事に取り込めばダイエット効果が得られるといった、フルーツを取り入れたダイエットの方法は沢山あります。どんなフルーツを使ったダイエットでも、気をつけるべき点は同じで、甘くて美味しく、食べやすいからと言って、食べ過ぎてしまわないことです。健康的な食事、健康的な運動習慣をベースに、美味しく、楽しく、糖質制限やダイエットを行っていけると良いですよね。

岡 清華

監修者:岡 清華(おか さやか)

管理栄養士/ヨガトレーナー。管理栄養士過程 大学卒業後、健康と食の知識を深めるために、ハワイのカウアイ島にてアーユルヴェーダを学ぶ。広尾の会員制ヨガスタジオ「デポルターレヨガ」でトレーナーを務めた他、管理栄養士として食事の指導やイベント開催、メニュー開発などに携わり、現在は産業、健康経営事業にも取り組んでいる。Instagram @okasaya

text:common編集部

Posted by admin