common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

ジェラートってカロリーが低いの?ソフトクリームとカロリー比較!コーンを食べないことでカロリーオフ

2019.2.4
夏は外で、冬はこたつの中で……年中通して食べたくなるのが冷たいアイスクリーム。中でも、夏に露店などでよく見かけるのがジェラートです。フルーツの果肉などが盛り込まれている種類も多いため、なんとなくカロリーも低いようなイメージがあり、色鮮やかなので見た目でも楽しめますよね。では、ジェラートが一般的なアイスクリームとどう違うか知っていますか?実際にジェラートのカロリーは低いのでしょうか?この記事では、ジェラートのカロリーを、有名店ごとやソフトクリームと比較して、調べてみました。

●まず、ジェラートとは?平均的なカロリーを知りたい!

カロリーを比べてみる前に、ジェラートについて知っておきましょう。ジェラートは、イタリア発祥のお菓子です。ジェラートという名前はイタリア語で「凍った」という意味からとられています。ジェラートは、乳脂肪分5~8%のものが多く、一般的なアイスクリームよりも乳脂肪分が低いのが特徴です。そもそも、アイスクリームとは乳脂肪分8%以上のものを指すため、ジェラートのほうが脂肪分が少なく低カロリー、ということがわかります。味によって差はありますが、ジェラートの平均的なカロリーは100gあたり120kcalだそうです。

●カロリーがわかったら…ジェラート販売店ViTOやパリヤなど有名店の特徴を比較

ジェラートはアイスクリームよりカロリーが低いとわかったら、食べ歩きや食後のデザートにはアイスよりもジェラートを選びたい方が多いのではないでしょうか。そこで今回は、ジェラートを販売している有名なお店、ViTO・久世福商店・パリヤの三店舗の特徴を紹介していきます。ジェラートが食べたい時の参考にしてみてくださいね。

・ViTOのジェラートの特徴は?

まずは、「イタリアの、風薫る。」というキャッチコピーが特徴的なジェラート専門店・ViTOのジェラート。九州を中心に、東京、沖縄にも店舗があります。ViTOのジェラートの売りは、「ヘルシーで体に優しい」という点。これは、季節の天然素材を厳選し、本場イタリアの製造方法をベースにした独特の製造方法でジェラートを作っているViTOならではかもしれません。女性人気が高いのも納得ですね。

・久世福商店のジェラートの特徴は?

黒い外観が目印の久世福商店。地域で愛されているこだわりの逸品が売られています。そんな久世福商店に置かれているジェラートは、長野県で作られているもの。現地で飼育されている牛からとれた、こだわりの牛乳を使用しています。良い環境で愛情たっぷりに育てられた牛乳は、自然な甘さを含んだまろやかで優しい味わいです。抹茶味などの「和ジェラート」が人気ですが、甘さもひかえめで、普段カロリーを気にしている方でも罪悪感を感じることなく食べる事が出来る味です。

・パリヤのジェラートの特徴は?

最後にご紹介するのはデリカテッセン専門店のパリヤのジェラート。日替わりで楽しむことができるフレーバーはどれも人気です。その時期、旬の新鮮なフルーツを使用したジェラートは、季節限定のフレーバーや大きくカットしたフルーツが入っているフレーバーもあり、選ぶ楽しみがたくさんあります。

Posted by admin