common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

痩せたと口コミ多数の温野菜ダイエット!温野菜の効果と温野菜ダイエットで痩せた人がやっていた成功する蒸し野菜レシピ

2019.2.4

野菜を使ったダイエット法は沢山ありますが、野菜本来の味がする生野菜が苦手という方におすすめなのが温野菜ダイエット。温野菜は、アツアツホクホクで食べることができて、野菜ダイエットの中でも人気のダイエット方法なのです。今回は、そんな温野菜ダイエットで得られる効果と温野菜レシピをご紹介します。

普通の野菜とどう違う?温野菜の嬉しいポイントとダイエット効果

カロリーは生野菜と温野菜で変わらない

ダイエット中気になるカロリーですが、生野菜と温野菜で比較したとしても、カロリーは変わりません。カロリーを気にされるダイエッターの皆さんも、温野菜は安心して召し上がることが出来ます。

食物繊維が多く摂れる

生野菜を食べるよりも茹でたor蒸した温野菜を食べる方が、野菜自体の量が減ることで、野菜の量を多く摂ることができ、その分、便通効果や腹持ちの良さに繋がる食物繊維も多く摂取することが出来ます。温野菜がダイエット効果を発揮する理由の1つです。

とにかく食べやすい

ダイエットで一番大事なことは、「続けられること」に限ります。野菜が大好物!という方も、生野菜はちょっと苦手…という方にも、温野菜は美味しく、食べやすく頂けるダイエット食です。また、生野菜とは違って温野菜はレシピも豊富なので、続けるのが苦になりにくいのです。

温野菜ダイエットで痩せた?!口コミでの温野菜ダイエットの評判は?

温野菜ダイエットで痩せた人は多い

“温野菜ダイエットで1週間弱で数キロ痩せた”
“温野菜を食べていたら身体や顔がすっきりとしてきた”

など、ネット上の口コミを見ると、多くの人が温野菜ダイエットに挑戦し、効果を得られている人も多いようです。

温野菜ダイエットで痩せた人は多い…しかし失敗談もつきもの

温野菜ダイエットで痩せた、という意見も多いですが、どんなダイエット法にも失敗談はつきもの。温野菜を食べて、全然痩せなかった、逆に太った、などの意見も一定数存在するようです。

ダイエット成功のカギはいつだって「バランスの取れた食事」

失敗した方の口コミを覗くと、どうやら、食事の中心を温野菜にしてしまい他の食事を摂らなかったり、温野菜だけにしたことで満腹感を得られず、結局他の物も食べてしまい、太ってしまったようです。ダイエットで重要なのは、食事を厳しく制限することではなく、「バランスの取れた食事」をすることです。そこで次に、効果的な温野菜ダイエットの方法をご紹介します。

効果的な温野菜のダイエットのやり方

茹で野菜よりも蒸し野菜がおすすめ

温野菜を作る時に、皆さんが一般的に想像するのは茹で野菜だと思います。しかし、温野菜ダイエットをする際には、是非蒸し野菜にしてみてください。茹で野菜より、蒸し野菜の方が良いと言われるのは、野菜の栄養素が茹でることにより水に流出してしまうことが理由とされています。蒸し野菜では、栄養が逃げにくく、ダイエット以外の健康・美容にも効果的なダイエットが期待できます。

偏りなく色んな野菜を食べよう

野菜にも種類があり、同じ野菜でも好き嫌いなどがある場合もありますよね。緑色の野菜、黄色の野菜、赤色の野菜など、野菜にはそれぞれ含まれる栄養素の成分があり、満遍なく野菜の栄養素を摂るには野菜の種類に偏りが無い方が良いのです。

1日1食から始めよう

「続けられること」がダイエットの秘訣。口コミで成功している人がいるからといって、毎食で温野菜を食べる必要はありません。いくらバリエーションの多い温野菜でも、毎日同じルーティンを繰り返してしまうと、やはり飽きてしまいます。1日の1食のどこかで温野菜を取り入れるところからダイエットを始めていきましょう。

一緒に食べるものにも気を付ける

食事で温野菜以外にも何かを食べる場合には、カロリーや糖質なども考えて食べるようにしましょう。カロリーの少ない温野菜を食べていても、他に食べているものがハイカロリーであればダイエットの意味がありません。また、1日の食事に野菜を取り入れるだけでなく、タンパク質・脂質・糖質などバランスの取れた食事を摂ることがダイエット成功に繋がります。

人気の温野菜ダイエット!簡単蒸し野菜レシピをご紹介

簡単!電子レンジで出来る蒸し野菜

【材料】

キャベツ
ブロッコリー・カリフラワー
トマト
パプリカ
れんこん 

などお好きな野菜(根菜類がおすすめ)

【作り方】

耐熱容器に、お好みの大きさに切ったお好みの野菜を入れて水を適量入れ、ラップをかけ、電子レンジで5~6分(600W)加熱すれば完成です。そのままだと味気ないという方は、ポン酢やドレッシングをかけて頂くと良いでしょう。ドレッシングも、低カロリー・低糖質のものを選んだり、かける量に気を使いましょう。

最後に

温野菜ダイエットの一番のメリットは、食べやすく、レシピもアレンジが多いため、飽きずに続けられること。ダイエットしながら、健康的に不足しがちな野菜も摂れてしまうのは魅力ですよね。今日からダイエット習慣のバランスの良い食事の中に、ぜひ、温野菜を取り入れてみてはいかかでしょうか。

岡 清華

監修者:岡 清華(おか さやか)

管理栄養士/ヨガトレーナー。管理栄養士過程 大学卒業後、健康と食の知識を深めるために、ハワイのカウアイ島にてアーユルヴェーダを学ぶ。広尾の会員制ヨガスタジオ「デポルターレヨガ」でトレーナーを務めた他、管理栄養士として食事の指導やイベント開催、メニュー開発などに携わり、現在は産業、健康経営事業にも取り組んでいる。Instagram @okasaya

text:common編集部

Posted by admin