common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

ウインナーがダイエットにいい!?ベーコンや魚肉ソーセージも?ダイエット中の食事メニューにウインナーがおすすめなワケ

2019.2.4

朝ごはんの定番、ウインナーソーセージ。茹でて食べても、炒めて食べても、パリッとした食感で美味しいですよね。健康的な朝ごはんのイメージはありますが、なかなかウインナーでダイエット出来るとは想像しにくいですよね。でも、この美味しいウインナーが、上手く利用すればダイエットに嬉しい効果を及ぼしてくれるのです。

ウインナーってカロリー高そう…。糖質は?

ウインナーとソーセージの違い

ウインナーソーセージ(通称ウインナー)は、ソーセージの一種で、「ウィーン発のソーセージ」という意味があります。日本語では、腸詰め、と呼んだりもしますが、その名の通り、豚や牛、羊などのひき肉を味付けし、それを羊の腸で包んだものです。(市販されている物の大半は、人工の皮を使用しています。)

カロリーは高めの食材

市販されているウインナーを一例に挙げると、1本20gあたり64kcal。市販されているものは、基本的には6本入りが多いので、6本食べれば384kcalとかなり高カロリーの食材ということになります。

しかし糖質は控えめ

カロリーは高めのウインナーですが、ウインナーを構成する成分はほとんどが脂質・タンパク質で構成されていますから、意外に糖質は控えめです。1本20gのウインナーに対して0.6gの糖質が含まれています。1袋6本でも3.6gの糖質ですから、糖質はかなり控えめの食材です。

ウインナーにダイエット効果があるって本当?

タンパク質が代謝促進のカギ

先ほども述べたように、ウインナーには脂質とタンパク質が多く含まれています。そのうち、私たちの筋肉や内臓を構成する成分であるタンパク質がウインナーには多く含まれているので、筋肉がつきやすくなることで、代謝を促進して消費カロリーを増やしてくれる効果があると言われているのです。

ビタミン類が糖質代謝の促進

ウインナーには、「ビタミンB1」と呼ばれるビタミン類が豊富に含まれており、糖質の代謝を促進してくれます。糖質の代謝を促進してくれることで、脂肪がつきにくくなる効果があると言われているのです。

つまりダイエット中の身体作りに最適

ダイエットをする際に、食事制限をしすぎてタンパク質などの摂取不足が起こると身体の筋肉量が落ちて、代謝効率が下がることに繋がります。つまり、ダイエット中でもバランスの取れた食事を摂ることは重要なポイントで、タンパク質やビタミン類を多く含むウインナーはダイエット中の食事に最適とも言えるのです。

朝?夜?いつ食べるのが効果的?運動もしよう

出来れば朝食に

基本的に、ウインナーは朝ごはんの定番ですが、ダイエット中も朝にウインナーを食べる方が効果的です。ウインナーに含まれる脂が、満腹感を与えてくれるので、食べ過ぎの予防にもなります。ダイエット中に、朝食で脂質・タンパク質・糖質のバランスの取れた食事をすることで日中の活動パフォーマンスも良好になります。

おすすめは野菜や他のタンパク質豊富な食材と一緒に

出来れば朝食と言いましたが、昼食のお弁当や夜ご飯のお供にしても構いません。いつ食べても良いのですが、心掛けてほしいことは、レタスや白菜などの野菜と一緒に食べたり、タンパク質の多く含まれる卵や豆腐などと一緒に食べることです。ウインナーはタンパク質・脂質が多く含まれる食材ですが、ウインナーだけで栄養素のすべてを得られるわけではありません。身体の資本を作るバランスの取れた食事メニューが、ダイエット効果を高めてくれます。

運動は必須

もちろん、普段と同じようにウインナーを食事に取り入れても、簡単に痩せるわけではありません。ウインナーにダイエット効果があると言われているのは、タンパク質やビタミン類が身体の代謝を高めてくれるからで、ウォーキング・ランニングなどの運動をベースにウインナーを摂取することでよりダイエット効果が高まるのです。

ウインナーダイエット注意点

必要な量だけ食べよう

冒頭でご紹介したように、ウインナーはカロリーの高い食材。以前は一袋6本全部食べていたとしても、ダイエット中は半分の3本に減らすなどの工夫を凝らしましょう。ウインナーは塩分量が高いので、食べ過ぎるとむくみの原因にもなります。

ソースやケチャップは控えめに

ウインナーに、ソースやケチャップをつけて食べるのは美味しいですよね。しかし、美味しいものはカロリーや糖質が高いものです。ソースやケチャップをたっぷりつけて食べるのは、ダイエットに逆効果です。

ベーコンや魚肉ソーセージでもダイエットできる?

同じ肉製品のベーコンもタンパク質が多く含まれているので、ウインナーと同じようにダイエット中の食事に用いることが出来ます。ウインナーよりもヘルシーなイメージのある魚肉ソーセージも高タンパク質なので、ダイエット中の食事に取り入れることの推奨できる食材です。

最後に

健康的なダイエットは、健康的な生活習慣から。ウインナーは、健康的な食生活に用いる食材の一つとして賢くダイエットに取り入れて、美味しく楽しくダイエットをしていきましょう。

岡 清華

監修者:岡 清華(おか さやか)

管理栄養士/ヨガトレーナー。管理栄養士過程 大学卒業後、健康と食の知識を深めるために、ハワイのカウアイ島にてアーユルヴェーダを学ぶ。広尾の会員制ヨガスタジオ「デポルターレヨガ」でトレーナーを務めた他、管理栄養士として食事の指導やイベント開催、メニュー開発などに携わり、現在は産業、健康経営事業にも取り組んでいる。Instagram @okasaya

text:common編集部

Posted by admin