common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

らっきょうダイエットが効果あり!?らっきょうはいつ食べる?らっきょうを食べるタイミングやおすすめダイエットレシピ

2019.2.1

食べ物を使ったダイエットは多種多様。ダイエットに興味があっても、らっきょうを使ったダイエットのことは知らない、聞いたことがないという方も多いのでは無いのでしょうか。カレーなどに添えられているあの甘酸っぱいらっきょうが、意外にもダイエットに効果を発揮するというのです!ここではらっきょうのダイエット効果とらっきょうはいつ食べるのが良いのか?ベストなタイミングをご紹介していきます。

意外な効果あり?!らっきょうダイエットとは

私たちが普段食べるらっきょう、甘酸っぱくて美味しいですよね。酸っぱいもの好きにはたまらない食べ物です。そのらっきょう、意外にもダイエット効果があるというのです。

らっきょうのダイエット効果①脂質・糖質の取り込みを緩やかにしてくれる

コレステロールなど、脂質・糖質の取り込みを緩やかにしてくれる作用がらっきょうにはあります。この作用は、らっきょうに含まれる「フルクタン」と呼ばれる食物繊維が脂質・糖質の吸収を緩やかにする効果を発揮してくれます。

らっきょうのダイエット効果②疲労回復効果

夏バテにらっきょうが良い、と聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。「アリシン」と呼ばれる物質がらっきょうには含まれており、このアリシンは体内のエネルギーを燃焼させるために必要なビタミンB1を活性化してくれる作用を持ち、代謝の活性化・疲労回復に効果を発揮します。運動を含めてダイエットをしている方にはうってつけの効果といえるでしょう。

らっきょうのダイエット効果③血液をサラサラにしてくれる

こちらはダイエット効果というよりも一般的な健康効果ですが、ダイエットは健康的にやりたいものですよね。先ほどもご紹介した「アリシン」が血液をサラサラにし、血流を良くする効果を持ちます。「アリシン」以外にも「硫化アリル」という成分が、血液をサラサラにしてくれる効果があり、この「硫化アリル」は消化・吸収にも効果を発揮してくれます。

いつ食べる?らっきょうを食べるベストなタイミング

らっきょうにダイエット効果が期待できるは分かったけど、1日どのくらい食べればよいのか?いつ食べるのがいいのか?など、気になる点は沢山ありますよね。そんな疑問を持つ方のために、らっきょうを食べるベストなタイミング、そして1日の理想的な摂取量をご紹介します。

らっきょうはいつ食べる?らっきょうを食べるタイミング

らっきょうダイエットは至ってシンプルで簡単です。らっきょうを食べるタイミングは、毎日の食前に食べるだけでOK。食前に食べることで、食後血糖値や脂質吸収を緩やかにしてくれるダイエット効果を発揮します。

らっきょうの理想的な摂取量

ついつい酸っぱいものが好きだとたくさん食べてしまいがちですが、いくら健康に良いから、ダイエットに効果があるからといっても食べ過ぎてしまうのは良くありません。らっきょうを食べる適切な量は1日に3~5粒と呼ばれています。また、甘酢漬けの場合は1さじ、漬けてあるお酢を飲むのが理想です。理想としては毎食前に1粒ずつ食べられると良いですね。らっきょうに含まれる魅力的な成分を前項で述べましたが、その成分たちが食べ過ぎると逆に胃腸を荒らす原因となってしまうため、食べ過ぎには気をつけましょう。

美味しくて食べやすい!らっきょうレシピ

普段私たちが食べているのは甘酢漬けのらっきょうですよね。理想的なダイエット効果を得るには、生らっきょうが良いと言われています。しかし、生のらっきょうは食べにくいし、甘酸っぱいらっきょうが苦手な方もいると思います。そんな方たちのために、らっきょうを美味しく食べれるレシピ3選をご紹介します。

らっきょうの美味しいレシピ①塩漬けらっきょう

【材料】
生らっきょう 100g
塩 小さじ1
水 100ml(天然水が好ましい)
鷹の爪 お好み量

【作り方】
熱湯で消毒した瓶を用意し、その中にらっきょう100g、塩小さじ1、水100mlを入れ、お好みで鷹の爪を入れて下さい。使用する水は天然水が好ましいですが、水道水を使用する場合は、塩を入れた水道水を沸騰させた後、冷ましたものを使いましょう。2~3日冷蔵庫に保管して、食べごろになります。

らっきょうの美味しいレシピ②焼きらっきょう

【材料】
生らっきょう 3~5個
 
【作り方】
生らっきょう3~5個をアルミホイル包んで10~15分オーブントースターで焼きます。出来上がったら、塩やしょうゆを少しつけて食べるのも美味しいでしょう。

らっきょうの美味しいレシピ③揚げらっきょう

【材料】
生らっきょう 適量
小麦粉 適量
揚げ油

【材料】
適量の生らっきょうに小麦粉をまぶし、揚げ油で揚げて完成です。こちらも塩やしょうゆをつけて頂くと良いでしょう。

最後に

私たちに身近ならっきょうですが、意外にもダイエット効果が期待できることがわかりました。しかも、難しいダイエットではなく、食前に1粒口に含むだけでOK。簡単で始めやすいダイエットの1つです。ダイエットを始めようとしているなら、ぜひ、らっきょうダイエットを日々の生活に取り入れて見ませんか?

岡 清華

監修者:岡 清華(おか さやか)

管理栄養士/ヨガトレーナー。管理栄養士過程 大学卒業後、健康と食の知識を深めるために、ハワイのカウアイ島にてアーユルヴェーダを学ぶ。広尾の会員制ヨガスタジオ「デポルターレヨガ」でトレーナーを務めた他、管理栄養士として食事の指導やイベント開催、メニュー開発などに携わり、現在は産業、健康経営事業にも取り組んでいる。Instagram @okasaya

text:common編集部

Posted by admin