common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

トッポギのカロリーは?韓国の人気グルメ!ヨッポギやホットク、キンパのカロリーも合わせて調査

2019.2.1

トッポギ(トッポッキ)は、日本でもとても人気のある韓国料理の1つです。「トッポギ」とは「餅炒め」という意味で、「トック」という朝鮮半島のおもちを使用した、炒め物、ないしは煮込み料理に使用したお料理です。もちもちとした食感が楽しめ、アレンジしやすいことから子供から大人まで大人気のトッポギ。気になるカロリーは、どのくらいあるのでしょうか。また、同じく人気の韓国料理、ホットク・キンパのカロリーも見てみましょう。

トッポギは韓国のおもち!やっぱりカロリーは高い?トッポギのカロリーを知ろう

トッポギは様々なアレンジを楽しめる食材ですが、まずは基本的なレシピ、ごま油や鶏ガラスープ、お砂糖やコチュジャンなどの調味料でトッポギを味付けをした場合のカロリーを調べました。

*トッポギ 100gあたり 154kcal
*トッポギ 1人前200g  308kcal

韓国の「おもち」というからには、カロリーは高いのかと思われがちなトッポギですが、実際にはトッポギのカロリーはそこまで高くないようですね。これならダイエット中にも気軽に頂けそうですが、ダイエット中にトッポギを食べるならば、食べすぎには注意が必要です。そんなの当たり前…かと思われるかもしれませんが、トッポギには香辛料を使用することが多く、香辛料は食欲を増進させることも。また、トッポギの甘辛いその味は、ビールなどのお酒類や白米にぴったりです。トッポギを食べる際には、食べすぎや付け合わせに、注意してくださいね。

ヨッポギってなあに?ヨッポギのカロリーはどのくらい?

さて、トッポギについて詳しく見てきましたが、「ヨッポギ」の事はご存知でしょうか。ヨッポギとは、電子レンジ温めるだけでお手軽にトッポギを頂く事ができる優秀な即席のカップフードで、チーズやオニオンバターなど味にもバリエーションがある近頃人気の商品です。韓国のヨンプンという会社の商品で、日本ではヘテパシフィック株式会社が輸入、販売しています。

トッポギは以前に比べ、スーパーなどでも見かける事も多くなり、日本でも気軽に頂く事のできる韓国料理となりました。しかし、まだまだ食べた事のない人も多いでしょう。また、トッポギを食べた事があっても、調理に自信のない人もいるでしょう。そんな人も、電子レンジ1つですぐに出来る「ヨッポギ」は、とてもおすすめ。では、そんな優秀なヨッポギのカロリーは、どのくらいあるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

*ヨッポギ甘辛  322kcal
*ヨッポギチーズ  342kcal
*ヨッポギオニオンバター  335kcal
*ヨッポギ韓国風チャジャン味  325kcal

やはりチーズが1番カロリーが高いという結果になりました。とはいえ、どの商品もだいたい同じくらいのカロリーで、しかもカロリーは低めです。どれもとても美味しそうですね。ヨッポギをまだ食べた事のないという人も、見かけたら是非チャレンジしてみてくださいね。

まだまだある!韓国の人気フード「ホットク」気になるカロリーはどのくらい?

お次はこれまた大ブームの「ホットク」について見ていきましょう。ホットクとは韓国の屋台などで売られている甘いお菓子です。小麦粉やもち米粉を使用した生地に餡を入れ、平たく揚げ焼きしたお菓子。なんだかとても、カロリーが高そうですが…?ホットクのカロリーは果たしてどれくらいあるのでしょうか。

*ホットク1枚あたりのカロリー 約250kcal

こちらは小麦粉・お砂糖・シナモン・黒砂糖を使用したシンプルなホットクのカロリーです。ホットクは実にバリエーションが豊富で、カロリーといっても一口にはいえませんが、ホットク1枚あたりのカロリーは250〜300kcal程のものが多いようです。ホットクのカロリーの目安として知っておくと良いですね。

韓国のり巻き「キンパ」!カロリーはどのくらい?

では、最後はキンパについて見ていきましょう。キンパは塩とごま油などで味付けをしたお米に、味付けした牛肉や卵、たくあん、ほうれん草などのお野菜を巻いた韓国ののり巻きです。焼肉のおいしい韓国ですが、お肉を巻いたキンパは冷めも美味しく、お弁当にも最適です。キンパにも色々種類がありますが、お肉、卵、たくあん、お野菜などを巻いた、スタンダードなキンパのカロリーは、一本あたり500〜600kcal程のものが多いようです。

ちなみにセブンイレブンの「韓国風のり巻きキムパフ」は、カットされたキンパが5本入っており、カロリーは1包装あたり333kcalとなっています。低カロリーで食物繊維はなんと8.8g入り。これは、レタス約1個分以上に該当する量です。低カロリーで食物繊維もとれるセブンイレブンの「韓国風のり巻きキムパフ」はダイエット中にも最適ですね。

最後に

いかがでしたか?トッポギはおもちを使用しますが、カロリーは低め。しかし、食べすぎてしまう可能性がある事がわかりました。そんな時は、ヨッポギのようにカロリーがはっきりとわかる商品があると、ダイエット中でも安心して頂く事ができますね。他にも、韓国には、ホットクなどのスウィーツやキンパなど美味しいお料理がたくさん。だいたいのカロリーを知っておくとダイエット中でも安心です。是非参考にしてみてくださいね。

岡 清華

監修者:岡 清華(おか さやか)

管理栄養士/ヨガトレーナー。管理栄養士過程 大学卒業後、健康と食の知識を深めるために、ハワイのカウアイ島にてアーユルヴェーダを学ぶ。広尾の会員制ヨガスタジオ「デポルターレヨガ」でトレーナーを務めた他、管理栄養士として食事の指導やイベント開催、メニュー開発などに携わり、現在は産業、健康経営事業にも取り組んでいる。Instagram @okasaya

text:common編集部

Posted by admin