ダイエットに甘酒がイイらしい!飲むタイミング、痩せる甘酒の適量は?- common(コモン) | フィットネス&ライフスタイルマガジン

毎日をアクティブに楽しみたい女性に贈る、フィットネス&ライフスタイルマガジン

フィットネス・ライフスタイル情報ならcommon

フィットネス・ライフスタイル情報ならcommon

  • login
  • search
アカウント登録/ログイン画面はこちらから!

ダイエットに甘酒がイイらしい!飲むタイミング、痩せる甘酒の適量は?

2019.3.14

ここ数年で、「甘酒ダイエット」というのが密かなブームなっていますよね。甘酒とダイエットにはどのような関係があるのでしょうか?本当に甘酒で痩せることは可能なのでしょうか?今回は、甘酒がダイエットに役立つ理由から飲み方までをご紹介します。

甘酒がダイエットにいいって噂!痩せない人もいるの?

『甘酒ダイエット』をテレビや雑誌、芸能人のブログで見たことをきっかけに、さっそく実践した人も多いようですね。しかしどうやら、甘酒を飲んで痩せた人と痩せない人がいるようです!

実は甘酒ダイエットは奥が深く、正しいやり方をしないと効果が期待できません。これから試してみる人は、ご紹介する甘酒の選び方や飲み方を参考にしてくださいね!

甘酒がダイエットに役立つ理由

甘酒

昔から『飲む点滴』といわれるほど栄養満点な甘酒。はたしてダイエットに役立つ理由とはなんでしょうか?

1.消化酵素「リパーゼ」が脂肪を分解

リバーゼという消化酵素には、『消化機能向上』『代謝向上』『脂肪分解』といった働きがあります。実はもともと人間の身体にも存在していますが、加齢とともに減少してしまいます。そこで、甘酒で追加補充することでリパーゼが増え、痩せやすい体質になれるといわれています。

2.「乳酸菌」で腸内環境改善

甘酒に含まれる乳酸菌と食物繊維が腸内環境を整えてくれます。代謝を上げて痩せやすい体になるには、腸内環境を整えることが大事。便秘も解消されますし、美肌効果も期待できます!

3.低カロリーで満腹感がある

甘酒のブドウ糖により血糖値を急上昇させるので、甘酒一杯でも満腹感を得ることができます。砂糖やチョコでも血糖値を上げられますが、甘酒の良いところは比較的低カロリーであること。100gあたり81kcal程度なので、おやつ代わりに摂取しやすいのです。

ダイエットのために選ぶべき甘酒は?

米麹の甘酒

一言に『甘酒』といっても、原料が米麹(こめこうじ)の甘酒と、酒麹(さけこうじ)の甘酒があります。注目したいのは、砂糖が入っているかどうか!詳しく違いをチェックしてみてください。

・米麹の甘酒

蒸した米に麹菌(こうじきん)をつけると発酵して米麹ができます。そして米麹にお湯と蒸した米を入れて発酵させたものが、米麹の甘酒です。米麹の甘酒は、米麹のでんぷんがブドウ糖やオリゴ糖になるので、砂糖を加えなくても天然の甘さが生まれます。

・酒麹の甘酒

米麹に酵母を加えて発酵させて“もろみ”をつくります。これを絞ったのが日本酒で、残った物が酒麹です。これにお湯と砂糖を加えたのが、酒麹の甘酒です。酒麹の甘酒は、製造過程でブドウ糖がアルコールに変わっているので甘みが足りず、代わりに砂糖を入れることで甘みを出しています。

ダイエットに甘酒を役立てたいなら、砂糖が含まれていない米麹の甘酒がおすすめです!また、原材料をしっかりチェックして、「米麹」のみ、もしくは「米麹、塩」のみの甘酒を選んでみてください。

甘酒で太る!?痩せる甘酒の適量

甘酒ダイエットをしてみて逆に太ってしまった人は、飲み過ぎが原因だと考えられます。甘酒はおいしくて身体が温まるのでつい飲みすぎてしまいますが、決してカロリーが低いわけではないので注意しましょう。たくさん飲むと、食物繊維とオリゴ糖によるお腹のゆるみが起こることもあるそうです。

甘酒は、1日200ml程度飲むのがおすすめです。1日2回飲みたい場合は、100ml×2回飲むようにしましょう。

ダイエットするなら!甘酒を飲むべきタイミングは?

甘酒を飲む女性

甘酒ダイエットの効果を求めるなら、飲むタイミングも大事なポイントです。飲むべきタイミングを3点ご紹介します。

甘酒を飲むタイミング①:朝食前

甘酒に含まれるブドウ糖が、脳や腸を目覚めさせてくれるので、朝に飲むのはおすすめ。朝食があまり食べられないときの栄養補助にもなります。ただし甘酒だけで朝食をすましてしまうと昼食まで空腹状態が続き、身体が脂肪を蓄えやすい状態になってしまうので、甘酒だけで朝食を済ませるのはやめたほうがいいかもしれません。

甘酒を飲むタイミング②:間食

米麹の甘酒のメリットは、砂糖不使用なのに甘くて満足感があること。間食をするなら、お菓子よりも断然健康的ですね。

甘酒を飲むタイミング③:筋トレ前後

筋肉の合成や分解を防ぐのに大量のエネルギーを消費します。特に消費しやすいブドウ糖はトレーニング前後に摂取すると『力がでる』『筋肉の分解を防ぐ』『疲労回復』が期待できるので、トレーニング前後に甘酒を飲むことは筋トレにとってとても良いことなのです。

ただしこれは米麹の甘酒の話。アルコールが含まれている酒麹の甘酒はアルコールを分解するのに大量の水が必要になるため、筋トレとの相性が悪いといわれています。

甘酒ダイエットで太る?NGなタイミングは寝る前

温かい甘酒を就寝前に飲む、という人は多いのではないでしょうか。しかし、夜は脂肪を貯め込みやすい時間帯です。ダイエットのためなら、甘酒を夜遅い時間に飲むのはあまりおすすめできません。

基本はカロリーが消費しやすい、日中に飲む方がいいでしょう。

 

甘酒で美味しくダイエットしよう!

甘酒ダイエットのポイントは『ダイエットには米麹の甘酒』と『夜以外に200mlを上限に飲む』の2点です!いずれも初耳だった人は多いのではないでしょうか?ただし、甘酒を飲めば劇的に痩せるというわけではありません。ダイエットを加速させるという位置づけで、まずは気楽な気持ちで試してみてくださいね!

松田 歩

松田 歩

猫好きな元インテリアアドバイザー。ほぼ毎日ジムに通っており、その知識はマニアのレベルに達している。男性の筋肥大から女性のダイエット、食事やサプリメントまで幅広く精通。野球、テニス、スノボー、スキューバーダイビングも大好き。

LINE@友達追加

美尻特集

オトナ恋愛部特集

ライター募集

お気に入りに登録help
お気に入りのコンテンツをクリップするとMY PAGEから読み返せます。