common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

冷えはデブ体質の元!体を内側から温めてくれる食材リスト&レシピ

2019.2.17
体温は1度下がると、基礎代謝が約13%落ちてしまうと言われています。基礎代謝が落ちると痩せにくい体質になってしまうため、体温はダイエットにおいて重要なポイントの1つ!そこで今回は、体を温める食材をまとめてご紹介。身近な食材で、痩せやすい体作りを始めてみませんか?

冷えている人は痩せにくい。原因は体温にあり!

「私、冷え性かも・・・」と感じたことのあるみなさん!ご自身の基礎体温ってご存知ですか?近年35度代の人が増えていると言われていますが、36度以下はいわゆる低体温です。

ずばり、体温の低い体はダイエットにとても不利です!

約50年前の日本人の体温は「36.5度~37.2度」が平熱だったのですが、現代の日本人の平均体温はそこから1度下がった「35.5度~36.2度」なのだそう!筋肉量の減少や過酷なダイエットなどが原因として挙げられており、体温が1度下がることで基礎代謝が約13%も落ちてしまうと考えると大きな差ですよね。

例えば年齢・背格好が同じだけど、体温に1度差のある2人を例に挙げて見てみると、Aさんの基礎代謝が1,200kcalだった場合、体温が1度高いBさんの基礎代謝は1,356kcalということになります。つまり、何もしなくても消費されるエネルギーの差は1日で約156kcal。1か月(30日)では、約4590kcalも差がついてしまうことに!

この体温の差が、太りやすさを左右しているのかもしれません。

低体温であることのデメリット

低体温の女性

低体温であることのデメリットは、こんなにもたくさんあるんです・・・。

・免疫力が低下する

低体温である体は免疫細胞の働きが弱まるため、感染症や風邪にかかりやすい状態です。体温が1度下がると、免疫力が30%も落ちると言われています。

・代謝が下がり、太りやすくなる

代謝機能は、体温が高いほど高まります。同じものを食べたとしても代謝の低い人だと、それをエネルギーとして消費しきれず体に蓄積してしまい、結果太りやすくなってしまうということになります。

・血行が悪くなり、むくみやセルライトができやすくなる

冷えた体は水分や脂肪を溜め込みやすく、血液やリンパ液の流れも悪くなります。老廃物がうまく排出できないため、むくみやセルライトができやすくなってしまいます。

・妊娠しにくい

血液の循環が悪いと、子宮の冷えや卵巣機能の低下にも影響すると言われています。これらは生理不順や排卵障害、着床したとしても妊娠を維持しにくいという原因にもなり得ると考えられます。

Posted by admin