common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

ゴマの糖質は意外と低い?糖質制限のデメリットは?ゴマと玉ねぎ糖質制限中はどっちを選ぶ?ゴマを使った糖質制限レシピも

2018.12.29
ゴマは栄養価が高く健康に良い食べ物として、多くのサプリや健康食品に使われています。さらに近年ではゴマの糖質の低さを利用した糖質制限ダイエットも行われているようです。一方、ゴマは種類の1つとして多くの脂質とカロリーを含んでいることでも知られています。今回はゴマの糖質量の低さを活かした糖質制限レシピなど、糖質制限に効果的なゴマの利用法をご紹介します。

ゴマの糖質は意外と低い?

ゴマは100gあたり7.6gの糖質が含まれています。この数字は食品全般から見れば、やや少なめと言えます。またゴマを一度に100gも食べる機会はめったにありません。実際は一度に10g程度しか使わず、糖質摂取量も0.7gほどになります。

ダイエット中、ゴマを食べる時に気を付けなければならないのは、カロリーだと言われています。100gあたりのカロリーでは、炒りゴマ599kcal、練りゴマ699kcal、すりゴマ578kcalとなっています。すりゴマなら、およそ小さじ2杯にあたる約10gあたりで約58kcal含まれていることになり、これはちょうどひきわり納豆1食分(30g)と同じカロリーです。ゴマが意外と高カロリーということが分かります。

ゴマはカロリー制限ダイエットには向かない食材ですが、糖質の低さを利用すれば全体の糖質摂取量を減らすことができます。糖質を摂らない代わりにカロリーは気にしないという糖質制限ダイエットには有効な食材なのです。

ゴマを使った糖質制限レシピ!黒ゴマバナナジュース

【材料   分量(2人分)】

調整豆乳    150cc

完熟バナナ    1本

すりゴマ    大さじ2

きな粉    大さじ1

【作り方】

材料を全てミキサーにかけるだけ!簡単にできるゴマを使った糖質制限ダイエットレシピです。

ゴマを使った糖質制限レシピのポイント

バナナは血糖値の上昇が緩やかかつ、主食になる果物として知られています。このバナナと低糖質かつ栄養豊富な黒ゴマを組み合わせることで、糖質を抑えつつ、必要な栄養素をしっかりと補うことができるのです。

また豆乳には脂肪を燃やしやすくする成分も含まれており、さらにダイエット効果を高めてくれます。栄養だけでなく、かなりの満腹感があるため、朝食と置き換えるダイエットに効果的な料理と言われています。

Posted by admin