common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

オクラダイエットで痩せたってホント?!オクラダイエットの効果やおすすめレシピ、オクラダイエットのやり方もご紹介

2018.12.25

オクラダイエットで痩せたとテレビや口コミで話題となっています。オクラといえば、主に和食で用いられ、茹でたり、炒めたり、揚げたりと、幅広い調理方法が使えます。では、オクラダイエットに向いているのは、どのようなやり方なのでしょうか。ここでは、オクラダイエットの効果とレシピ、やり方についてご紹介します。

オクラダイエットとは?

オクラダイエットは、NHK「ためしてガッテン」やTBS「この差って何ですか?」で紹介されています。以降、オクラダイエットの効果やオクラの栄養について注目が集まるようになりました。オクラダイエットのやり方やレシピは、口コミでも多く広まっています。ちなみに口コミでは、2週間で4キロ痩せた人、2週間で3キロ痩せた人、2ヶ月で10キロ痩せた人など、多数のオクラダイエット効果がみられます。

オクラダイエットの効果とは?

オクラダイエットの効果は、2つの成分にあります。

1つめは、ネバネバ感にあります。その中には、ペクチンという成分が入っており、急激な血糖値の上昇を防ぎます。ペクチンによって糖分が吸収されにくくなるため、痩せやすくなります。

2つめは、カリウムの量です。オクラ100gに260mgのカリウムが入っています。カリウムは、塩分を排出する役割を持っているため、むくみや塩分の摂りすぎを改善させます。

その他、オクラのダイエット効果として挙げられるのは、便秘解消、コレステロール排出、アンチエイジングです。オクラの食物繊維は、水溶性食物繊維です。食物繊維は、便秘のほか下痢にも効果があります。ビタミンB1が含まれており、コレステロールの排出にも効果的で、ダイエットだけでなく生活習慣病の予防に向いています。さらに、細胞活性化の作用があるため、アンチエイジングの効果があります。

オクラダイエットの効果を高める組み合わせは?

オクラは、ネバネバ系の食べ物と組み合わせることで、より効果を高めることができます。例えば、納豆やモズク、とろろといった食材です。どれも、ネバネバ効果を発揮させるため、できるだけ生で摂った方が良いでしょう。

オクラの栄養成分を活かす!オクラダイエットのおすすめレシピ

続いては、オクラの栄養成分を活かしたおすすめのダイエットレシピをご紹介します。今回は生のオクラを使ったレシピをご紹介していますが、冷凍食品のオクラを使っても同様です。

オクラダイエットのおすすめレシピ①オクラのお浸し風

【材料】
オクラ 3~5本
おかか(かつお節)
ポン酢などの調味料

*下準備…オクラの産毛を塩でこすり取る。塩と青臭さを流水で取り除く。ヘタの部分から切り落とす。または、切り込みを入れる。

【作り方】
オクラを食べやすい硬さになるまで、2分ほど蒸し器で蒸す。蒸し器がなければ、電子レンジを使う。電子レンジの場合は、水気を入れる。茹でる場合は、沸騰したお湯で約1分さっと茹でる。器に、オクラ、おかか(かつお節)をのせてポン酢などで味付けする。

オクラダイエットのおすすめレシピ②オクラときのこのキムチ和え

【材料】
オクラ 6~10本
えのきだけ 1袋
キムチ お好みの量

*下準備…オクラの産毛を塩でこすり取る。塩と青臭さを流水で取り除く。オクラは、食べやすい大きさに刻む。えのきだけは、2等分する。

【作り方】
オクラとえのきだけを茹でる。オクラは1~2分、えのきだけは3分ほど茹でましょう。茹であがったオクラとえのきだけの水気を切る。ボールにオクラ、えのきだけ、キムチを入れて混ぜ合わせる。キムチ和えは、納豆を合せても美味しいですよ。

オクラダイエットのやり方は?

オクラダイエットは、食前や食事の初めにオクラを食べます。最初にオクラを食べることで、食物繊維や血糖値上昇を抑制します。それ以外は、普段通りの食事で問題ありません。よりダイエットの効果を上げたい場合は、バランスの良い食事を心掛け、健康的な生活をするようにしましょう。

オクラを食べる量

毎食(1日3食)3~5本分のオクラを食べます。

オクラに含まれる栄養成分を活かす食べ方

オクラのネバネバ感である、食物繊維は水分と絡んでいることが重要です。刻む、切り込みを入れることで、ネバネバ感を出します。生のままでは、ネバネバ感が出ません。

効果が出るまでオクラダイエットを続けるために

オクラのレシピを工夫することで、オクラダイエットを続けやすくします。例えば、オクラの切り方を変える、味付けを変えるなど、オクラを食べやすくすることが効果的です。また、家族や友人と一緒にオクラダイエットすることで習慣化しやすいですよ。

オクラダイエットで注意すること

オクラは茹ですぎるとダイエット効果のある成分を逃してしまうため、調理方法には注意が必要です。茹で加減を短くする、高温での調理を避けるようにした方が、栄養を十分に摂る事ができます。茹で時間は1分ほどが良いでしょう。

最後に

オクラダイエットは、ネバネバを生かした食べ方と食前に食べることで、より高いダイエットの効果が期待できます。また、オクラダイエットは、オクラの取扱いに注意するのがコツです。茹で時間に気を付けて、高温での調理は避けるようにしましょう。

岡 清華

監修者:岡 清華(おか さやか)

管理栄養士/ヨガトレーナー。管理栄養士過程 大学卒業後、健康と食の知識を深めるために、ハワイのカウアイ島にてアーユルヴェーダを学ぶ。広尾の会員制ヨガスタジオ「デポルターレヨガ」でトレーナーを務めた他、管理栄養士として食事の指導やイベント開催、メニュー開発などに携わり、現在は産業、健康経営事業にも取り組んでいる。Instagram @okasaya

text:common編集部

Posted by admin