common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン

フライドチキンは太る?フライドチキンのカロリーと糖質は?栄養成分から考えるフライドチキンの太りにくい食べ方

2018.12.18

さくさく食感とじゅわっと出てくる油がたまらないフライドチキン。その分カロリーが高いイメージがあり、食べることを躊躇してしまう人も多いのではないでしょうか。でもダイエット中にどうしてもフライドチキンが食べたくなること、ありますよね。今回はカロリーと栄養素から、太りにくいフライドチキンの食べ方についてご紹介します。

フライドチキンは太るって本当?カロリーと糖質量を徹底検証

フライドチキンのカロリーは、店や味付けによって変わりますが、1ピースあたりの平均は286kcalで、100gあたりだと約255kcalと言われています。同じく鶏肉を揚げている料理のカロリーと比較すると、100gあたり唐揚げは290kcal、チキン南蛮254kcal、チキンかつ214kcalとされており、フライドチキンがかなり高カロリーだとことが分かります。欲望のままにフライドチキンを食べていたら、太ってしまうのは避けられないでしょう。

一方、フライドチキンの糖質量はかなり低いことで知られています。これは鶏肉自体がほとんど糖質を含んでいないためと言われており、実際フライドチキン100gあたりの糖質量はほぼ0gとされています。味付けや油に含まれる糖質を考慮しても、フライドチキン1ピースあたりの糖質量は約7g~10gにしかなりません。このためフライドチキンは糖質制限ダイエットをしている人にはおすすめの食品と言われています。

特にケンタッキーのフライドチキンはカロリーも高いですが、その分脂っこく、量も多いため、何ピースか食べただけで「ウッ」とくる人も多いようです。この腹持ちの良さと油っ気による食欲抑制効果を、カロリー制限ダイエットに活かしている人もいます。一概に「フライドチキンは太る」のではなく、特徴を分析すれば、ダイエットに活かすことができるようです。

ダイエット成功の秘訣とは?

ダイエットには運動も大事ですが、実は食事が8割なのをご存知ですか?

特に糖質を制限することによって、血糖値の上昇を抑え、インスリンの分泌量を減らせば、脂肪がつきにくい体になります。糖質制限中の1日あたりの糖質量は70g~130g程度を目安にすると良いでしょう。摂りすぎた糖質を抑制すれば、ダイエットに繋がり、しかも病気のリスクを下げてくれます。

▼参考
ご飯茶碗一杯(150g)の糖質量:53.4g
食パン1枚当たり(6枚切り)の糖質量:26.6g

でも、食事の度に糖質量やカロリーの計算をするって大変ですよね…。そこでオススメしているのが、糖質制限された健康的な食事を宅配してくれるサービスです。これを活用すれば、楽に継続ができるため、ダイエット成功の近道となります。

最近では多くのサービスがありますが、ここでは「nosh(ナッシュ」をオススメしたいと思います。noshの特徴は、【低糖質】で【健康的】なことに加えて【安くて美味しい】ということです。

▼メニューの特徴
1.シェフと管理栄養士が開発
2.全てのメニューが糖質30g以下
3.全てのメニューが塩分2.5g以下


※画像をクリックするとメニューの一覧を見ることができます。

「nosh」がなぜここまで人気なのか?

単純ですが、コンビニ弁当よりも安くて、美味しくて、しかも糖質やカロリーが計算された健康的な食事を宅配してくれる便利なサービスだからです。メニューも豊富なので、飽きることもなさそうです。

ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。リンクを貼っておきますので、気になる方はこちらからチェックしてみてください。

栄養成分から考える!フライドチキンのカロリーを抑える食べ方

フライドチキンは揚げ物の中でも、特に多くの油を吸収している食べ物です。そのため、食べたいときに食べていたら、かなりの確率で太る原因になってしまいます。しかし、だからと言って、カロリー制限ダイエット中に全くフライドチキンが食べられないわけではありません。フライドチキンにどのような栄養成分が含まれているかを考えてみると、フライドチキンのカロリーを抑える食べ方が見えてきます。

フライドチキンを食べる時間帯はいつがいい?

フライドチキンの主成分の1つである脂質をいかに吸収しないように食べるかが、カロリーを抑えるポイントです。このためフライドチキンのカロリー摂取を抑えるためには、夜より昼に食べることが推奨されています。

摂取した脂質を最も吸収する時間帯は夜、寝ている間だと言われています。これは、夜に副交感神経が優位になることで、脂肪の蓄積がより活発に行われるからとされています。交感神経は満腹中枢を、副交感神経は摂食中枢を担っているため、副交感神経が優位になる夜は接触中枢が活性化され、脂肪の蓄積が活発になるのです。

 

フライドチキンとおすすめの食べ合わせは?

フライドチキンから摂取した脂質を効率良く代謝するためには、ビタミンB2を積極的に摂るのがおすすめとされています。

カロリー少なめ!骨なしフライドチキンがおすすめ

カロリー制限ダイエット中だけど、どうしてもフライドチキンが食べたい!というときにおすすめなのが、「骨なしケンタッキー」です。他のケンタッキーフライドチキンが、オリジナルチキン237kcal、レッドホットチキン266kcalと高カロリーの中で、骨なしケンタッキーは1ピース204kcalとなっており、フライドチキンの中では低カロリーなのが分かります。

またケンタッキーはメニューと別に部位も選べます。ダイエット中はこれを活かして、できるだけカロリーの少ない部位で骨なしケンタッキーを食べるのがおすすめです。各部位をカロリーが少ない順に並べると、最も低カロリーのキール(胸)、リブ(あばら)、ドラム(脚)、ウィング(手羽)、最も高カロリーなサイ(腰)となります。カロリー制限ダイエット中はキールやリブに限定して注文するのが良いようです。

最後に

フライドチキンはカロリーが高く、太る原因になりやすいと言われていますが、腹持ちの良さなど特徴を活かせば、カロリー制限ダイエット中でも食べてよい食品です。また糖質が少ないため、糖質制限ダイエットではかなり優秀な食品として知られています。カロリー制限中の方は、なるべく脂質を吸収しない、また代謝を促進する方法で食べるのがおすすめです。またフライドチキンの中でかなり低カロリーとされているキールやリブの骨なしケンタッキーもおすすめと言われています。「カロリー制限ダイエット中なのに、どうしてもフライドチキンが食べたい!」という方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

岡 清華

監修者:岡 清華(おか さやか)

管理栄養士/ヨガトレーナー。管理栄養士過程 大学卒業後、健康と食の知識を深めるために、ハワイのカウアイ島にてアーユルヴェーダを学ぶ。広尾の会員制ヨガスタジオ「デポルターレヨガ」でトレーナーを務めた他、管理栄養士として食事の指導やイベント開催、メニュー開発などに携わり、現在は産業、健康経営事業にも取り組んでいる。Instagram @okasaya

text:common編集部

Posted by admin